ジャズ一覧

アンドリューシスターズの合成動画

 タイトルをどう書けばいいのか迷った。モンタージュとかコラージュとかってのはちょっと違うと思う。やっぱり合成でいいのかな。

 早い話が、Youtube でアンドリューシスターズ(The Andrews Sisters)を聴き漁っていたら、動画は古いのに音声だけ妙に新しくてノリがいいのに出会いまして。なぜ、アンドリューシスターズを聴き漁っていたのかは、私は女性コーラス「~シスターズ」ってのが好きだってだけです(笑)

まずはこれを見て(きいて)ください。
Andrews Sisters’ “Boogie Woogie Bugle Boy Of Company B”

 かっこいいでしょ?(笑) 活動は1930年代~40年代だそうですから、私の両親世代かな。BIE MIR BIST DU SCHON(すてきなあなた)が最大ヒットみたい。Youtubeにいっぱいありますので関連動画をたどって聞いてください。私がいま聞いてるオールディーズがまだオールディーズではなく、ヒットポップスだった時代にすでにオールディーズな人達でした。

↓上の動画を見たあと、これ。
Andrews Sisters sing Candyman

 雰囲気はあるけど、中身は全然違うってのは一目瞭然じゃなくて、なんていうんだ、聞けばわかる。でも動画が見事にぴたりとはまってる。曲は違うけど動画の一部はさっき見た「Boogie Woogie Bugle Boy」のものです。

↓この音声の中身の本物はこれ。
Christina Aguilera – Candyman

 日本人じゃ、どうがんばってもこうはできないよな、というのはまた別の話で、あ、いや、MAXあたりだとけっこういいかも。安室ちゃんセンターにして脇をMAXで固めてこういうのないかしら。だから、そういうのはまた別の話で(^_^;)、この合成すごいと思いました。違和感がない。何も言われなかったら「Andrews Sisters sing Candyman」を、おおいいな、で終わらせちゃうかも。


「つめ」、歌ってみました

 平岡精二作詞作曲、いろんな人が歌ってるけど、オリジナルはペギー葉山です。昭和34年だそうな。聞くだけは小学生のころからこういうのも聞いていたけど、覚えたのは高校生のときだったはず。

 ゆったりした曲の楽器ソロはMIDIだとメチャ難しいのをあらためて実感させられました。実は歌はもうかなり前に録音したんですけど、クラリネットとヴィブラフォンなしのギターだけだとどうしても「つめ」の雰囲気が出ないんでアレコレやってました。でも無理ですね。なんとなく似た雰囲気になったところで一段落させます。歌さえ終わってれば、MIDIの編集はヘッドフォンつけてれば夜も夜中でも問題ないんで、こつこつといじれます。とはいっても、やるときはその気になって一気にやらないと飽きちゃって無駄に間が空きますけどね。

 この歌とセットになってる「あいつ」も嫌いじゃないんだけど、コード進行も匂いもそっくりなんで「つめ」だけでもうおなかいっぱい感が(笑)

 今回は MusicCreator5 で作った第一号です。一曲全部作ってみて、だいぶ使い方に慣れてきました。付属の音源TSS-1のドラムにブラシがあるので使いました。他の音もすべてMC5の付属音源です。MSGS互換のTSS-1があるおかげでブラシをやってみようと思ってこの曲にしたんですが、ボーカルの録音や編集は CubaseLE5 のほうが使い勝手が良いです。ボーカル録音時の音の癖も CubaseLE5 のほうが好みです。今回は録音はMC5で行い、ノイズだとかの雑音除去や無音部分の処理操作がめんどうだったので、WAVEを Cubase に読み込んで編集してからまたMC5に持ってきました。移動時にどこかで何か間違いをしたようで数カ所音がつぶれてます。

(すいません。あらためて自分で聞き直したら音が大きすぎたようなので一度削除して登録し直しました)


イメルダ・メイ(Imelda May)その2

 Johnny Got A Boom Boom(イメルダ・メイ(Imelda May )参照)ですっかりはまってしまった私はCDをもう一枚買ってしまいました。アルバムとしては彼女のものでなくて、「Blue Harlem」なるスイングジャズのコンボです。このアルバムだとシックステット(+彼女のボーカル)だけど、10人のビッグバンドっぽいアルバムもあるらしい。

 Blue Harlem シックステットの構成は「テナーサックス+バリトンサックス+トランペット+ピアノ+ベース+ドラム」。管楽器が入るととにかく響きが厚く豪華になりますね。

 youtubeで該当作品を見つけられなかったので(BlueHarlem+ImeldMayの別の作品はあることはある)、アルバムタイトルの「Jump Jack Jump」に期待して買いました。そう、オールディーズの匂いがするロカビリー系統のアルバムだと思ったのです。バックバンドがジャズコンボってのはわかってましたけど、ジャズコンボでロカビリー、おお!いいじゃないか!と(笑)

1.Jump Jack Jump
2.Teardrops From My Eyes
3.Act Right
4.Fever
5.Blues For Dudes
6.For You My Love
7.’Til The Well Runs Dry
8.Stormy Weather
9.Hats Off To Mr. Lee
10.I Don’t Hurt Anymore
11.My Baby Just Cares For Me
12.What Good’ll It Do Me?
13.Birthday Blues
14.The Jeep Is Jumpin’



 
 聴いた感想は、全体的にはロカビリー...ではなかったです。スタンダードな4ビートのスイングジャズ主体で、これはこれでとっても心地よいアルバムでした。買って良かった。アルバムタイトル曲だけ若干弾けてるかなってくらいで、他はほとんどスイングです。

 衝撃度は Johnny Got A Boom Boom が収録されてる「Love Tattoo」にはかないませんけど、十分聴き応えのあるアルバムでした。

 Youtubeになかったので、典型的な4ビートのを一曲数十秒分だけ試聴的に置いておきます。

「For You My Love」