「 とりとめのない話し 」一覧

やっと歯医者通いが一段落

 長かったですけど、やっと一段落。

 三年近く前の2014年10月に「80歳で20本以上の歯を、が指針だそうな」の終わりの方で「ここ最近、右奥の下がちょっと気になってきました。」と書きました。そのまま約一年放置しまして。2015年の秋、引っ越しした直後に歯痛がひどくて歯医者に。過去ログ検索したけどブログネタにはしてなかったですね。ツイッターに書いた覚えがあるんで、久しぶりにツイッターの全過去ログをダウンロード。2015年11月に書いてました。ツイッターの過去ログ、年月までしかわからないんだね。日付は出てこない。やはり記憶が薄れてくるし、備忘録なブログにしとかないとダメだなと痛感。

当時のツイッターログ

引っ越したら、って引っ越しは関係ないんだけどw、歯が痛くなって数年ぶりに歯医者行ってきた。当然知らない歯医者に行ったんだけど、とっても良い医者に当たった気配。引っ越し先の安心度が増した。明後日はインフルエンザの予防注射にこれまた近所の知らない医者に行ってみる。

 書きながら読み返して、あら?と思ったことが。2014年に右奥の下が痛くなって放置? 引っ越した直後に爆発した歯の痛みはそこじゃなくで右奥の上でした。いまこれを書き始めるまで、ずっと一年放置したとこが爆発したと思い込んでた。じゃあ全然関係ないんだ(笑)

 予約制の歯医者さん。電話で痛みを伝えたらすぐに来てくださいってことで飛び込みました。痛みはなんとか治まってそのまま治療続行に。
 歯医者さん、何年ぶりだろ。かなり久しぶり。その間、歯石除去とかの歯の掃除すらしてません。もうとにかく歯全体が虫歯だらけなんで気長に全部治療しましょうと始まりました。

 予約制なので予約さえ取れれば待ち時間はないに等しいんですが、かなり混んでるお医者さんで、次回予約が二週間後くらいになります。時間指定しなければもっと早めに空いてる日もあるみたいだったけど、血糖値コントロールを考えると午後2時から3時くらいまでがベストなんです。だって、歯医者さん行く直前に歯磨きしたら治療が終わるまで補食しにくいですから。
 低血糖になるとやばいんで、昼食後2~3時間くらいの一番血糖値が高い頃にお願いしたい。経験上、外出してても午後4時~5時くらいが一番危ない時間な気がします。だからどうしても希望は14時台。
 午前中? あはw 午前中はねw 低血圧もあるし、いまは宵っ張りの朝寝坊なんで起きるのが9時前後だから午前中の予定は避けられるものは全部避けてる。

 2015年の11月に治療を始め、ある程度急ぎの分が終わったところで2016年3月に全体のお掃除。一本ずつの治療よりきつかった。なにせかなり間が空いてたから。部分的に麻酔までしたですよ。
 ところで歯の麻酔。全然注射が痛くないんだよね。医者は「ちくっとしますよ」とか言うけどほぼ無痛。1型だから知ってる。「先生、その針、32Gくらいですか?全然痛さ感じないんですけど」「あ、詳しいですね、これ、34Gです」。いいなあ34G、私も使いたいけど、主治医がなぜか32Gまでしか処方してくれない。ちなみに32Gとか34Gってのは針先の太さの単位です。34Gになると長さが一気に短くなるからかな?

 6月下旬の真夏が来る前、一本の治療が終わってキリが良いときに治療の夏休みをもらいました。涼しくなるまで休止。理由はですね。徒歩十分足らずなんですけど、全行程の8割が上り坂と階段。体力あればどうってことないんでしょうが、この歳だと真夏はかなりきつい。

 こんな感じ。写真だとそんなにきつく感じないけど、実際はけっこうきつい。
 (1)のあと(2)が続いて(3)の階段登ったあたりで息切れ。さらに(4)の坂が続くと、心臓ばくばくなんです。真夏だと熱中症も怖いしね。平坦な道で10分くらいのところに他の歯医者さんもあったんだけど、一番最初、歯が痛くて急いでたし、Googleマップで探して「一番距離の近いところ」に行ってしまったんです。坂を考えなかった。良い歯医者さんだったんで、そのまま継続した。でも真夏はきつい。マジできつい(笑)

 で、暑さも引けた2016年10月に再開し、先日なんとか最後の一本まで治療が終わりました。右上奥から始まり、上側全部やって、左下奥から右奥へと進み、最後の一本は、右下奥という(笑) 2015年10月に感じたあの違和感はなんだったんだ。

