健康一覧

フリースタイルリブレ、最初の二週間が過ぎました

 まずは写真を、

二週間つけたままのセンサー。つけ始めのときと見た目も感触も感覚も全然変わりません。
 
 

 剥がした後。若干赤くなってるように見えますが、心配だったかぶれとかかゆみとかは全然ありませんでした。写真、ちょっとぼけてるけどわかるかな。左の二の腕のこの部分を自分で写すのって難しいです。剥がした後、風呂入ってからもう一度写そうと思ったらもうどこがソレだったのかわからなくなってました。
 
 


 上が剥がしたあとのセンサー。針みたいに見えますけど、金属じゃないです。触ると柔らかい素材でできてます。でも思ったより長い。想像ではこの半分くらいの長さが皮膚に刺さってるというか埋まってるんだと思ってました。装着中は痛みはまったくなかったし、違和感もなかったです。年寄りで感覚が鈍ってるから? あちこちの利用者ブログを読むと違和感あったって書いてる人もいないわけじゃないです。
下が取り付けるときのアプリーケーターの「針」です。この針の内部に上の画像の柔らかいセンサーが入ってるわけです。
 
 
 体に貼り付けたセンサーには電源を使いません。分解してみないとわからないけど2週間持つ電池が入ってるのかな? 測定チップだと有効期限三年くらいあるのにリブレのセンサーはもらった時点で半年先までが有効期限でした。たぶん電池内蔵なんでしょう。
 測定器本体はリチウムイオンの充電式です。仕様書には通常使用で一週間と書いてありましたが、二週間使って半分くらい残ってました。測定する回数を最大限(15分ごと、一時間に4回)で計算すると一週間なのかもしれません。私は1~2時間に一回くらい。多いときでも1時間に2回は計ってないと思う。それでもいままでの一日4回が基本だったことを思えばかなりの回数計ってますけどね。

 さて。使用した感想を一言で言うと、
 もうこれなしじゃ1型糖尿病やってけない
 です。

 いやほんとにこれはすごい。医学(医療機器?)の進化はほんとにすごい。嬉しい。
 これがどのくらい画期的ですごいかって何にたとえればいいんだろ。在来線で8時間もかかってた東京大阪間が新幹線で2時間半とか?
 いや、ちょっと違うな。マニュアルミッションでクラッチつなぐのができないで大変だった人がオートマなら運転できるとか。うん、ちょっと近いかも。血糖値コントロールできなかった人ができるようになる、かもしれない。実際にHbA1cが高くてコントロールが難しいと言ってた人のA1cが改善されたという話はよく目にします。

 もう一つ、たとえましょうか。インスリン打ってる人しか興味ない話だからインスリンの話で。
 超速効型インスリンができるまでの人達は速効型で食事の30分前に打たないといけなかったようです。1型発症前に別件で入院してたとき、同室の糖尿病の方々見てて、この人達いまは病院だから30分前に注射できるけど(定時に食事がくる)、退院したらどうなるんだろうか、と心配になったもんです。
 たぶんその当時の人が食べる30分前に打つ即効型インスリンから食べる直前に打てば良い超速効型インスリンに変わったときもきっと同じように「世界が変わった」的な感想をもったんじゃないかなと思う。私は幸に発症時点(2006年)にすでに超速効型インスリンがありました。

フリースタイルリブレは血液を計ってるのではなく、皮下にあるグルコースの変化を計ってます。以下グルコース値と書くのはめんどくさいんで血糖値と表現しときます

 なにがすごいって、いままでは血糖値測定するのに一回ごとに測定器にチップを入れ、一回ごとに針で突き刺して血液を出して計っていました。測定チップも無限にくれるわけじゃないし、せいぜい一日4回分、月に120個。だから毎食前と就寝前の測定が基本で、食間は「あ、もしかしたらやばいか?(低血糖or高血糖)」と感じたときしか計りません。
 測定回数もそうですが、とにかくイヤなのがパッチンと針を刺して血を出すこと。冷静に考えればたいした痛みではないんです。生きていくためと思えばどうってことない痛みなんですが、イヤな物はイヤ。刺青というか逆刺青。いくら洗っても取れない内部からの点出血跡が点々とついていきます。

