「 健康 」一覧

血糖値コントロール、目標値は少し高めに。

 久しぶりに1型糖尿病ネタを(笑)
 もうね、1型糖尿病飽きたです。それを前提に生きていかなきゃならないって気負ってた時代もありましたけど、もう9年と半年。毎日毎日当たり前に血糖値はかって炭水化物を予測してインスリン打ってを繰り返してると、それが日常なんで細かいことはもういいやってなります。もっと長く1型やってる人もいるんで飽きたなんて言ってられないんですけね。

 最近、1型の方のブログをあちこち読んで、なんだか血糖値とかHbA1cの値に一喜一憂してるのを見て、ちょっと気になったので書いておこうと思います。血糖値だとか1型ブログなどのキーワード検索でウチのブログにたどり着く人もそこそこにいるようなので(笑)

 血糖値の正常値って、食前(空腹時)80~100、食後100~120って言われてますよね。でもこの値は「スイ臓が健康で人間の自動制御機能がちゃんと働いてる人」の平均値なわけです。食前が低くて食後に少し上がる。当たり前です。それを人間が持つセンサーが検知してインスリンを繰り出し、血糖値を一定に保つ。

 血糖値に限りません。人間の自動制御はものすごいです。あたりまえ体操ってのが一時ブレークしました。足を交互に出すと歩けるっての。あれが当たり前の人は健康だからなんです。交互に出すだけで歩けるわけではない。倒れないように微妙にバランスをコントロールするセンサーが機能してるから歩ける。赤ちゃん見ればわかりますよね。すい臓だって甲状腺だってみんなそう。何事も無ければ「あたりまえ」に機能するだけ。

 で、血糖値。インスリンが枯渇して外部から注射で補給するしかない1型糖尿病は「食前」とか「食後」なんて関係ないです。食前が高くて食後が低くいのも有りです。

 健常者のパターンに近づける努力は無駄です。健常者じゃないんですから。

 高血糖を続けると合併症(主に毛細血管が詰まる(壊れる)ことから発生するいくつもの障害)が怖いのと、低血糖による脳細胞への打撃。下手すりゃ昏睡から死亡へ繋がります。怖いのはこれらであって、健常者とのパターンの違いではありません。

 健常者の血糖値パターンを目指すのではなく、高血糖と低血糖を防ぐ血糖値コントロール。これを目指さないといけないのです。

 合併症が気になる高血糖は200くらいからと言われているようです。低血糖のほうは60以下くらい。じゃあ、60~200に入っていればいいかとなるとそうでもない。

 上下の幅が少ない方がいいんですよ。HbA1cってのは平均値です。低血糖頻発+たまの高血糖でも数値的には良い値が出ちゃいます。それじゃだめです。ジェットコースター的な血糖値変動は血管へのダメージが大きい。

 血糖値コントロールを低めに考えるとどうしても低血糖を頻発するし、焦って補食するから反動で高血糖になります。ジェットコースターになってるのは数値ではわかりませんから平均値としては良い数字が出るので医者は安心します。こちらの毎日の生活を見てるわけじゃないですから平均値的な数値でしか判断できない。1型に関しては「自分で判断し決断しないと寿命は縮まる」と思って間違いないです。

 私の血糖値コントロール目標値は150です。この近辺におさまるようにカーボカウントして食前インスリンを打ちます。カーボカウントも「なんちゃって」です。成分表記に炭水化物があるものはそれを信じます。そうじゃないものは経験と勘(過去の蓄積)です。ファーストフードなどサイトがあるものはそこでチェックします。カップ麺や袋麺、コンビニの弁当なども表記があるものはそのまま信じます。

 たまに(よく、か)大きく外れます(^_^;)
 200をちょっと超えるってのはよくあります。200前後ならインスリン追い打ちはしない。220くらいからちょっと考える。
 つい先日、引っ越し直後に買ってきたハンバーグ弁当。予測が大外れしまして、何年かぶりに血糖値300超えて焦りまくりました。ハンバーグって肉かと思ったらきっとあれは違うのね。小麦粉が大量に混ぜてあったんだと思う。食感じゃわかんない。チーズにごまかされたかも。

 目標値150で生活して、HbA1cはずっと6.5前後です。7を超えたことはありません。6以下になったのもカーボカウントを始めた直後を除くとありません。発症して9年と半年ですが、いまのところ合併症の気配はまったくないです。

 もう一つ。たぶんそのうちまた書くと思いますが、書かないかも知れないのでここでついでに(笑)

