ジャズ一覧

ドリス・デイ( Doris Day)

 パティ・ペイジとくればドリス・デイでしょ。私の中では二大女性ソロボーカリストです。ソウルフルな人とはまた違うランキングってことで。

 うーーん、私の中のランキングっていくつあるんだろ。自分でもわかんないな。その時々でかわったりもするしなぁ。音楽ってそういうもんでいいよね。

 実はカントリー系も大好きでスキーターデービス(Skeeter Davis)なんかも昔からツボにはまってまして、どっちを先に載せようか迷った結果、やはりドリス・デイかなと。
続きを読む


セルジオメンデスとブラジル66

 軽快にボサノバ聴いて朝の目覚まし。

 ブラジル77とブラジル88(よくわからん)は好きじゃない。音楽評なんか読むと77も66時代のファンキーなボサノバを引き継いでるとか書いてあるけど、私の耳には全然別物に聞こえちゃう。メンバーも違うしね。やはりブラジル66のこのメンバーが良いんですよ。とくにボーカル。ぴったし私のツボにはまってる。いくら似た感じの人を持ってきても、彼女たちが変わったらそれは私にとってはまったくの別バンド。

 ジャズ系のボサノバだと、とにかく「おしゃれで都会的なしっとりさ満開」なんだけど、元々がサンバなんだから、こういうボサノバはありなんだよね。しっとりなジャズボッサといえば、最近日本人の女性ボーカリスト「小野リサ」って人のがすごいですね。でもあのジャンルはまとめて聴こうって気はしない。たまに一曲流れてくる程度でいいな。グラシェラスサーナのLP買って、片面の数曲目で飽きて針上げて、以来そのままになってたりもする。あれはちと別物か(^_^;)


ジュリー・ロンドン

 たまには大人のしっとりした歌声を。

 ジュリー・ロンドンの定番を集めてみました。Misty はこの人のが最高。こういう人の歌は余計な解説不要ですね。歌ってる人も曲名も知らなくて良い。とにかく聴いてれば幸せ。飲むならビールじゃなくてウィスキーかバーボンのストレート。せめてロックで。
続きを読む