ジャズ一覧

イメルダ・メイ(Imelda May )

 なんとなく次から次へと聴いていって出会いました。

 久しぶりに驚いたので(良い意味で)、紹介しておきます。

 まずはこれを。

Imelda May – Johnny Got A Boom Boom

こっちのほうが好きなんだけど、埋め込み無効だったからリンクだけ張っておきます。曲は同じ「Johnny Got A Boom Boom」です。

 
 ジャンルは何になるんでしょう。ジャズっぽいロカビリー? とにかく、今風じゃないんですよね。私好みの「懐かしい匂いのするサウンド」です。調べたらデビューしてまだ数年のアイルランド出身のロカビリーシンガーソングライター、らしい。でもわけるとしたらジャズ系じゃないのかしらんね。ジャンル分けが難しい人(グループ)です。

 イメルダ本人もすごいけど、各メンバーもめちゃすごい。とくにイメルダの隣でタマゴマラカスを延々と振ってるスキンヘッドの人。エンディング直前まで休みなしに降り続けるその耐久力(持久力?)とリズムの維持力。両足踏ん張ってきっちりと力いれて振ってる。

 タマゴマラカス(普通のマラカスもそうだけど)、振ってみればわかるけど、歯切れ良く「チッチッチッチ」と鳴らすのは想像以上に疲れます。気を抜くとガシャガシャってなる。飲み屋でおっさんがいたずらに振ってるのはほとんど例外なく歯切れが悪い。騒がしいだけ。

 そのスキンヘッドの人、パーカッション担当なのかと思ったけど、別の聴いたらトランペット吹いてました。これもまたなんかすごい。

Imelda May – Big Bad Handsome Man

 
 アマゾンのイメルダメイのCDんとこにある「カスタマーレビュー」くらいしか日本語の説明は見当たりませんでした。カスタマーレビュー読んで終わりにするはずが、CD、安かったので購入ボタンを押してしまった(^_^;)

↓初めてこんなのをつけてみました。左がデビューアルバムです。ジャケットをクリックして入った先の真ん中あたりに「カスタマーレビュー」があります。参考にどうぞ。(このアマゾンへのリンク、付け方覚えたのでこれからはたまにつけます)
 

 


オイゲン・キケロ(Eugen Cicero)

 私がスィングジャズを聴くようになったのは、もう20才近くになってからでした。もちろん全然耳にしなかった訳じゃないですが、レコードを買い込んで聞き込むってほど好きじゃなかったって意味で。

 友人の家で聞かされたオスカーピーターソントリオ、We Get Requests。これでスィングジャズにはまりました。このときはどっちかというと、メインであるピアノのオスカーピーターソンより、ベースのレイブラウンにはまった感じです。そこから先はスィング街道まっしぐらなんですが、そこらはまた別の機会に。

 あれこれ聞きまくってるときに出会ったのが、オイゲンキケロ。スィング・クラシックってやつです。オイゲンキケロの「愛の夢(リスト)」を聞いて、すげぇなあと。スィング・クラシックといえば、バッハやショパンが多いですけど、リストの「愛の夢」、とにかく良いです(笑)


 

「愛の夢」、出だしはクラシック風ですけど、途中で転調します。

 
 
 もう一曲紹介しておきます。ハンガリアン・ラプソディ、これも乗りが良くて好きです。リストの曲としては愛の夢よりこっちのほうが有名なのかな? 私はクラシックは当時もいまもほとんど聴かないんでよくわかりません(^_^;)
(動画がなくなってたので差し替えました。ライブ版のSwinging Bachです)

 いま、Youtube で検索したら辻井伸行さんの「愛の夢」「ハンガリア狂詩曲」を見つけました。聴いてみて、クラシックファンからすると、クラシックジャズは異端かもしれないな、と思いました。気分害したらごめんなさい。


ルート66(ROUTE 66)

 ルート66ばかり集めてみました。全部で8曲。

 オリジナルは一番目のジョージマハリス版だと思い込んでたんですけど、検索したら違ってた。「Bobby Troup」がオリジナルみたいです。1960年代のアメリカンドラマでジョージマハリスが主人公でした。コルベットスティングレー(だったと思う)に乗ったアメリカンな二人組の日本風に言えば股旅物ってところかな。国道66号線を旅していくドラマです。そのオープニングに流れてました。アメリカンポップスなオールディーズです。

 他に、4ビートなスィングジャズ、ロック、ロックンロール、ジャズコーラスなどなど。

 アメリカンポップス版と、ナットキングコールの4ビート版が有名だと思います。ナットキングコールと娘のナタリーコールのを並べてみました。親子だけあってよく似てる(そっくり?)んだけど、ナタリーコールのほうが年代があとだけあってより都会的かしらね。4ビートのはもう一曲「Bobby Troup」のも入れてあります。

 チーターガールズってのは、私の大好きないつもの「ディズニー組」です。ディズニー系の音楽ってやっぱり好みです(笑) チーターガールズの女の子、一人 Aly&AJ の Aly にそっくりなんだけど Wiki みたら別人らしい。Aly&AJ もデイズニーです。

 ちなみにリズムはそれぞれだけど、どれも基本的な12小節のブルースコード進行なんで、それなりのリズムでギター弾いて歌うと楽しいです。

 
自分で歌ったのもアップしたので、聴いてね! 2011.05.02)