 当然の結果として、コントロールの目標は「毎食前の血糖値が想定内に収まってること」になってしまいます。食間はよほどの高血糖感や、低血糖症状が起きなければそれだけで安心してた。そういうコントロール方法でHbA1cも6.5前後を維持できてましたしね。

 フリースタイルリブレだといつでも確認できる。これ利点が多すぎて語りきれない。欠点がないとは言いませんが、車を持つと維持費が高いとかたまに故障するとかパンクするとか、せいぜいそんなもんじゃないでしょか。
 とにかく、外出中に突然低血糖(気味)になって焦ることがなくなるだけでも他のデメリットは無視できる範囲だと思ってます。

 計ったときだけのピンポイントな結果ではなく、センサーの内部では15分ごとに値が自動的に保存されており、測定器をかざしたときにその時点の数値での結果と、その15分ごとに保存されてる値を線グラフで見ることができます。つまり計った時点で「いま上昇中なのか、下降中なのか」がわかる。これってものすごく大事なことです。前に「10分て長い」のときに愚痴りましたが、低血糖の時、補食して上がってくるまでじっとしてられなくてついつい余計に補食して血糖値が跳ね上がることがあります。それを多少は抑制できます。

 
 そこらの使用感や使ってみての血糖値コントロールへの影響については稿を変えてもう少し続きを書きたいと思います。明日か明後日には書き込みますね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


前立腺肥大とPSA

 1月半ばにまたセンター南(横浜市都筑区)の木村泌尿器科で診てもらってきました。

 私、PSA値が高いです。一般的に言う上限を超えてます。前立腺針生検を推奨されるレベル。
 発端は「前立腺生検は「検査」?「手術」?」を参照してください。2010年12月の出来事ですからもう7年以上前のことですね。

 PSA値は前立腺ガンのマーカーとして4.0までが正常といわれています。7年前に健康診断でPSA6となり、針生検を指示されましたが、その後いろいろネットで情報を得て針生検もせずに様子を見てきてます。一病息災(一病じゃないけど)とはよく言った物(笑) バセドウ+副腎+1型糖尿病で定期的に血液検査してますので、そのついでに半年~1年に一度PSAもチェックしてもらってます。負担額は高くはないですけどそれなりにかかりますから毎回ではないし、1型糖尿病(他)の内科の検査とは関係ないので言わないとやってくれません。

 しばらくは4~7を行ったり来たりしてました(泌尿器科に行ってきました2015/01、参照)。前立腺の容量が正常値は20ccで、前立腺の大きさが正常のときのPSAが4.0までなら問題ないだろうということなんだそうです。PSAは前立腺の容量に比例するとのこと。その2015年のブログになぜか書き忘れてますけど、その時点でPSAは8くらいまで行ってました。ただ、検査の結果、前立腺の容量が60ccもあるのでPSA12までは正常値の範囲だと泌尿器科の先生に説明を受けてます。

 そして、一年ちょっと前の一昨年12月ごろ定例の内科の血液検査でPSAが10をこえ、12まで許容範囲と言われてはいたものの、さすがに怖くなって2年ぶりに泌尿器科へ。覚え書きとしてブログに書いておくべきでした。そのときの泌尿器科の検査でも前立腺ガンの疑いはゼロ。前立腺容量がさらに大きくなって70ccもあると。正常値20ccに対して70ccだから3.5倍ですね。PSAは14まで許容値でまだ8だから範囲内だと。それ以上の問題もないのでまたしばらく様子見ということに。

