検査一覧

クリニック(町のお医者さん)って良いですね

 私は40代半ばまで医者知らずでした。ごくたまに、それこそ何年に一度って感じで普通の風邪を引く程度だったし、風邪くらいで医者に行くこともなかったです。

 医者歴と言えば、就学前に「小児結核」というのをやり、大学病院に定期的に通院した(ほとんど記憶にない)のと、高校生のころ手首をねんざして外科に通ったくらい。ああ、小学生のころ夏休みに歯医者に通ったことはあるな。

 40代半ばで体調に異変を感じ、当時出来たばかりの横浜労災病院に行ったのが自分としては「初めての通院」の始まりでした。

 ですので、「病院という物はそういうもの」という固定観念がありました。何の観念かって、「とにかく待つ」「ひたすら待つ」「予約してあっても一時間は待つ」「予約してなくて突然行ったら、下手したら朝から夕方までひたすら待つ」、という固定観念。

 横浜労災病院、いまでは地域の中核病院(というのかな?)で開業医からの紹介状がないと予約も難しいようです。20年ほど前の完成直後は、紹介状が無くても飛び込みで普通に診てもらえました。いつからか基本的に紹介状が無いとダメ、というルールになったようです。

 そんなわけで、普通の町のお医者さんってのを知りませんでした。

 昨年末に「成人用肺炎球菌ワクチン」を接種してもらいに近くの内科に行きましたが、受診予約の話しが電話でかみ合わず、なんか不思議な気持ちで赴きました。予約なんかないんですね(^_^;) 床屋さんに行くのと同じ感覚でいいんだ。行ってみて、混んでたら出直せばいいだけな感じ。徒歩圏内ならね。

 先日血尿が出たときも、いままでだったら横浜労災病院に行って、延々と待って泌尿器科の受診を受けたと思います。でも、味をしめたというかなんというか、ネットで探して電車に乗ってクリニックに行ったわけです。大正解でした。

 大病院だと、原因がわからなかったりすると検査検査検査ですよね。なかなか終わりにならない。これ、サラリーマンと自営業者の違いかもしれませんね。クリニックだと、医者=院長=経営者=全責任を負う人、なわけです。評判悪かったら客(患者)が来なくなる。

 それに経費問題かしら。大病院ならではの高価な大がかりな検査機器があるわけで、さらにそれの操作のための技師さんなんかも大量に保持しないといけないし、間違いがあったら命に関わるから質の維持にも費用がかかる。償却もかなり負担だと思うので、とにかくいっぱい使って元を取らないとやっていけない。当然「検査しましょう」になっていくわけですよね。

 いまは横浜労災病院に定期的に通ってまして、もしなにか別の問題が発生したらすぐに他の診療科に診てもらえるからいいな、とか思ってましたが、ちょっと考え直そうかなと思ってます。

 クリニックで手に負えなかったら大病院(横浜労災とか)を紹介してもらえるわけだし、甲状腺と1型糖尿病、さらに副腎という慢性的な病気なんで、いますぐどこかがどうなっちゃうってわけでもなく、全部内分泌内科の領分だし専門のクリニックを探して良いお医者様に出会えたら、そっち行った方がいいかな。

 問題は「良いお医者様に出会えるか」なんでありますけどね(笑)
 結局、現状維持が一番楽なのかも知れません。


泌尿器科に行ってきました

 4年前、前立腺ガンの指標(マーカー)と言われているPSAが基準値の4を越え6になりました。

 そのときのことは「前立腺生検は「検査」?「手術」?」に書きましたが、その後も泌尿器科の診療はまったく受けずに過ごしていました。PSA値は一応気になりますが、1型糖尿病ですので定期的に血液検査と尿検査をしてますから、たまにそのときにPSAも一緒に調べてもらってます。だいたい4~7の間を行ったり来たりしてます。とくに大きな変化がないので気にしてません。

 ではなぜ泌尿器科に行ってきたか。

 実は血尿が出ちゃいまして。それも一回だけ。明け方の排尿時に見るも鮮やかな真っ赤な血尿。もうびっくりしましたが、それ一回だけなんです。直後の排尿からもうまったくいつもどおり。

