オールディーズ一覧

ブラザース・フォー(The Brothers Four)

 ラジコ使うようになったら、Youtube の再生リストを使う時間が減ってしまった。当たり前か。同時に流したってうるさいだけですもん(笑)

 でもラジコはラジコでもうなくてはならない存在になったけど、流し聴きじゃなくて、特定のアーティストのをしっかり聴きたいときも当然あります。しばらくラジコ一辺倒だったのが、最近また Youtube の再生リストを聴くのが増えてきました。

 ブラザースフォー、60年代アメリカンモダンフォークにおける「日本での」三大柱の一つです。PPMとブラザースフォーとキングストントリオ。ハーモニーのきれいさではブラフォーがベストかもしれないです。メッセージソングはPPM。陽気さとざっくり感ではキングストントリオかな。

 モダンフォークの時代は短かったんで、現在50歳以下だと知らない人も多いような気がします。聴けば「聴いたことあるな」と思う程度かしら。つい先日もPPMのコメントで話題になった「七つの水仙」も入れてあります。私的には「グリーンリーブス(遙かなるアラも)の方が好き。当時、これが歌いたいのに、譜面捜しても「グリーンフィールズ」しか出てこなくて困った記憶が鮮明に残ってます。ヒット曲(っていうのも変だけど)はかなりあるんですけど、Youtube にあるものでコレクションしておこうと思ったのはあまり多くなかったです。キングストントリオのはたくさんあるんだけど。やっぱり知名度が「日本に於ける」なのかな~


いろいろとポップスのカバー曲(古いやつね)

 カントリーが続いたんでたまには違う方向で。

 その昔のポップスはカバー曲のことを言うのかというくらいカバー曲だらけだったですよね。作詞(訳詞)はほとんど「漣健児」。

 昔のカバー曲集めてたらザ・ピーナッツばっかりになってしまった。それと伊東ゆかり。削るの大変だった。それでもピーナッツが六曲にもなってしまった。

 あらためて聴くと、やっぱり良いですね。昔の歌手は皆きれいな鼻濁音なんだ。とくに伊東ゆかり、この人の声、好きだなーーー。ピーナッツと伊東ゆかりは独立してアルバム作ったほうがいいかもしれない。


弘田三枝子

 私らの世代だと弘田三枝子と言えばアメリカンヒットポップスのカバー曲を歌う元気な女の子という認識かもしれない。

 ちょっと下の世代だと「人形の家」から始まるポップス歌謡的な弘田三枝子かしら。

 この人、ほんとはジャズシンガーです。伊東ゆかりと同世代で、米軍キャンプで歌いまくっていた人たちの一人。戦後のジャズシンガーとして超一流の人です。私がティーンエイジャーだったころの「スゥイングジャーナル(ジャズの月刊専門誌)」で女性ボーカル部門でずっと一位だったと思う。

 この人のあと(一位ね)が笠井紀美子だったように思うんだけど、検索してもわからなかった。

 ということで、弘田三枝子の歌を聴いてください。ジャズとポップスを中心に集めました。歌謡曲っぽいのは無しです。知ってる人には懐かしさを、知らなかった人には驚きをプレゼントです。