オールディーズ一覧

60年代のアメリカンポップス

 60年代のフォークも青春ですけど、「オールディーズ」に入る一連のポップス。1950年生まれですから中学に入ったのが1962年なわけで、ずっぽりと60年代のポップスとともに成長してきました。

 50年も経っちゃうと曖昧な部分もあるんですけど、地域的にそうだったのか、私が好きだから廻り(友達)もそういうのが好きな人ばかりと遊んでたのか。小学校高学年でPPMやプレスリー。中学入ってポールアンカとニールセダカ。中学二年からはビートルズとベンチャーズ。記憶では「クラスの中、みんなとそういう話をしてた」気がします。演歌や歌謡曲は話題に出なかったような。

 ラジオはAMしかない時代だけど、聴くのはFENだった。当時のテレビでポップス系バラエティっていうと「シャボン玉ホリデー」しか話題にならないけど、その前に同じ局(日本テレビ)、同じ時間帯で草笛光子の「光子の窓」ってのがありました。ポップス主体の番組だったと思います。いま検索してみた。うん、記憶ぴったしだ(笑)

 60年代に見てたテレビはポップス系音楽番組とアメリカンテレビドラマとアニメしか記憶にないです。ホイホイミュージックスクールとかスパークショーなんて覚えてる人いるのかしら。アニメで「ヘッケルとジャッケル」とか「ポーキー君」なんての、パソ通時代に話題に出したら誰も知らなかったな。アメリカンドラマの名前もずらずら言えるけどしつこいからパス。

 てなわけで、60年代アメリカンポップスです。コニーフランシスがどうしても削れなくて多くなってしまった。彼女は多国の言語で歌ってるんですけど、どれも「ローマ字表記の音読み」じゃなくて、すべて発音記号で歌ったって言われてますね。日本語で歌ってるのも外人さんがたどたどしく歌ってる感じがしないです。きれいな日本語で歌ってます。

 「Pineapple Princess」、歌ってる「Annette Funicello」の顔、昔は全然知りませんでした(日本では田代みどりがカバーしてました)。Youtube様々です。この人もディズニーの人だったのね。Annette 見てると「はしのえみ」を思い出してしまうのは私だけだろうか(笑)


ロスインディオスタバハラス(LOS INDIOS TABAJARAS)

ロスインディオスタバハラス この兄弟のギターサウンドはとっても和みます。サスティーンの効いた甘い音色。ウチにはこんなベスト盤しかなかった。それにしてもLPサイズって、横幅がわずかにA3より大きいです。もう5ミリくらい小さければなんとかはみ出ずスキャンできるんですけど。上下左右のどこかをあきらめないといけない。A3が297ミリで、LPは円盤の直径が30cmなんだから仕方ないんだけどね。

 ある程度以上の年代層(50代くらいまでかな?)には聞き覚えのあるサウンドだと思います。とくにスターダスト。シャボン玉ホリデーのエンディング、ピーナッツとハナ肇のエンディングートークのバックに流れてました。シルエットは犬塚弘だった気がするけど、サウンドはロスインディオスタバハラスでした。

 でもスターダストは彼らとしてはヒット曲ではないんですよね。アルバム収録曲の一つってだけで、最大のヒット曲はマリアエレナです。それと元々はクラシックギターの人たちですね。ピアノ曲を左手と右手分をそれぞれ二人で担当して超絶技巧な曲を弾くというのも有名です。

 この人達の音の秘密はギターにあるってのは検索すればいっぱい出てきます。あのサスティーン(音の伸び)は録音効果とか電子楽器のような各種エフェクトではなく、生音だそうで、ギターの内部に金属の共鳴板が入ってるとか。さらに普通より深いビブラート(音の揺れ)とかグイーンと音が上がるチョーキングなど。普通のギターではありえない音なんですけど、あれも生音で、普通よりフレットが高いんだそうです。普通の音は弦を軽く押さえて音程をキープ、強く押さえればフレットの隙間に入って弦が伸びるわけで音が上がる仕掛けだそうです。言うのは簡単だけど、それを使い分けて演奏するってすごいことですね。

 とまあ、そんな感じで説明はあるんですけど、どうしても解けない疑問点が一つ。誰かコメントで教えてくれたりしないかしら(笑)

 それはですね。彼らは立って演奏してますけど、どうやってギターを持ってるの?ってこと。普通はストラップを肩にとおします。エレキでもアコギでも。クラシックギターみたいにエンドピン(ギターのお尻側にあるストラップ用のピン)がないときは、クビにネックレス上にかけてからギターの下を通ってオモテからぐるっと回してサウンドホールに引っかけます。見ればサウンドホール(穴ね)から下に向かってストラップが見えるのですぐわかります。

 ロスインディオスにはどちらもないんです。演奏中の動画(ショパンのワルツ)を入れてあります。見ればわかりますけど、支えが何もないように見えます。体にくっつけてあるのかと思いましたが、演奏終了後に体から離すところがちらっと見えますのでくっついてるわけではなさそう。ということは腕だけで支えてる? 上のジャケット写真だと右側の弟さんのギター下部になんか白いのがついてるけど、あれはなんなんだろ。まさか、L字型の板を胸につけて支えてるとか? でも動画にはそういうのはないんだよね。


Dream A Little Dream of me

 この曲、好きなんです。最初に聞いたのはママキャス。ママスアンドパパスの太ってるほうのママね。

 なんて良い歌なんだ、この人最高!って思ったんだけどね。ママスアンドパパス、ずっと忘れてて、最近突然「夢のカリフォルニア」思い出し、例によって Youtube で聴き漁りました。なんで突然思い出したかっていえば、40年前のカセットに自分で歌ったのが入ってたからです(^_^;)

 で、聴き漁ってたらママキャスの「ドリーマリルドリーモブミー」も流れてきて。あれ?っと思ったのね。良いなあって気持ちがわき上がらない。何か違うんだよね。同じ物を聴いてるはずだから自分の変化しかあり得ないんだけど、今一つ「良いなあこれ」って思えなくなっちゃった。なんだか単調に聞こえちゃう。

 よく考えたら、最近ずっとドリスディでこれ聴いてるんですよ。自分の好みはあっちなんだって今更ながら気がついたんで、ついでにいろんな人の歌ってるのを集めてみました。ママキャスも含めて。

 オードリーヘップバーン、歌うまいですよね。ムーンリバーだってとってもいいと思う。でも Wiki なんか読むと彼女の歌は不評なんですよね。良いとこ取り録音でほんとは下手なのかな?