検査一覧

1型糖尿病とブドウ糖入り点滴の関係

 再び大腸ポリペク(ポリープ切除)に行ってきました。ポリペク自体は三年前やったときとまったく一緒。台本がある再現ドラマみたいに同じです。ポリペクがどんなだか知りたい方は「大腸ポリープ切除」をどうぞ。読み返してよかった。うっかりまた同じことを書いちゃうとこでした(笑)

 三年前に書いたときは点滴の話しをサラッと流しましたけど、1型糖尿病患者とブドウ糖入りの点滴の話を検索してみてもあまり出てこなかったので、それこそまた自分用備忘録(いつかまたポリペクやるかもしれないし)のために書いておきます。

ACETOKEEP_3G_1この点滴はアセトキープ3Gというもので、こんな成分になっていて、予定ではこれ一本を6時間で落とし、計4本で24時間の点滴となります。

組成/成分 500mL中
塩化ナトリウム:730.6mg
塩化カリウム:261.0mg
塩化マグネシウム(6水塩):254.2mg
リン酸二水素カリウム:680.5mg
酢酸ナトリウム水和物:1360.8mg
ブドウ糖:25.0g

 問題はこれ→「ブドウ糖:25.0g」。前回もこれで困ったのですが、今回もまたまた困りました。2型の人なら6時間で25gのブドウ糖なんて誤差のウチです。1時間あたり約4gですからね。自前のインスリンで消化できる範囲でしょう。絶飲食中なんですから。でも1型はそうじゃないのです。連続して(継続して?)延々と1時間あたり約4gのブドウ糖が入ってくる状態は想定してません。

 インスリンの注射は二種類ありまして、食前に打つ超速効型インスリンは効き目のピークがピンポイントで来ますから、こういうときには使えません。もう一つの基礎インスリン(ランタス)がこういう事態に対応できると思うのですけど、どう変化するか自分でデータを持ってないので、怖くて普段打ってる量しか打てません。逆に低血糖になったら危険ですから。カーボインスリン比は人によって違うし、朝昼晩でも違います。私は朝が炭水化物10gに対して超速攻インスリンが2単位。昼が10gで1.2、夜が10gで1.5くらいかな。持続型基礎インスリン(ランタス)は朝一回で7単位。これも季節で若干違う。かなり複雑怪奇でありまして、個人差がありすぎるので自分を被検体として自分なりにデータを積み上げないと医者でもわからないです。

 前回三年前に、規定どおりに点滴を落としたら260まで上がったことをドクターや看護士に説明し、最初から一本6時間を一本12時間程度の速度で落としてもらいました。予定では24時間で2本となります。

血糖値 こんな感じになりました。点滴開始前から150近いのは、私はランタスを朝打ちなんで、普段から朝一番はこのくらいあるのです。半分の速度で落として血糖値が60~70くらい上がるようです。指定どおりに流し込んだら200オーバーは当然だと思います。あくまでも「私の場合」です。どのくらいのカーボでどのくらい血糖値が上がるかは人によって違います。
 ネットでアセトキープを検索したら、出てきた説明に「慎重投与:糖尿病」と書いてありました。

 私の血管は点滴チューブ挿入したままで24時間は保たないようです(^_^;) そういえば前回も途中で漏れて入れ直したんでした。今回は点滴チューブの入れ直しは断りました。どうせ半分のペースでしか落としてないんだし、目的が水分の補給とブドウ糖によるエネルギー補給だそうで、血糖値コントロールと天秤に掛けたらこの点滴はしないほうがマシ、と主張しました。何かの治療のために点滴してるなら、どんなにイヤでも痛くても点滴チューブ入れ直すしかありませんが。

 点滴を中止したらブドウ糖が入らなくなったので見事に下がりました。やはり何も食べないと下がりすぎるなってのを実感できました。基礎インスリン7単位でうまくバランスが取れてるってことですよね。
 でも絶食の影響が大きいのでしょう。下がりすぎて夜中に低血糖を感じて目が覚めてしまいました。看護師を呼ばずに勝手に手持ちのブドウ糖を摂取。朝方同じくらいでしたからブドウ糖を摂取しないと低血糖だったな。