 なんだったんだろうと思いつつ検索して、もっとビックリ。この「たった一回(もしくは数回)だけの目視できる血尿」の原因の多くは「膀胱ガン」なんですと。ヒットした複数のサイトにどこもそう説明してる。

(読んでドキドキさせちゃうと申し訳ないので先に書いちゃいますが、結果としてはまったく何でもありませんでしたのでご心配なく(笑))

 これは泌尿器科に行って診てもらうしかないです。

 ということで行ってきました。ネットで検索して都筑区の「センター南」にある「木村泌尿器皮膚科」です。ここに行こうと決めたのはきちんとネットに情報発信されてるからです。医者に限らないと思いますが、若い先生は先進情報をよく知ってるけど経験不足のことが多いし、年輩な先生だと知識と経験は豊富だけど最新情報に疎いことがありますよね。自分の業界でも似たようなもんです。

 だからネットで情報発信してるってことは逆に最新情報収集にも怠りないってことじゃないかと。

 思ったとおりの感じの良いクリニックであり、とても頼りになる先生でした。

 問診のあと、超音波で検査、尿検査、前立腺の触診。

 結果、膀胱ガンもないし前立腺ガンもない。前立腺肥大があるだけ。この大きさだとPSAは12くらいまで問題無い。血尿は前立腺に押されて血管が切れたんだろうと。おかしなところがないので針生検も膀胱鏡もなし。排尿困難や頻尿などで生活に支障を来していないならとくに前立腺肥大の治療も要さない。

 以上、はっきりと言ってくれました。医者がはっきりと「問題無い」と言い切ることっていままで経験したことないような気がします。今回の検査では異常が発見されなかったら別の検査をしましょう、と延々と続いていくのが常だったように思うんですけど、被害妄想でしょうか(笑)

 ただ、「今回の血尿は問題無い血尿だった」というだけでしょうから、狼が来たぞ少年にならないように気をつけないといけないですね。PSAはこれからも分泌内科の受診時に継続してみていこうと思いますし、次回また万が一血尿が出たら「前回こうだった」ではなく、きちんとすぐにまたこのクリニックに受診しようと思います。


骨粗鬆症(骨密度)その後

 昨年秋に突然骨密度検査をすることになり、結果として「もう骨粗鬆症と言わざるを得ない状態です」と告げられてから約一年。

 その時の話しはこちらをどうぞ。「1型糖尿病と骨粗鬆症(骨密度)

 骨密度とか骨粗鬆症(こつそしょうしょう)で検索すると、一回薄くなると復活するのは難しく、どんどん悪くなる。とあちこちのサイトに書いてあります。

 骨密度なんて気にしてなかったので突然の話しに驚き、運動嫌いな私ですがそれなりに一年頑張ってきました。一年後の再検査で良い結果がでるようにと。

 一年過ぎ、再検査しました。

 結果。なんと、若干ではありますが数値が良くなったようです。まあ、横ばいと言ってもいいくらいの幅みたいですけど。悪化してなかっただけマシです。

 やったことといえば、薬はビタミンD3の補給剤「ワークミン」を一日一錠。それからお散歩。運動というほどの歩き方じゃないんですけど、歩かないよりは良いです。足は第二の心臓とかいいますしね。

 それと、つま先立ち。家の中で立ったり歩いたりのときはとにかくつま先立ち。電子レンジでコーヒーを温め待ちしてるとき、つま先立ちでかかとを上げ下げ。歯磨きしてるときもかかとを上げ下げ。

 その程度で改善されるってことは、いままでいかに体を動かしてなかったかってことかもしれないです(^_^;)

 とにかく関節(骨)に負担を掛けないといけないということで、体重も軽いと不利みたいです。かといって太ってもいけないし、減らないようにだけ気をつけて一年前より1キロくらい増ですかね。BMIでいうと、いま23.4くらい。22~23くらいが理想といわれてますけど、年取ると体重増やすのも減らすのもけっこう難しいんで、このまま23前後を維持できればと思ってます。

 最近ちょっと散歩をサボり気味なので、また気持ちを新たにして散歩もきちんとしないといけないですね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