 炭水化物を極端に制限する血糖値コントロールが話題になってるようですが、あれはダメです。いや、「1型」には絶対ダメです。
 1型2型を明記しないですごいすごいと書いてるのはインスリンが自前で調達できている2型糖尿病が対象です。1型でもそれをやってて効果あると書いてる人がたまにいますが、1型でもまだ完全枯渇してない人もいるんですよ。ハネムーン期と言いまして、発症から長ければ数年はわずかにインスリンが出る。そういう人は1型であっても症状としては2型と同じなんで、2型に効果がある方法はその人にも効きます。
 でもマネしちゃダメです。炭水化物を摂らない(インスリンを極端に減らすか打たない)でも生きていくためのエネルギーはタンパク質とかケトン体がどうのこうのって宣伝してますけど、1型と健常者(2型)ではケトン体の影響は100倍違うそうです。1型糖尿病で炭水化物とインスリンがなかったらケトアシドーシスで昏睡から死に至る確率が100倍高まると思った方がいいです。


どうやら「めまい」は終息したような気がします

 覚え書きを兼ねて書いておきます。ブログに書いておくと「あれはいつごろだっけ」となったときに参照できてとっても便利。たぶん多くのブログ主もそう思ってるはず(笑)

 発端は「めまいと吐き気」に書いたとおり、本年5月16日。それ以前はもう年月的にはっきりした記憶はないけど、1型発症前後にひどいめまいが起きたことがあります。9年くらい前?これはもう時効。病気って手術でもそうですけど、5年間何も無ければ完治。5年以内は「再発」で、その後は新規の発症扱いなようです。途切れなくずっと続くのは「慢性」。

 さて、めまいの記録。実はかなり詳細に記録を取ってきたんだけど、ここに乗せるのもアレなんで日付プラスアルファ的な抜粋を載せて覚え書きにしときます。

1:5月16日(土):12時~20時頃まで
2:6月15日(月):朝6時~19時頃まで「何も食べないでも血糖値は上がる」参照
3:7月13日(月):朝6時~15時頃まで
4:7月22日(水):朝9時~12時頃まで
5:7月27日(月):22時~24時頃まで
6:8月 1日(土):11時~18時頃まで
7:8月 8日(日):危なかったが午後1時間ほど昼寝したらおさまった。
8:8月14日(金):耳の違和感はあったがいつのまにか正常に。
そのまま今に至る

 並べてみると最初に月単位で大きな波(三回)が来て、その後短い周期で大きめなのが三回。さらに周期が短くなって波が収まっていった。ように思えます。
1回目と2回目の間が約一ヶ月。
2回目と3回目の間が約一ヶ月。
3回目と4回目の間が9日。
4回目と5回目の間が5日。
5回目と6回目の間が5日。
その後、一週間目と6日目に軽いのがあっておさまったような。

 自然界のなんかの法則に当てはまりそうな気がしません?(笑)本震が三回来て、余震が三回みたいな。
耳鼻科には結局行きませんでした。一番最初にCTまでやって脳に異常がないのを確認してるし、とにかく横になって耐えてれば時間の経過で復活するってのがわかりましたからね。

 で、思ったこと。のど元過ぎれば熱さを忘れるって言いますが、どこかがおかしくなると(普段と違ってくると)意識するけど、普段はまったく気にしないことって多いですね。

 今回、首を回す、つまり振り向くと引き金引いちゃう感じが多かったのですが、生活してるととにかく首を回す回数多いです。たとえばトイレ。ドアあけて入りますでしょ。あの狭い中で必ず一回向きを変えます。くるっと廻る。無意識にしてますけど、けっこう目に来ます。台所もそう。よほど大きな台所でも無い限り、かなりくるくる体を回します。冷蔵庫開けて中から出して.とかね。
 体を回すとき、首から先行して回すんですよね。それを意識して首を回さず体ごと一緒に廻るようにしてました。

 そだついでにもう一つ。めまい=耳、みたいなんで久しぶりに「大人には聞こえない音」をやってみました。前回からもう5年近く経つんですね。
 5年前は左耳が14000Hz、右耳が13000Hzまで聞こえていたと書いてあります。やはりブログは自分史(笑)

 5年後のいまは、左が12000、右は前と変わらず13000まで。なぜか左だけ落ちてる。というか、右が全然落ちてないってなぜなんだ。耳年齢としては50歳以下だそうだ。耳だけ若い。

 多くのめまいは耳から来て、難聴気味になるようなんで、私のめまいは耳とは関係なさそう。


何も食べないでも血糖値は上がる

 また「めまいと吐き気」に襲われてしまいました。

 前回が5月16日だったからちょうど一ヶ月くらいですか。一ヶ月間ずっと調子が悪かったわけじゃあありません。そりゃ、完全復活してたわけでもないんですが、まあまあそこそこ元気ではいました。

 一昨日、6月15日月曜日の朝6時、トイレに行こうと起床したときにクラっと。

 今回はなんとなく予兆はありました。数日前から、耳の奥が気圧の変化で詰まってるときのような「何となくの違和感」があったんです。前回ももしかしたらそんなのがあったのかもしれません。経験してないことは予兆にも気づかないってことかもです。