 歯の掃除もそういうわけで昨年3月にやったきりなんで早めにしないといけないそうです。次回は涼しくなってから、10月くらいに予約するつもり。とにかく私の歯は全28本(親知らず除く)のうち神経が残ってる(つまり自前の歯)のはまだ26本もあります。土台とか被せものとかはたくさんあるけど、神経があれば自前の歯と言っていいようです。

 丁寧にメンテナンスしていけば寿命がつきるまで自前の歯でいけそうです。


ご飯に合うものはスパゲティにも合う、の続き

 簡単でおいしいインスタント的なスパゲティ、もう一つ。

 普通のカップ麺だとお湯入れて三分かかるよね。袋麺だとゆで時間5分くらいのも普通にある。スパゲティは太さにもよるけど、最近スーパーで安く買えるのは1.6mmでゆで時間6分のが多い。つまりインスタント麺と時間的にたいして変わらない。
 ほんとはブイトニあたりの1.9mm、ゆで時間10~11分くらいのが好きなんだけど、スーパーじゃ売ってない。高いからかな。アマゾンなら買えるけど高い。スーパーで買えるイタリア産のデュラムセモリナ100%で手頃な価格のを買うのが一番。デュラムセモリナ100%でも国産のはどうしてもどこか違うんで買わない。国産のは「スパうどん」だと思ってるし、うどんならうどん食べた方が絶対いい。

 インスタント麺と比べて変わるのは「具」を用意する時間くらいだと思う。肉だの野菜だの具を作るって考えるからめんどくさいんであって、茹でて簡単な具(ふりかけとか)をあえるだけならほんとにインスタントと同じ。一食当たりはずっと安い。あ、お茶づけ海苔なんかもけっこういけますよ。一袋全部ぶちまけると塩っぱくなるので要注意だけど。
お茶づけ海苔とかふりかけみたいなドライなやつんときはオリーブオイル必須。

 納豆と生卵です。ご飯に納豆は普通だし、卵かけご飯も普通なんだけど、納豆に生卵混ぜる人ってあまり多くないような気がする。なぜだろ。おいしいよ。納豆は挽き割りのほうが麺と絡んで食べやすい。納豆附属のタレだけだと若干味が薄いので例によってふりかけを少し混ぜます。かつお節と、紅ショウガ乗せて完成。ちょびっとタバスコも振ったり。ウェットな感じなんでオリーブオイルは使いません。
 チープな味が嫌いな人には好かれないかもしれないけど、私としてはマジにうまいと思ってます。納豆と生卵。体にも良いし。

 ついでにもう一つ。レトルトカレーも当然ですがご飯にもスパゲティにも合います。手軽だしおいしいし好きなんですが、私には問題がいくつかありまして。

 一つは炭水化物の問題。ルーを使ったカレーってどうしても炭水化物多いです。ざっくりとした感じでレトルトカレー100gあたり炭水化物10g見当。
 二つ目は、量が多い。だいたい一袋200g程度ですかね。スパゲティ70g(乾麺で)くらいしか食べませんので一袋じゃ多いんです。でもレトルトカレーって残しにくい。もちろん食べられない量じゃありませんけど。

 20gも炭水化物あると、メインであるスパゲティを減らさないといけない。両方で70gは気分的に重いのです。ロールパン2個で炭水化物30gくらいなんで、レトルトカレー食べるときはそっちかな。

 見つけたのがこれ。チキンとインドカレー バターチキン。インドカレーだけど、原産国はタイってなってる。ま、いっかw
 100gで炭水化物5g。一缶で115gなんで炭水化物約6g弱。似たような名前でチキンとタイカレーってのもあるんだけど、食べ比べてこっちのほうがおいしかった。タイカレーは少しすっぱいのが売りかも知れない。
それと、イナバの缶詰カレーで同名だけど缶のラベルデザインが少し違ってわずかに炭水化物が多くて(100gで6g)量も125gのがある。なぜなんだ。スーパーでは見たことない。やはり高いからか。

 これは行きつけのスーパーで一個110円くらいかな。これ、量もちょうど良いです。ご飯と一緒にがっつり食べる人には少ないかもしれない。ナンとかパンとかと食べるのかな?
 アマゾンにもあるけど高いです。一つ145円*24個=3480円+送料650円。
 単価の安い一般食品はたいていアマゾン高い。スーパーの方が安いですね。