 退院前にドクターが様子を見に来てくれましたので、この件を話しました。ドクターの意見では、この点滴はやはり必要なんだそうです。ポリペクってのは痛みがないので簡単に考えてしまう患者さんが多いけど、内臓を傷つけるわけだからかなり大変な施術なんだそうで、予後の安全のためにもこれが必要だと。点滴しないと必ずどうにかなるってわけではないそうで、医者の側からすれば掛けられる保険はすべて掛けておきたいってことのようです。血糖値についてはもし次回があれば点滴にインスリンを混ぜることもできるそうで、事前に相談してほしいと言われました。って、事前に何度も何度も、そして点滴を始めるときにも、点滴中にも、何回も1型糖尿病だから血糖値が云々とドクターにも看護師さんにもお話したし、いつもはこんなに測定しないけど、こまめに測定したのを毎回看護師さんがメモしてました。それでも結局はわかってくれてなかったってことになりそう。血糖値コントロールは自分の未来がかかってるんだから、もっと強くしつこく主張しないとダメですね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ


末梢神経伝導検査やってきました

 検索してもこの検査を受けた記事がほとんどヒットしなかったので、せっかくやってきたんだからブログネタにしておきます(笑)

 末梢神経が壊れるのは糖尿病三大合併症の一つです。高血糖による毛細血管破壊の影響で末梢神経がやられちゃうやつね。毛細血管も末梢神経も壊れちゃうと再生できません。だから、検査して異常がわかったからといって何をどうすることもできません。普段から血糖値対策をきちんとやるしかないのです。

 検査の意味は「いま自分がどの辺にいるのか」を知ることに尽きます。血糖値コントロールって自分自身の制御ですから、だんだんと考えが甘くなってきます。何度も言いますが、高血糖で「その場で困る(痛いとか苦しいとか痒いとか)自覚症状」って、自殺行為的な暴飲暴食でもしない限りないし、あるとしてもその場では一過性(吐き気がするとか、目が回るとか)なんで、過ぎちゃえば忘れます。

 今回の検査もすでに自覚症状があって必要に迫られての検査ではなく、健康診断的な検査なので左手と左足、つまり片半身のみです。高血糖によって異常が進行するとすればだいたい両側同時に進行するはずだから片側調べればわかるということらしい。自覚症状としては手足の指の先が痺れる感じがしてくるようです。

 手は肘から指先まで。足は膝から指先まで。これを細かくわけて通電します。

 針を刺すわけじゃないので、そういう痛みはないです。電気ショックだけですから、終わればそこで痛みも終わり。痛みが残ることはないです。前回、五年ほど前にやったときはけっこうバチンバチンと痛かった記憶があるんですが、今回はバチンじゃなくてビクンって感じで痛さはあまりありませんでした。全然痛くない訳じゃないですけど(^_^;) 痛みより、来るぞ来るぞという怖さですかね。

 最近よくテレビで見る心肺停止のときのAED。電気ショックを与えると体が「びくん」となりますよね。もちろんあそこまですごくないです。でも、脚気の検査で膝小僧の下を叩いたときよりはずっと大きくはねます。電気流した手とか足とかだけですけど。検査は一瞬じゃなくて、数秒間ビクンビクンとさせられます。

 検査中、あまりしゃべることもないんでじっと黙ってたんですが、ふと思いついたことがあって、きっとほとんどの人が同じこと言うんだろうなと思いつつ、やっぱり言ってしまったこと。「この電気ショック、肩に流してもらったら肩こり取れそうですね」って。先生、うふふって笑っただけでした。きっとみんな言うからでしょう。肩こり低周波治療器、あれをもっとずっと強くして自分で加減できずにバチンと来るのイメージしてくれるとだいたいそんなもんです。

 結果はその場で出る訳じゃないのでまだわかりません。次回分泌内科の内診のときに教えてもらうことになってます。12月中旬かな。たぶん何ともないでしょうけど、結果が出たらまた報告することにします。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ


体の定期点検

 三ヶ月ごとの定期点検に行ってきました。一ヶ月に一度普通の診察がありまして、三ヶ月に一度の割合で採血と採尿していろいろデータを見ます。私がしつこく書くところの「一病息災」ですね(笑)血液と尿からわかる異常だったら、何年も健康診断しないような人から見たらかなりの確率で早期発見できるはず。血液と尿からではわからない代謝系以外はまた別ですけど。