 そして、一年経過した昨年末の血液検査でPSAが12をこえました。14までは許容範囲と一年前に言われたわけですが、やはり二桁ともなると不安ではあります。なんだか年に一回の定例みたいになっちゃいましたが泌尿器科へ。
 触診とエコーなどの結果、前立腺ガンの疑いはないと。決してゼロではないけど、針生検をしても意味が無い程度の確率だそうです。
 前立腺の容量がさらに肥大して現在80ccもあるんですと。これは心配しなくていいのかと思いますよね。いまのところ心配しないでいいんだそうです。問題が起きるとしたら排尿障害と頻尿。いわゆる「トイレが近くて数十分おきにトイレに行く」「トイレに行ってもなかなか排尿できない」ってのがないなら問題ないそうです。前立腺の肥大が原因で癌化につながることはほぼないとのことでした。
 不思議なことに私、それらの問題が起きてないんです。一日の排尿回数が8回を越えると頻尿と診断されるそうです。6~8時間は寝てるとして起きてるのは長くて18時間。2時間に一回トイレで9回です。私、三時間は我慢できる(逆に言えば最高でも三時間くらいしか我慢できないw)んで6~7回かな。それ以上ガマンすると出が悪くなって不安になりますが、そこまで我慢しなければ排尿もスムーズ(とまで言えなくても困難ではない)。泌尿器科の検査の一つに排尿テストがあります。できるだけ排尿を我慢して膀胱を満たし(この時点のエコーで容量がわかる)、それから排尿してもう一度エコー。尿が残ってると頻尿につながるわけですが、私はきちんと空になってるそうです。

 頻尿になると睡眠が持続できないわけです。数時間しか睡れない。昼間は最高で3時間程度なんですが、夜間は就寝前3時間くらいから徹底して水分を取らないようにしてますので、もう少し大丈夫。私はいまのところ、明け方5時~6時前後に一回トイレにおきます。そのまんま二度寝します。リタイア族の特権として二度寝しても問題ない。起床時間の制約がないですから。再び自然に目が覚めるまで2~3時間は眠れます。だから大きな問題はない。

 前立腺を小さくする薬はないわけじゃないが、その目的(小さくする)だけの薬はないんですって。
 頻尿や排尿困難のときに処方する薬が結果的に前立腺を小さくする効果があるけど、その効果は服用中のみで、薬をやめたら元どおり。いま不便を感じてないなら高い金を出して服用する必要はないんだそうです。さらに、前立腺肥大のみでその薬を処方できない(保険適用外)んだとか。

 でもPSA12を越えましたからね。一年に一度ではなく、半年ごとにPSA検査をしてもらうつもりです。たぶんそのうち排尿障害やら頻尿やらでその薬を服用する時期が来るんでしょう。来て欲しくないけど、前立腺肥大って老化も関係あるし、体質とかどうにもならないものもあるしね。生活環境(様式)も大きいらしくて、これは変えようがあるけど、この歳でそこまで努力して伸びる寿命ってどれほどか、とか思っちゃう。生きて行くにはQOL(クォリティ オブ ライフ)も重要だよね。我慢するのは血糖値コントロールだけで勘弁してもらおう。

 でもね、つくづく思った。最初の時に前立腺針生検しないでよかったなぁって。あのとき、やらないと決断できた自分を誉めて上げたい(笑)

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ


フリースタイルリブレになりました

 前回(11月)に主治医に言われたとおり、1月(30日火曜日)からフリースタイルリブレになりました。

 医療費負担が若干増えました。ほんとに若干。月あたりで千円強の増加ってところです。通院間隔も以前三ヶ月に一回だったのが二ヶ月(ではなくて8週間)に一回に増えました。それでもネットでいろんな人のを見ると月に一回って人が多いみたいなのでまだ恵まれてるほうかな。
 センサーが一つで14日分なので一ヶ月に一回だと数日分はセンサー無しになります。8週間ごとだと「月末の週の火曜日」とかって覚え方ができないんですよね。だんだん繰り上がってくる。

 

 さて、もらってきた現物の写真。見てのとおり4箱と測定器本体。センサー一つで14日分だから月に2個。二ヶ月だから4箱と先生が思ったのか院内薬局がそう思ったのか。開けてみてビックリ。一箱に2個のセンサーが入ってます。だから二ヶ月分で二箱でいいんです。保険負担はセンサー4個分しか払ってません。次回病院に行ったときに確かめます。次回は現物無しでお金だけ払う(先にもらってるから)ことになるんじゃないかな。

