PC関連一覧

Fire タブレット 8GB、ブラック:感想他(1)

 初めて触った第一声。忘れないうちにの序章。

 なにせ、初めてのタブレット。つまりタッチパネル(パッド?)自体が初体験です。知識はありました。子ども達も持ってるので来たときに触ったことはあります。でもね、やはり身についてない(笑)

 アマゾンファイア、手元に届いた時点ですでにアカウント登録済みです。購入時にギフト用とすればマッサラな状態で届くそうですが、プライム会員として買ってますのでね、どの会員IDの人が使う端末かわかってるわけです。で、そこらは設定済で届く。
 電源スイッチを入れると初期設定画面になりますが、もうそこには自分の名前(アマゾンの登録名)が表示されてます。

 最初は言語の設定ですね。もうここから失敗しました。画面に見える範囲に「日本語」の選択がなかったんですよ。英語が二つ、英語と米語ね。それとなんだっけ、中国とかだっけかな。覚えてないけど、とにかく見える範囲で選ぶとしたら米語かなと。

 当然そのまんま初期設定が続きます。うーーむ。選択枝で要求されてることがおぼろげにしかわからない。でもまあそこはそれ。オタクですからいままでの経験上なんとかわかる。表現は英語でもアプリなんか使えばきっと日本語なんだよね、とか思いながら続けます。

 なんとか最後までできたので、さっそくあれこれいじり、普通に画面をスクロールさせて気がついた。もしや最初の言語選択もこれだったんじゃないか?見えない下の方に「日本語」があったんじゃないか?って。

 さあ設定をやりなおさないといけません。が、画面に出てるアイコンの表示はすべて英語。どれを押せばやり直しができるのかわかりません。変なのを押して有料だったりしたら困るなとか考えちゃうし。

 パソコンからアマゾンに入ってサポートに連絡を。すごいね、アマゾンのサポート。電話連絡ができるんだけど、その画面を出してこっちの電話番号を入れてENTERキーを押した瞬間、アマゾンから電話が来た。つまり電話料かからないです。結局はそこから待たされるんで、こっちからサポートに電話して待たされるのと同じなんだけど無料通話ではなくて、あっちからかかってくるってことに驚きました。

 繋がるのを待ちながらあれこれいじってたらわかっちゃいました。Settingってアイコンがあったんで、これだよなと。中を見たら英語でなんだったかな、日本語でいえば言語とキーボードみたいなのがあったのでクリック(タップっていうのか)。日本語に切り替えられました。電話は切っちゃいましたけど、その後かかってくることはありませんでした。待ってる間に解決しちゃう人、少なからずいるんでしょうね。

 使い勝手は悪くないんだと思います。比較する物がない(経験上)のでこれがいいんだか悪いんだかわからない。ただ、画面はサクッと変わるけど、変わった画面にあるものをタップしてもすぐには反応しないことがあって戸惑いました。これ、パソコン画面で言えば砂時計が廻ってる状態のときなんでしょうね。砂時計出してくれればその間は待つのに。反応がないと焦ります。

 なお、タブレットと同時に買った物。4000円戻ってくるのを信じて

 この三つを買ってます。ちなみに我が家では家庭の買い物と私の趣味的買い物と決済口座が明確にわかれてまして、タブレット本体は奥さんの許可のもとで買ったので家庭口座、あとの三つは私のお小遣い口座で買いました。4000円のバックは私のアカウントに来るんですからまあ当然でしょ(笑)

 続きます。


初めてのタブレット

今年初めての書き込みですね。今年もよろしくお願いします。先日(6日)に66歳のぞろ目歳になりました。誕生以来6回目のぞろ目。77だと喜寿、88で米寿。66はなにもなさそう。ちなみに99は白寿。全部ダジャレ的なつけかたです。66にうまくはまる漢字はなさそう。

 タブレットを買いました。アマゾンの一番安いヤツです。

 初めてのタブレットです。いままでタブレットはもちろん、スマホも持ってませんでした。

 必要を感じなかったんですよね。現役で仕事してるときは移動のほぼすべてが自分で運転する車だし、現地に着けば動き回る(人に会ったりその他いろいろ)のでスマホをいじってる余裕はなかったです。

 出かけてるときに情報収集なんてするつもりなかった。引退する直前あたりから、現地でインターネットできたら登記情報閲覧とか便利かなとは思い始めていたんですが、通信料の負担増大と天秤にかけてそこまでする必要もないなと。事前にきちんと準備しておけば、現地で突然必要になる確率は思ってるほど多くない。ってか、滅多に「ああ、あれができれば」と思ったことなかったですし。

 引退したいま、家にいればパソコンあるのになおさらタブレット(スマホ)なんか要らないわけなんですけどね。

 風が吹けば桶屋が儲かる式にと言いましょうか。きっかけは全然別のところにありました。

 ツイッターでもちょっとつぶやいた件で、無料のインターネットラジオがどんどんなくなりそう。radikoのことではないです。あれは無料ですけど、れっきとした商業放送ですからね。

 オールディーズとかカントリーの外国のインターネットラジオ、このブログの右下の方にリンクを張ってあるところなど。カントリーのはすでに聞けなくなってます。リンク先を見てもらうと理由がわかります。英文ですけど、Google翻訳などで読めば意味はわかります。(オールディーズのも同じ理由で一時聞けなくなってましたけど、なんとか再開できたようでいまは無事に聞けてます)