 7月から豆乳を飲み始めたので、それがどれくらい影響するのか気になってました。実際に前立腺肥大が原因と思われる尿の出渋り感とか残尿感とかは実感できるほど改善されました。でも「薬」じゃないし単なる「健康飲料」ですから代謝系の検査で数値に出るほどの違いはないかもしれないなと思いつつ、コレステロールとか改善されてたらいいなくらいは期待してました。だって、豆乳の宣伝サイト見るとコレステロール改善に効果あるとか書いてあるんです(笑)

 一応今回の検査結果ではコレステロール系にはいまんところ豆乳の効果は出てないみたいです。健康食品として体質改善も含めて長い目でみないといけないんでしょうね。前立腺だけでも改善感があるし、これはこれで飲み続けようと思います。

 で、今回の結果。私ね、実は血糖値以外は元々ほぼ健康体なんです。たとえば、飲み助が気にする肝臓の「γGTP」、正常値が16-84のところ、私は16と低い方ぎりぎり。ここなんか見ると低い分には問題ないらしい。つまり少なくとも肝臓は問題ない。

 もっと並べると、CK(心筋梗塞の数値らしい)が55-171のところ53(ちょっと低い)とか、他にも見てもわかんないアルファベット略号のあれこれほぼ全部(血糖値関連とコレステロール系以外)が下限上限の真ん中以下の正常値です。

 血糖値関連は1型糖尿病ですから仕方ないし、その割にはがんばってる数値が出てますので略。

 問題はコレステロール。10年ほど前に「高脂血症気味」と医者に言われました。当時は善玉とか悪玉とか言われてなくて、総コレステロールだったかな?上限220なのに230くらいあったような気がする。
 悪玉コレステロールを多量に含む食品、とくに鶏卵をなるべく(あくまでも「なるべく」です(笑))食べないようにしてましたし、血糖値管理をカーボカウントにする前は食事そのものに気を遣ってました。それでも胸張って言えるほどの数値まで下がらなかった。
 昨年秋に血糖値コントロールをカーボカウントに換え、総合的なカロリーは気にするけどそれ以外は炭水化物のみを考慮するようになって、当然ながら「好きな物は好き」な食べ方に戻り、さすがに鶏卵は控えていますが、高コレステロールな食べ物が好きなんですよね(^_^;) 乳脂類が好き。鶏皮も好き。豚の脂身が好き。ウナギも好き。レバーも好き。その他諸々、体に悪いよと言われる食べ物が好きです。ああ、プリンが食べたい。

 じゃあ、きっとゲゲゲな数値なのかな、と思うでしょ。それがそうでもないんですよ。これでもけっこうがんばってるんです。もっとも「その好きな物」を食べる量がとても少ないってのもあります。プリンなんか直に血糖値にきますからね。あの小さなプリンを数回にわけて食べます(^_^;) 一口食べて味わえればそれで我慢できる。ピノ(アイスクリーム)も一日一個です。だから六個入りの普通のピノは買えない。六個入りのは個別包装じゃないのです。24個入りのアラソートだと一個ずつ個別包装。ただ、チョコのピノが好きなのに、アラソートはチョコだけじゃないんだよね。

 前回、「LDL(悪玉コレステロール)120」。今回「LDL123」と少し悪くなった。とは言っても正常値が70-139だから正常の範囲には入ってるんですけどね。真夏の体調維持が難しい季節にしては良い方かもしれない。

 なお、いわゆる善玉コレステロール(HDL)、昔はかなり低かったんですが、あまり好きじゃない青魚とかも我慢して食べるようしてますから、前回が62,今回が56と正常値(41-67)に、きちんと入ってます。

 あ、中性脂肪(TG)が前回84で今回148と跳ね上がってるな。正常値36-150だから正常値の範囲なんだけど、なんでだろう。アイスクリームの食べ過ぎかも。これが跳ね上がってるのにLDLがたいして上がってないのは、もしかしたら豆乳効果なのかもしれないね。

 次回、12月の検査に期待してまた三ヶ月がんばります。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