健康一覧

カートリッジタイプのインスリン注射器

 インスリンを注射するには注射器にはいくつかタイプがありますが、私が使ってるのは、中身が空になったら丸ごと捨てるディスポーザブル(使い捨て)と、カートリッジタイプの二種。基礎インスリンのトレシーバがディスポーザブルで、食前に打つ超速効型のヒューマログがカートリッジタイプ。

 ディスポーザブルの良いところは、万が一不良品でインスリンが打てなくても、他のに替えればすむこと。どんなものでも不良品ってありますよね。私らにとってインスリンは命綱なんで、常に複数本用意して不良品にあたっても心配ないようにしてます。
 でも11年半の病歴でほんとに不良品だったのはゼロです。注射する前に空うちしてちゃんと打てるか確認するんですけど、超速効をノボラピッドから若干安めのヒューマログ(ディスポーザブル)に替えたとき、空うちがなんかシャキッとしないのが釈然とせずに薬局で取り替えてもらったことがあっただけ。そういうもんだと理解してからは問題ないです。

 カートリッジの良いところは安いこと! そりゃそうです。ディスポーザブルは中が空になったら本体のペンごと捨てちゃうんですから。カートリッジタイプは消耗品が小さなインスリンカートリッジだけだから当然その分安くなる。

 デメリットはディスポーザブルの逆。いくらカートリッジの換えを準備してあっても本体が壊れたらアウトなんです。インクカートリッジ型の万年筆で本体が壊れたら使えないのと同じ。ボールペンなら詰まったら新しいのに交換するだけですからね。その保険のためにディスポーザブル(保存期限二年)も予備として二本在庫しておくようにしてます。

 今回、ちょっとした勘違いで使わなくてもいいディスポーザブルを一本開けてしまいました。カートリッジタイプの本体が壊れたと思ったのです。とりあえずディスポーザブルを使って事を済ませ、サポートディスクに電話。少し話しただけで自分の勘違いがすぐわかりました。カートリッジタイプに替えてからまだ2年半。初めての失敗です。メーカーのサポートに問い合わせたらすぐわかりました。引っかかる人いるんでしょうね。ところで、この命に関わる患者が使う医療機器。一応、問い合わせ時間とか休日とか書いてありますが、自動応答があって、選択すると24時間いつでも人間が対応してくれる(ようです)。前に血糖値測定器が壊れたときそうでした。かかってる病院や主治医など細かく聞かれましたが、翌日には代替品を宅急便で送ってきました。まあ、最悪なときは救急車ってのもあるけど。

 全体の画像。こんな感じになっていて、下の方のダイヤルを必要量にあわせてお尻を押すとその分だけピストン(押し上げ棒?)が上がってカートリッジからインスリンを打ち出します。

 もうすぐ使い終わるカートリッジとピストンの状態。こんな風にピストンが上がってくるわけです。

 新品のカートリッジとピストンの状態。使い終わって上まで上がったピストンは、この新しいカートリッジをセットすると、ピストンはぐぐっと押し戻されて一番下まで戻ります。

 さて。事件はここで起こりました(笑)
 おでかけして、昼食も外食しようとなりまして、当然インスリンも持つわけですが、残りが微妙に少なかった。一回や二回の食事には十分あるとは思いながら、事故やら災害やらで足止め食らうと困りますので、使いかけのを外して、新品をセット。当然ピストンは三番目の写真のように下がります。

 帰宅して、新しい方を外し、使いかけのをセット。食事の前に、さあ注射しようとしたらいくらダイヤルを回してもインスリンがまったく出てこない。ピストンが二番目の写真のようにそこまで届いてないんだから当たり前なんだけど、壊れたと思い込み、予備のディスポーザブルのを開けてしまいました。

 そのあと、サポートに電話して「インスリンが出てこなくなりました」と伝えたら、即、ピストンはカートリッジの下部まで届いてますか?と。言われた瞬間に悟りました。
 謝罪して電話を切り、ひたすらダイヤル回して(いちどに最高で30までしか回せない、カートリッジ一本で300単位分ある)空うちを繰り返し、復旧。

 次回は入れ替えて外出ではなく、少なくなってたら予備のカートリッジを一つ持つ、というスタイルにしようと思います。ダイヤル回し続けるのって思いの外めんどくさいので、入替時に毎回これやるのイヤ(^_^;)

 なお、開けないでよかったディスポーザブルもムダに捨てるわけではなく、そのまま普通に使い切ればいいだけではあります。が、カートリッジ式は0.5単位で打てるのに対し、ディスポーザブルは1単位でしか調節できず、しばらく不便しました。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ


やっと歯医者通いが一段落

 長かったですけど、やっと一段落。

 三年近く前の2014年10月に「80歳で20本以上の歯を、が指針だそうな」の終わりの方で「ここ最近、右奥の下がちょっと気になってきました。」と書きました。そのまま約一年放置しまして。2015年の秋、引っ越しした直後に歯痛がひどくて歯医者に。過去ログ検索したけどブログネタにはしてなかったですね。ツイッターに書いた覚えがあるんで、久しぶりにツイッターの全過去ログをダウンロード。2015年11月に書いてました。ツイッターの過去ログ、年月までしかわからないんだね。日付は出てこない。やはり記憶が薄れてくるし、備忘録なブログにしとかないとダメだなと痛感。

当時のツイッターログ

引っ越したら、って引っ越しは関係ないんだけどw、歯が痛くなって数年ぶりに歯医者行ってきた。当然知らない歯医者に行ったんだけど、とっても良い医者に当たった気配。引っ越し先の安心度が増した。明後日はインフルエンザの予防注射にこれまた近所の知らない医者に行ってみる。

 書きながら読み返して、あら?と思ったことが。2014年に右奥の下が痛くなって放置? 引っ越した直後に爆発した歯の痛みはそこじゃなくで右奥の上でした。いまこれを書き始めるまで、ずっと一年放置したとこが爆発したと思い込んでた。じゃあ全然関係ないんだ(笑)

 予約制の歯医者さん。電話で痛みを伝えたらすぐに来てくださいってことで飛び込みました。痛みはなんとか治まってそのまま治療続行に。
 歯医者さん、何年ぶりだろ。かなり久しぶり。その間、歯石除去とかの歯の掃除すらしてません。もうとにかく歯全体が虫歯だらけなんで気長に全部治療しましょうと始まりました。

 予約制なので予約さえ取れれば待ち時間はないに等しいんですが、かなり混んでるお医者さんで、次回予約が二週間後くらいになります。時間指定しなければもっと早めに空いてる日もあるみたいだったけど、血糖値コントロールを考えると午後2時から3時くらいまでがベストなんです。だって、歯医者さん行く直前に歯磨きしたら治療が終わるまで補食しにくいですから。
 低血糖になるとやばいんで、昼食後2~3時間くらいの一番血糖値が高い頃にお願いしたい。経験上、外出してても午後4時~5時くらいが一番危ない時間な気がします。だからどうしても希望は14時台。
 午前中? あはw 午前中はねw 低血圧もあるし、いまは宵っ張りの朝寝坊なんで起きるのが9時前後だから午前中の予定は避けられるものは全部避けてる。

 2015年の11月に治療を始め、ある程度急ぎの分が終わったところで2016年3月に全体のお掃除。一本ずつの治療よりきつかった。なにせかなり間が空いてたから。部分的に麻酔までしたですよ。
 ところで歯の麻酔。全然注射が痛くないんだよね。医者は「ちくっとしますよ」とか言うけどほぼ無痛。1型だから知ってる。「先生、その針、32Gくらいですか?全然痛さ感じないんですけど」「あ、詳しいですね、これ、34Gです」。いいなあ34G、私も使いたいけど、主治医がなぜか32Gまでしか処方してくれない。ちなみに32Gとか34Gってのは針先の太さの単位です。34Gになると長さが一気に短くなるからかな?

 6月下旬の真夏が来る前、一本の治療が終わってキリが良いときに治療の夏休みをもらいました。涼しくなるまで休止。理由はですね。徒歩十分足らずなんですけど、全行程の8割が上り坂と階段。体力あればどうってことないんでしょうが、この歳だと真夏はかなりきつい。

 こんな感じ。写真だとそんなにきつく感じないけど、実際はけっこうきつい。
 (1)のあと(2)が続いて(3)の階段登ったあたりで息切れ。さらに(4)の坂が続くと、心臓ばくばくなんです。真夏だと熱中症も怖いしね。平坦な道で10分くらいのところに他の歯医者さんもあったんだけど、一番最初、歯が痛くて急いでたし、Googleマップで探して「一番距離の近いところ」に行ってしまったんです。坂を考えなかった。良い歯医者さんだったんで、そのまま継続した。でも真夏はきつい。マジできつい(笑)

 で、暑さも引けた2016年10月に再開し、先日なんとか最後の一本まで治療が終わりました。右上奥から始まり、上側全部やって、左下奥から右奥へと進み、最後の一本は、右下奥という(笑) 2015年10月に感じたあの違和感はなんだったんだ。

 歯の掃除もそういうわけで昨年3月にやったきりなんで早めにしないといけないそうです。次回は涼しくなってから、10月くらいに予約するつもり。とにかく私の歯は全28本(親知らず除く)のうち神経が残ってる(つまり自前の歯)のはまだ26本もあります。土台とか被せものとかはたくさんあるけど、神経があれば自前の歯と言っていいようです。

