PC関連一覧

ウィルスバスターのURLフィルタ攻撃撃退

 検索サイトから「なかのさんち」に入ってくる検索ワードを見てたら、この件のキーワード(ウィルスバスター URLフィルタ トレンドマイクロなど)で入ってくる方がけっこういます。

 同じような悩みを持つ方がまだまだいそうってことで、「.htaccess」利用の撃退方法を書いておきます。

 条件は当然ながら 「.htaccess」 を置けるサーバであること。該当ブログの階層におけるなら、通常要求される「http で覗けるホームページエリアの外(上の階層)」に置けなくてもブログへの攻撃だけなら排除できます。「.htacess」 を置けるかどうかはレンタルブログではレンタル先の設定次第。サーバを借りるなり立てるなりしてるならほとんど大丈夫です。

 「.htaccess」 ファイルの内容はテキストですのでテキストエディタで作成しますが、ファイル名主部がなく拡張子だけのファイルであるため、作れないエディタもあります。その場合、「htaccess.txt」 とかで作成し、出来上がったファイルをサーバに転送してからファイル名を変更します。「.htaccess」 は実行ファイルではなく、読み出しのみですのでパーミッションは実行権限を与える必要はなく、基本的に「604」となります。が、Wordpress の階層に作るときは WordPress のプラグインが書き直すことがあるので、書き込み権限も必要になり 606 となります。

 「.htaccess」 内には複数の内容が記述できますので、すでにあるならその続きに、無ければ新規に以下の内容を入れます。すでにあるものに書き足す時は改行を挟んで足してください。以下、羅列してあるのはすべて「いまのところわかっているトレンドマイクロのIP群」です。お尻の 0/nn には間に空白を挟んではいけません。

order allow,deny
allow from all
deny from 150.70.0.0/16
deny from 66.180.80.0/20
deny from 66.35.255.0/24
deny from 128.241.0.0/16
deny from 216.104.15.0/19

 また、どのサーバも普通は 「.htaccess」 をブラウザでは読み出せない設定になってると思いますが、試してみて読み出せちゃった場合は一番最初の行に「 AddHandler cgi-script htaccess 」と書いておくと読み出せないはずです。「なかのさんち」を置いてある inetd では読み出せない設定になってるようで読み出せないのでその一行の効果は確かめられません。

 以上です。

 余談ですが、こうやってアクセス制限を課し、エラーで弾くとトレンドマイクロのデータサーバに「悪質・有害サイト」として登録され、誰かがウチにアクセスしようとしたときに「そこは危ないよ!」みたいにいわれやしないかと不安になります。が、検索してもどこのサイトでも「影響ないみたい」と書かれてます。これは「403 forbidden(アクセス権限がない)」で弾かれても、「そこには入れないんだから安全」もしくは「入れないからチェックできない。チェックできないのに危険と明示してしまったらクレームがきたときに耐えられない(訴訟で負けそう)」とかの判断でデータベースに載らないのではないかと思います。悪い評価も載らないが、良い評価も載らない、常に白紙のサイト故にトレンドマイクロのアクセスがなくなることはない、というスパイラルかもしれません。しばらく我慢して受け入れ続けるのも一手な気がしてきました。

 でもねえ、トレンドマイクロの技術者もバカじゃないだろうに、「自分たちだけが弾かれてる」というのに気がつかないわけないんだよね。ユーザーは普通に入れて自分たちだけが弾かれたら、ちっともチェックにならないし、「チェックされてるから安全と思ってるユーザー」に油断させるだけみたいに思う。ほんとに危ないサイトだったらどうするんだろ。

 長い余談のさらに余談。最近では「いわゆるウィルス」対策としてはどこの製品も大差なく、それ以上に「マルウェア(ウィルスやスパイウェア、アドウェアなどの総称)」対策が問題で、その優劣は製品によってかなり差があるようです。トレンドマイクロのURLフィルターもマルウェア対策の一つなんだろうけど、上に書いたようにその効果はすごく疑問。効果のないウィルス対策ソフトを使ってる方が多数いるらしいけど、それと同じくらい危険度高いと思う。


WinXPで使うフォント(メイリオ)の話し

 VISTA の画面上で読む文字って読みやすいと思いませんか?

 Windows では伝統的に標準フォントはMS明朝とMSゴシックでした。XPもそうです。VISTA から「メイリオ(漢字で書くと明瞭だそうです)」なるフォントが使われています。 このメイリオ、実に見やすいです。液晶を意識したフォントだそうで、特に液晶モニタだと美しく見えるようになっているらしいです。実際に美しいんですけど、CRTモニタをもう持ってないので比較はできない。

 フォントの綺麗さなんて文字で言われてもわかんないですよね。いまこの原稿を書いてる書きかけのエディタ画面でフォントを換えて画像にしてみました。

それぞれ上がフォントサイズ14、下が12です。

まずはMS明朝
MS明朝

次にMSゴシック
MSゴシック

最後にメイリオ
メイリオ

ブログの画面も参考に
ブログ画面

 VISTA の方は先刻ご承知の見え方だろうと思いますが、XPを使ってるかた、どうです? かなり見やすさ違いませんか?