 前回のような、「もうだめかも、救急車呼ぼう」となるほどひどくはなかったので、とにかく横たわってました。前回からの学習もあると思います(笑) 眼振が収まって吐き気が止まれば一件落着ってわかってますからね。

 前回はお昼頃からおかしくなって、夜8時には起き上がってトイレ行けるくらいまで復活しましたから約8時間の苦行。
 今回は朝6時からですから午後早々、遅くとも夕方までにはなんとかなるかなと思ったんですが、立ち上がれるようになったのは19時頃。13時間もかかってしまいました。
 思うにこれは「点滴のおかげ」だろうと思います。点滴苦手ですがやはりあれの効果は大きい。胃が何も受け付けなくても、水分と栄養剤と薬(吐き気止めとか)が体に入ってくるんだから。適切に治療したか自然に任せたかが5時間の差になってそう。

 タイトルに書いた本題に移ります(笑)
 血糖値。朝起きてクラっとしたとき、例によって低血糖をまず疑ったので血糖値測定。138でした。私は基礎インスリンは朝打ちなんで、朝はだいたいこの程度が普通です。
 低血圧も疑って測定。問題なし。記録しなかったけど100くらいあったかな。とりあえず、基礎インスリン(トレシーバ)はいつもどおり打ちました。

 そのまんま横たわり、身動きできず。吐き気がすごいんで水分も摂らなかった。水分は摂らないとだめかもと思ったんですが、トイレに行きたくなったらどうすりゃいいんだの気持ちが強くてね(^_^;) 前立腺肥大もあるからあんまり我慢したくないのですよ。

 6時間後(12時頃)207。
 9時間後(15時頃)218。
14時間後(20時頃)224。

 測定したときに、超速効を1~2単位くらい打とうか迷ったんですが、前回のとき、看護師さんに救急時は若干の高血糖より低血糖を起こす方が怖いと言われ、自分でもそうだそのとおりと思いましたから、200くらいなら良しと。

 だいぶよくなってきたので、ここで最近お気に入りの「バニラヨーグルト(炭水化物14.9)」とアイスを少しに牛乳を150cc。超速効を3単位。カーボカウント+食前血糖値で考えるとインスリン5単位くらいになるんだけど、予測外れの低血糖が怖いんで高めを覚悟で3単位。食後2時間後で227だったから計算どおり5単位か4単位でもよかったかも。

 何も食べず、インスリンも打たずにいると、どんどん上がるんじゃなくて、なぜか200くらいになる。なぜだろ。基礎インスリンが効いてるから? ということは基礎インスリンの定量を少し増やせばその200くらいのがもう少し下がるってことかしら。でもそうすると毎食事の超速効の計算がまた変わってめんどうになりそう。とりあえず、基礎を1単位増やしてみよう。

 半日絶食というのはよくあります。朝食抜きの検査なんかよくありますし。でも丸一日ほぼ絶食ってのはそうそうありません。1型糖尿病はシックデーと称しまして指導を受けてます。体調崩して食欲がなくても、なんとかしてなにかを食べろ。食べてインスリン打てと。ウィダーゼリーとかおかゆとかプリンとかアイスとか。食べられる物を食べろと。

 食欲がないってのを通り越して体がなにも受け付けない状態が続くようなら病院に来いと言われてます。健常者とはちょっと違うんですね。家で待機ではないんです。そういうときは点滴が命綱になります。
 実はこれ忘れてました。いまブログを書こうと頭を整理しててこの件を思い出しました(笑) 1型発症して9年ちょっとになりますが、体調を崩しても食欲がない程度のことしかなかった。食べようと思えば食べられる程度のシックデーしかなかったです。去年の正月にノロにかかって下痢と嘔吐も経験しましたけど、なぜか軽く済んでしまい、病院に駆けつけないですみました。ノロのときは目が回らなかっただけ今回よりマシだった気がする。

 さて、このめまい(眼振)、また一ヶ月後とか短期間に連続するようだったら、耳鼻科にいかないとだめでしょうね。前回救急外来にいったとき、翌朝までにすっかりよくなっちゃったし、その10日後の再診日もどこも調子悪くなかったのでそのまま終わってしまいましたが、連続するようならどこかおかしいわけでちゃんと検査しておかないと怖そうです。

 そうそう、体重ですが、前回からのこの一ヶ月で約1キロ減り、今回の件で一晩で約600g。結局一ヶ月で計1.6キロ減りました。原因がめまいなんで散歩とか運動もやりにくく(頭動かすとくらっときそうで)、減るのは筋肉ばかりな感じです。ちょっとやばい。