 まずはこれが「風が吹けば」の部分ね(笑)

 で、考えました。アマゾンプライムに入るとプライムミュージックが聴き放題。眺めてみたらカントリーとか古めのポップスなどかなり聞ける。最近の通販はほとんどアマゾンだし、配達も早くなる。年間3900円なら毎月300円ちょっと。お得なんじゃないかって。

 そうこうしてるうちに愛用の携帯オーディオが壊れました。充電がほとんどできなくなった。もう何年使ってるんだろ。4年か5年くらい。そんな高価なやつじゃなくて、Transcendのusbメモリ兼用のやつ。ブログネタにもしてないから5年以上前なのかも。

 あ、書き込み見つけた。イヤフォン(ヘッドフォン?)の中に書いてあった。11年3月だから5年弱か。実は昨年秋に壊れたので4年半くらい使ったことに。

 さてやっと「桶屋が儲かる」の部分到達(笑)

 出先で通信(インターネット)したいわけではないんです。携帯オーディオの新しいのが欲しかった。プライム会員になると最初に書いた「Fire タブレット 8GB、ブラック」が実質4980円になります。この機種、通信機能がWifiしかありません。たぶんこういうのはスマホを持ってる人がスマホでテザリングすることを前提にしてるんでしょうね。でもいいんです。4980円で音楽を持ち出せて、電子ブックも読めて、動画だって持ち出し可能なら、MP3プレイヤーと割り切って買っても後悔しなさそう。

 ってことで、インターネットラジオが聴けなくなったことからアマゾンのタブレットまで行き着いたわけです。

 ただ、あくまでも「実質4980円」です。すでに会費を払った正規のプライム会員なら購入金額もずばり4000円引きの4980円になるそうなんですが、まだお試し会員中なんで、この期間が終わって会費を払ったあとで4000円分のアマゾンギフト(ポイントか?)が返ってくるそうです。

 お試しのまま終わる気はないんで、お試し期間を切り上げて会費を払う選択はないのかさがしてみましたけど、見つからなかった。無料の一ヶ月を切り上げる人はいないってことなんでしょうね。

 長くなったのでいったん切ります。使った感想やわからないことなどは、またあらためて書きます。


Windws10へのポップアップ通知

PopUp ←こいつね(笑)

 Windows10に興味はあるんですけど、使用中のソフトやハードの問題で移行できない。そんな人、かなりいるんではないかと思います。

 つまり、Windows10のことを知らなくてアップグレードしてないんじゃなく、そうしたいんだけどいまは出来ない(しない)って自分で判断してるだけ。
 なのに、しつこく「アップグレードがどうとかこうとか」ってポップアップが現れて毎回消すのが面倒だという相談を受けました。

 これ、実はとても簡単に出さないように出来ます。

 タスクトレイの「カスタマイズ」からアイコンと通知を非表示にするだけです。
 具体的には「カスタマイズ」→「GWX(白い田の字のアイコン)」→アイコンと通知を非表示、にするだけです。タスクトレイにカスタマイズが見えないときは、小さな白い三角アイコンがあると思うので、それをクリックすれば現れます。

 ちなみにGWXというのはGradeUp Windows 10(ローマ数字でX)ということのようです。

 でもこのアップグレードが始まった初期のころはこの方法じゃダメだったんですよ。非表示にしてもすぐに復活しちゃった。

 もし上記の方法ですぐに復活しちゃうようなら以下をお試しください。私は最初のころに以下をやった上で、さらに田の字のアイコンもうざいので上記の方法を重ねてます。

 非表示ではダメだったのでどうしたもんか。と思いつつ、天下のマイクロソフトが、こんな押しつけがましい方法をなくす設定をマニアしかできないような方法しか用意してないなんてことないだろうと、ゆっくりじっくり眺めたらなんのことはない(笑)

 メニューからちゃんとそういう設定ができるようになってました。

 問題は「そのメニューの表示方法がよくわからない」ことです。マイクロソフトはよほどWindows10にさせたいんでしょう。ポップアップを止める方法をパッと見てわかるようにはしたくない、と(笑)

 では方法です。

 まずタスクトレイの右端にある、白い田の字アイコン「Windows10を入手する」をクリックします。

 窓が開きますがこの画面が問題。メニューなんかどこにも見当たりません。画面にある右矢印で進んで行っても、ひたすら「いますぐアップグレード」の画面が続くだけ。

 でもメニューあるんですよ。画面左上に太めの「三」になってるアイコンがあります。それがメニューなんです。この「三」、実はGoogleChromeの設定なんかもそうですね。

 この三をクリック。

 メニューの下の方に「確認の表示」ってのがありますからそれをクリック。

 次の画面の左下のほう、「予約の取り消し」をクリック。これだけです。

 この操作をしてもWindows10へのアップグレード権を捨てるわけではありません。が、アップグレードには期限があります(一年だっけ、来年9月頃まで?)。

 でも一年なんてあっという間なんで、忘れちゃうかもって人はポップアップを毎日眺めて忘れないようにする、あるいはせめて田の字アイコンだけでもタスクトレイに出したままのほうがいいかもしれません(笑)