 私のOSは VISTA ではなく、XPです。このメイリオ、マイクロソフトはXP用にも公開してます。知らない方多いようですが、騙されたと思って使ってみてください。とくに「最近老眼かな~」と思ってる同輩の方々。とても目が楽になりますよ。

 ちょっと長くなりますが導入方法を書いておきます。

 ダウンロードは Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント でできます。正規のXPユーザーしかダウンロードできないため、ダウンロードするための手順がありますが、画面で指示されるとおりに進んでいけばダウンロードできます。ダウンロードが終わったら、実行すればインストールできます。

 余談ですが、フォントのインストールって、インストーラーがついたものが多いですけど、実はそれほど大げさなものではなく、解凍して出てきたフォントファイルをWindowsのフォントフォルダに移動するだけでインストールできます。アンインストールは該当フォントを削除するだけでOKです。ただし、使用中だと削除できません。当たり前か。普通に使うだけなら使用中とならないのですが、「画面のデザイン」としてデスクトップアイコンなどの表示に使ってるフォントは「常に使用中」でありますから削除できません。別のフォントを使う設定にすれば削除できます。

 インストールが終わったらもう一つ作業があります。このフォントはクリアタイプといいまして、いままでの表示方法と違うのです。もちろん何もしないでもエラーにはなりませんが、メイリオを使う意味がありません。

 方法を以下に書きます。
 デスクトップの何もないところを右クリック→プロパティ。画面のプロパティがでますから、デザイン→効果、と進みます。「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」をチェック。窓の中が「標準」となっていたら「Clear Type」を選択。あとはOK、OKで戻ってください。これで基本的な設定は終わり。

 正規のメイリオの説明はここまでなんですが、実は問題点が一つあります。ウエブサイトなどで、スタイルシートを使い行間(ピッチ)を指定しているものなら良いんですが、そうでないところ、掲示板などですね、そういうところを見ると行間が無駄に空いてしまいます。これはこのフォントの上下に空白(ディセンダ・アセンダ、意味は検索で調べてね)が入った作りになっているためで、それらを修正したメイリオフォントも私的に公開されています。そして、メイリオはプロポーショナルフォントですので、テキストエディタなど等幅フォントしか設定できない場所では使えません。ん?では先ほどの画像、テキストエディタの画像は何なんだって? このあと説明します(^_^)

 その私的修正メイリオ配布サイトのリンクも書いておきます。

ダウンロードサイトの解説は専門的すぎてわかりにくいので簡単に説明もしておきます。
メイリオ『ことば・その周辺』サイトから「 メイリオ・メイリオ改・meiryoKe・ttfname3 」に進みます。そこにある「meiryoKeGothic500.zip」をダウンロードしてください。

 どこかに「フォント」フォルダを作り、上記二つを入れ、さらにそこに解凍。前述したように「フォントは Windows のフォントフォルダに置くだけでインストール完了、Windows フォントフォルダから除くだけでアンインストール完了」です。難しいことはありませんので、いろいろなフォントを入れたり出したり遊べます。

 「meiryoKeGothic5.00」のフォントは本家メイリオがプロポーショナルフォントであるのに対して、等幅フォントになっています。テキストエディタでメイリオを使う場合はこちらもインストールする必要があります。フォント名は「Mmeiryoke_Gothic」となります。一緒に「meiryoke_PGothic」「meiryoke_UIGothic」も入りますが、こちらは本家と同じプロポーショナルです。

 インストールが終わったら次にブラウザの指定フォントをメイリオにしましょう。せっかく入れたのに使わなければもったいない。

 Internet Explorer:インターネットオプション・全般(最初のページ)一番下のフォントで WEB ページフォントにメイリオを、テキスト形式フォントにMeiryoke_Gothic選択。OKで戻って次にユーザー補助に入り「WEB ページで指定されたフォントスタイルを使用しない」にチェック

 FireFox:ツール→オプション→コンテンツ、にフォント設定があります。詳細設定に入り、プロポーショナル:ゴシック体(Sans_self)、明朝・ゴシックはメイリオ、等幅フォントは 「Meiryoke_Gothic」にします。その下「WEB ページが指定したフォントを優先する」はチェックを外します。

 Chrome :スパナマーク→オプション→高度な設定の下の方に「ウェブコンテンツ」としてフォントの設定があります。Chrome2 まではここで設定しても活きてきませんでした。β版となってるVer3(現在は3.0.195.21)ならOKでした。設定は上から順に「メイリオ・メイリオ・Meiryoke_Gothic」です。

 ついでに、デスクトップアイコンの表示などもメイリオにするととても見やすくなります。画面のプロパティでできます。あとでまた戻したくなったときのために変更する前に現在の設定を保存しておきましょう。テーマに名前を付けて保存するだけです。