ご飯に合うものはスパゲティにも合う

 ずいぶん久しぶりのブログ更新です。久しぶりの割にはどうでも良い内容であります。ツイッターにはときどきつぶやいてたんですけど、なんか「文章」を起こすってのが考えただけで億劫で。歳のせいでしょうね。

 書き出せば書けるのかも兼ねての再開です。(後から追記:書けば書けるな(笑))

 私、麺類大好きです。とくにスパゲティ(パスタ)が好き。次にうどん。蕎麦ももちろん好きだけど、家ではあまり食べないかな。
外食ではなく家で食べるので全部乾麺です。生麺だと一食ずつ袋に入ってて量が決まってる。たいてい1型患者には多めなんだよね。乾麺だと一食分を自由に調整できる。好きな量を食べられる。多めに食べたいからってわけではありません。炭水化物を計算できるから。1型患者には必要なんです。血糖値コントロールが生死に関わるんで。

ちなみに、麺類の炭水化物は乾麺ならだいたい以下のようになってます。
(最初の数値gが量です。単位なしの数値は炭水化物で単位はgです。)

スパゲティ100g:71
→ 70gで50、56gで40

うどん100g:77
→ 70gで54、52gで40

そば100g:67
→ 70gで47、60gで40

 70gくらい食べないと物足りない(普通は100g?)んで70gを基準にしつつ、同時に食べる物を考えて炭水化物40gに抑えるという技です(笑)
一食を炭水化物50gに抑えるとなんか楽で、炭水化物60gまでならなんとか普通に対処できるかな、という感じ。
 あ、カロリーとは違いますからね。健常者にはわかりにくい概念かもしれません。カロリーは一食ごとには気にしてません。毎日体重を量り、その増減で摂取カロリーを漠然と緩やかに適当にそれなりに増減してます。

ここまで前振り。

 一般的には食事って、洋風だの和風だので分けますよね。でも違うと思うんですよ。洋も和もなくて味が違うだけ。おいしいものはおいしい。

 ご飯のおかずになるものはそのままスパゲティにもうどんにも合います。昔はあり得なかった「明太子スパゲティ」とかもいまではちゃんと市民権得てますでしょ。
え?信じられない? いまじゃ当たり前の食べ物ですけどね。数十年前は明太子スパゲティなんか認められない異端児だったんですよ。
 なんで明太子スパゲティは受け入れられたか。おいしいからです。最初にそういうものを食べてた人が、きっといくら「これはおいしい」と主張してもみんな聞いてくれなかったと思うんです。
私が初めてそれを食べて感動したのはまだ30歳になる前だったかな。横浜東口ルミネに「あるでん亭」なるスパゲティ屋さんがオープンしまして。たしかソニー系列の脱サラ企業後押しプロジェクトみたいな奴で出来た店だったと思う。検索したらもう横浜ルミネにはないのね。

 余談だけど、この「あるでん亭」っていわゆるチェーン店ではなかったらしいですね。同じ形態で開いた「あるでん亭」でも同じなのは店名だけで、味もメニューも店次第。横浜マリンタワーの隣のビル内にもあって、そっちもよく通ったけど、そっちではまったのは「アリオ・オリオ(ペペロンチーノ)」でした。

そういうわけで。

 明太子だけじゃなく、なんでもあうんです。たとえば、納豆。ふりかけ。しらす。生卵。温かいご飯に合うものはなんでもパスタに合います。うどんにも。蕎麦はちょっと違うかも。逆にご飯にバターなんかも当然のようにあいます。

 これ、ふりかけスパゲティ。アルデンテに茹でたスパゲティにオリーブオイルを振って(←これけっこう重要)、ふりかけをさっさっさとばらまいただけ。

 使ったふりかけはこれ。これじゃなくてもおいしいけど、しめったタイプは自分的には好きじゃない。

 まだまだあるんですが、久しぶりに書いて長文過ぎる気もするので、スパゲティシリーズはまた次回のネタにさせてもらいます。

 あ、少しわかったてきた。ブログが億劫になったのは、あちこち見て歩くと、どこもいまどきは「画像ありき」なんですよね。私、写真撮って保存してそれを...ってのが好きじゃない。好きじゃないというより苦手。「あのとき写真撮ってたら」とは思うけど、そのときは自分がそれを体験(食事にしても)するだけで幸せなんだよね。思い出は自分の心にあれば十分で、他人と共有したりあとで思い出すために記録したりはめんどくさい。と、思っちゃう。
記録って意味では文字だけで十分だし、いまは物忘れもなく思い出せば思い出せるからなのかな? そのうち画像があった方が思い出しやすくなるのかも。少しずつ画像にも慣れていかないといけないですね。