 
 

 取り付けるときはこんな感じです。三コマで簡単そうに説明されてます。実際にそのとおりでワンツースリーで簡単につけられます。

 
 

 が!!!!! これですよ。見てこの針。上の画像の左端手順7のところ。ワンツースリーのワンね。こいつがね。すっげーーーーーーー怖い。押し込むときにけっこう力が必要です。ポンと押しただけで針が飛び出ちゃったら事故が怖いですから。腕に押し当ててそれなりの力を加えないと出ないようになってる。それがとにかくほんとに怖い。痛いんじゃないかと。怖々押してるといっこうに取り付けられない。思い切ってぐっと押したら...全然痛くないんで拍子抜け。もちろんバネで押し込まれるわけで音はしますけどね。痛みはゼロでした。
 で、その怖そうな針は単にガイドです。そいつが体に入ったまま残るわけじゃなく、その針の中に細くて柔らかいセンサーが入ってて、そっちだけ体に残ります。
 つけた直後から違和感はまったくありませんでした。最初のウチ、なんどもなんども、ほんとについてるんだろうか、剥がれて落ちちゃってないかと不安で服の上から触って確かめてしまったくらい装着感がないです。
 一番不安だったのは皮膚のかぶれ。点滴針を固定する大きな湿布薬風の絆創膏(?)だと数時間で真っ赤に腫れ上がるんです、私。事前に先生に聞いたら、そういう人でも普通に使ってるようで、問題は起きてないようだと。もう丸二日以上経ちますが大丈夫です。剥がれたかどうかも心配しなくなったくらいに馴染んでます。

 
 

実際に腕についてるのはこれ。いわゆる二の腕のプニプニのところ。男だし、もう歳だから夏でも平気だけど若い女の子はつけたくないかもしれないですね。

 
 

 測定器はこんな感じ。おサイフケータイやSuicaみたいな非接触型のなんとかってやつです。上の画像のセンサーの上にかざすだけ。普通にシャツを着て、寒いので厚手のフリースも着てますが、そのままその上から測定できます。素晴らしいのは内部的に一分に一度データを取ってること。測定器をかざすとそれらが全部取り込まれる。数値として測定器に記録されるのは計ったときの分だけですが、一分ごとの変化をグラフとして表示できます。体につけたセンサー内部には直近8時間分のデータしか残ってないそうで。8時間以内に測定してデータを測定器に取り込んでくれ、みたいな説明があります。測定器には90日分(?)だったかな、蓄えられます。
 パソコンとUSB接続することでデータをパソコンで管理できます。管理用ソフトはアボットのサイトからダウンロード出来ます。接続すると測定器からパソコン側にその時点でのデータが移されるわけではなく、接続中のみ操作できます。レポートとしてPDF出力出来るので月一回月末とかに決めて一ヶ月分をPDF化しておけばいいんじゃないかな。

 
 

 その一部(一日分)はこんな感じ。一日分ずつ表示されるのではなく、私が画像として切り出しただけです。グラフの○が測定したとき、下の数値が計ったときの値で、※印つきにの数値は測定チップで実際に血液を計った数値。珍しくって何回も計ってますけど、そんなに計る必要はないw 睡眠中でもちゃんと変動がグラフになって表示される。
 31日の起床時に49なんて血糖値が出たんだけど、自分では全然低血糖感がなくて血液で測定してみたら115でした。こんな誤差があったら信用できないじゃんと思ったけど、説明書に新規センサーを取り付けた後、一日は安定しないと書いてありました。冒頭に書いた「チップで血液を使った測定がなくなるわけじゃない」ってのはこのためもあります。低い値が出たとき、慌てて補食ではなく、チップで計って様子をみないと不安です。

 グラフ内の数値が四角で囲まれてるのは何を意味してるのか、まだ把握してません。

 レポートも種類がたくさんあるんですが、どれが何でなんの役に立つんだかまだよくわかってません。データがたまってこないと出てこないレポートもあるようです。2週間後にセンサーを剥がしたあと、針の部分がどうなってるか確認するつもりです。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