 保存したら、デザイン→詳細設定と進みます。フォント指定できるところだけ、参考に私の設定を羅列しておきます。

アイコン         :メイリオ11
アクティブタイトルバー  :メイリオ13
パレットタイトル     :メイリオ10
ヒント          :メイリオ9
メッセージボックス    :メイリオ11
メニュー         :メイリオ12
選択項目         :メイリオ12

 この辺は、他の設定(アイコンの大きさとかいろいろ)とかの絡みもありますから試行錯誤してみてください。「試行錯誤中であろうと一度メイリオを使うともう元に戻したくない」と思うでしょう(^_^) なんとかちょうどいい組み合わせを見つけてください。全部終わったらまた「名前をつけて保存」しておくといいです。


グーグルクローム(Chrome) とFireFox肥大化

 Google Chrome 入れてみました。かなり前に試したことはあるんですが、そのときは「いまひとつ」な感が強くて試しただけで終わり、アンインストールしてしまいました。

 今回再び使ってみようと思ったのは遊び心が出てきたってのもあるんですが、FifeFox に気になる部分が出てきまして、そろそろ乗り換えをと思ったのもあります。

 Chrome の話題に入る前に FireFox の「気になった部分」の説明を。

 FireFox3.0 までは何も不満なく使ってました。けっこう長く使ってた気がする。3.5 が出てすぐアップデート。そしたら仕事で毎日のように使う Java を使ったサイトでうまく動作しなくなった。調べたら リリースノート に「JavaScript の通信に Java を必要とするサイトは正しく動作しない可能性があります。」なんてのがありまして、もろにそれに引っかかったらしい。

 公表されてるっとことはすぐに改訂版が出るだろうし、それまで Internet Explorer 使ってればいいや、などと思いながら、やはり不便なんで 3.5 から 3.0 に戻しました。
 どうもその戻し方が悪かったようで、かなり重くなりました。いや、動作してるときはいままでどおりで重くないんです。
パソコン起動後、最初の FifeFox の起動でかなり待たされる。さらに起動したあと、数分はまともに動くんだけど、突然砂時計が出たまま数分待たされる。これもパソコン起動後、最初に FireFox を起動したあとのたった一度だけです。
パソコンがフリーズしたわけではないんです。FireFox だけが砂時計。最小化も最大化もできるし、待ってるあいだ、メールチェックだとか他のこともできる。
 こりゃまずいと思い、一度完全削除だなと、programi files の中や、レジストリまでさがしてクリーンアップして再度インストール。ブックマークだけは保存しといたけど。
 そうしてから 3.0 をインストールしたんですが、症状変わらず。うー、なんなんだと思っていたら 3.51 が出たのでとにかくアップデートしましたら少し改善。それは Firefox の起動に時間がかかる に書いてあります。でも少ししか改善されませんでした。

 原因がわからないまま、それ以上追求する元気もなかったのでそのまま使ってました。とにかく「パソコン起動してから一回だけ」ですからね。我慢できないことはなかった。

 そして最近、ブログを始めてプラグインやらテーマやらを検索してさがしているついでに、気になっていたこのことも調べてみました。
答えは places.sqlite の再作成 にありました。

(設定類はインストールフォルダやレジストリだけでなく、C:\Documents and Settings\******\Application Data なんてところにもあるんだね。長年パソコンいじりしてるけど知らなかったぞ。隠しファイルにしたままだったら見つからない。)

 そこでは数十メガで「巨大化」と表現してるのに、私のそれはなんと「249 MB (261,595,136 バイト)」もあったのです。恐ろしい数字だ。たぶん 3.5 から 3.0 に戻したときに、なにかおかしなことをして二重三重にしまったんだと思います。
さっそく書いてあるとおりに削除。再起動後、580KB くらいになり、快適さは取り戻しました。それからまだ一週間くらいです。快適さは取り戻し、いまもそのまま快適なんですが、さっきサイズを見てみたらもう「38.1 MB (40,022,016 バイト)」なんてことに。

 太りすぎですよね。なんでこんなことになるのかわかりませんが、それなら普段は別のブラウザ(なぜか Internet Explorerに戻る気はしない)を使って、他のじゃダメなときだけ FireFox を使えば太らないかなと。

 そういうわけで Google Chrome です。ふう、長い前説だ。

  Chrome、普通にダウンロードできる 2.xx はダメですね。はっきりいって使えないです。なにがって、フォント設定が活きない。画面の文字がめちゃくちゃ読みにくいです。
 どうしたもんかと思ったら、ダウンロードサイトの一番下に、「最新の BETA 版をお試しください」なんてリンクがあった(^_^;)
さっそくこれに入れ替え。最初はとまどったものの、慣れてくるとこれかなり良さそう。ほんとに軽い。最初だけかも知れないけどね(←疑心暗鬼)

 それからツールバーがカスタマイズできないのがネック。そこらはまだまだβ版だからなのかな。そのうち慣れるかも。

 余談:ブログのカテゴリ、見直した方が良さそうだね。思ってたよりはまってます(^_^)