 丁寧にメンテナンスしていけば寿命がつきるまで自前の歯でいけそうです。


片足立ち

 一種のストレッチです。かかとを上げ下げするのは以前骨密度関連で何回か書きましたが、かなり良いです。

 骨密度の経過については昨年はまだ検査してませんで、二月にする予定になってます。

 かかとを上げ下げしてるときにふと思いました。片足でやったらもしかしてもっと効果あるんじゃない?って。やってみるとなんか良い感じ。

 さっそく検索です。「片足立ち」で検索してみました。まあ出て来るわ来るわw
 どこが本家なのかわかりません。本家というかネタ元かな。とてもうさんくさい。Welq問題が頭をよぎるくらいの胡散臭さ。

 どのサイトも片足立ちの効能をうたってるんですが、どこもかしこも内容がほぼ同じ。

 片足一分、両方で計二分。たったの二分で50分のウォーキングと同じと言ってるんだよね。なにが胡散臭いかって、なんで「50分」なの? 30分とか40分とかのサイトはなくて、判で押したように50分。
 50分のウォーキングと比較して何がそれ以上の効果とかの説明はないのです。とにかく「50分のウォーキングに匹敵する」と。最初に書いた人がなんとなくそう書いたからそのままコピペしただけなんだろね。

 このキーワードでグーグル検索して出てくる上位に、ものすごくもっともらしい名称のサイトがあるんですが、そのサイトのどこさがしても運営者情報が出てこない。リンクをたどると商材売ってるんですね。書いてある内容は目くじら立てるほどのもんじゃ無くて、運動しましょうね、くらいなもんなんですが、こういうのは存在そのものが胡散臭くてだめです。医療とか健康関連のサイトってほんとにどこもおかしなところばかり。医療従事者を名乗って(ドクターもいる!)るのに匿名とか。薬剤師や看護師を名乗ってる「実名サイト」なんか見たことないです。ドクターのは実名サイトいくつも知ってます。見たことがないだけで、存在しないと決めつけてはいけませんけどね。法曹関係は逆に資格を冠した匿名サイトは見当たらないですね。

 ほかにも「運営者情報(みたいなところ)」をクリックしても全然運営者情報が出てこないところ多数。この件に限らないけど。そもそもそういう「みたいなところ」すら無いのが多数。

 糖尿病サイトなんかも似たようなもんです。ものすごく公共的な名称のサイトになっていても、簡単には運営者情報にたどり着けなくて、リンクリンククリッククリックしてやっと行き着いた先が「医療品販売会社」だったりします。最初からそこに行き着ければ別になんとも思わないんですが、なんで隠すの?と思う。

 医療関連に限らずほかもみなそうですよ。とくに医療関係でおかしなのが多いってだけ。「もっともらしい名称」「もっともらしい肩書き」「もっともらしい内容」のサイトを流し読みして信じちゃいけません。まずは運営者を確かめましょう。匿名サイトは単なる雑談です。どこかで読んだことをパクってるだけと思って間違いないです。うちは元々個人の日記サイトみたいなもんですから比較しちゃいけませんw それでも匿名サイトではないです。顔も実名もさらしてます。もうリタイアしちゃいましたが、自分の資格に関係する話しも一切書きませんでした。

 話しが逸れちゃったけど、片足立ち。やってみた感じではかなり効果ありそうです。50分のウォーキングに匹敵するとは思えないですが、やらない(歩かない)よりはずっといいです。

 リタイアしてから一週間とか10日とかの引きこもりはざらにある(一ヶ月内のお出かけが通院時だけとかね)んですけど、以前はちょっと歩いてないと歩いたときにふくらはぎとかももとかけっこうつらかったです。張るというか痛くなるというか。

 かかとの上げ下げ始めた頃からそういうのはほとんどなくなって、少しくらい引きこもっていても外に出たときとくに疲れるようなことはなくなってました。

 片足立ち、やり始めてからもっと楽になった感じです。

 片足立ち、簡単です。

 片足で立って、手は腰に当てる。手を開くと、ほら、やじろべえみたいにバランスとれちゃうから。手を腰につけて、上げた足を降ろすか手が腰から離れたらそこでおしまい。 最初は数十秒もできなかったけど、数日で一分は楽に立っていられるようになります。いまは片足一回二分でやってます。もっと続けられるんだけど、飽きちゃうからw

 片足立ちでつま先立ちしたらどうかなとやってみてるんだけど、これは難しい。良くて15秒、ほとんど10秒くらいしか片足つま先立ちできない。かかとをわずかに上げるだけならもう少し長いけど、でもせいぜい20秒かな。

 これもそのうち分単位でできるようになるんだろか。無理っぽいなw