「 DTM 」一覧

Music Creater 5 雑感

 さて、買い換えた(CubseLE5 を捨てた訳じゃないんで買い増しか?)Music Creater 5(以下MC5)を数日使ってみての感想第一弾です。まだ雑感程度です。

 なんだかね、ただでさえ知らない用語の世界でようやっと少しだけ馴染んできたいままでの用語とはまた違う用語のオンパレードなもんで、「説明書読んでも何を言ってるのかわからない」部分がいっぱいあります。だから、理解してない、勘違いしてるまま思い込みでとりあえず動かしたり打ち込んで再生してみたりしてみた感想です。でも、印刷されたそれなりの厚さのマニュアルがついてるんで、そこらはなんとかなりそう。

 音源が増えたのは素直に嬉しいです。この「音源」って言葉、私間違って使ってるかもしれない。シンセサイザーだと「いろんな音が出るけど音源としては一つ」なのかな?サンプラーみたいに生の音を利用してると楽器一つ分の音色で音源一つと数えるのかもしれない。つまるところ、言いたいのは「たくさんの音色を簡単に使えるようになったこと」が嬉しい。

Cakewalk Music Creator 5の詳細

 そこに「多彩でハイ・クオリティなサウンドを内蔵した4種類のソフトウェア音源」とあるとおりです。

 そこにある三つ目、Studio Instruments Drum Kit がなかなか面白いです。状況は以下 Youtube のとおり。

 これいじってるだけでしばらく楽しめます。この試奏しているパターンをそのままドラッグアンドドロップするだけで自分のプロジェクトに取り込め、何小節でもループできるわけです。楽です。でも、やってみたけど、ドラムだけ豪華になりすぎて浮きます(^_^;) やっぱり全体のバランス考えると手打ちで質素にポチポチかな。

 上記詳細サイトにある「オーディオとMIDIはシームレスに編集作業を行うことができます」にも期待してたんですが、この「行うことができます」は、その前段「コピーや貼り付け、ループなど」のことなんですね。そう書いてあるんだからそうなんですが。
 「オーディオの波形データそのものに対する編集機能」は CubaseLE5より落ちます。いや、まだ言い切れないですね。なにせ、コマンドやその選択する場所が全然違うので見つけてないだけの可能性も大きい。でも、できないみたいな予感がする。でもまあ、エフェクトをかけたりノーマライズするなど、出来て当たり前のことは当然出来るから問題ないっちゃいえば問題ないけど、期待してしまったのでがっかりしてるだけ(笑)

 他に期待してた機能に「ループ音源(ループ素材)」ってのがあるんですけどね。冷静に考えればすぐわかるんですが、オリジナルを作曲しようとするならとても便利なものに違いないです。細かに小節単位ですでに作ってある。それを貼り付けて繰り返し使おうって物です。

 だから、私みたいに「すでにある音楽(歌)の伴奏に使うには」向かないみたい。メロディがある物に対して、別のメロディラインを貼り付けても意味がないから。リズムセクションには使えます。とくにドラムなんて「パターン」ですから。8ビートなら8ビートで基本部分を打ち込んでそれをコピペしてたのを、その打ち込みまでは終わってると思えば良い。必要なだけコピペすればプロ顔負けの華麗なスティックさばきでドラムがなる。先に書いたように、他の部分が自分で打ち込んだ貧弱な流れなんで浮きまくります。恥ずかしくてこのパターンをそのままは使えないかも。

 ここで、使い勝手を確認するために CubaseLE5を起動。おお!? MC5をインストールしたことで、MC5の「四つの音源」のうち、二つ、「Studio Instruments Drum Kit」と「Cakewalk Sound Center」が CubaseLE5 から使えるじゃないですか。もちろんループ音源としての使い方は出来ないけど、音色として使えるなら十分です。しかもエフェクターも増えてる。これらを6980円で買ったと思うと安いのかもしれない。少しやる気が出てきた(笑) TTS-1が使えたらもう文句なしなんだけど、これはMC5の中からしか使えないみたい。


DAWソフトの買い換え

 暑さとセミの邪魔も遠ざかり、宅録熱もぶり返しつつあります。使ってるDAWソフトは Cubase LE5 です。春頃から使い始め、フリーソフトとはひと味違う使い勝手(良しも悪しくもですけど)に戸惑いつつも音質の良さに不満はなかったんですが。
 ちなみにDAWってのは「デジタル・オーディオ・ワークステーション」だそうな。DTPをやるためにワープロソフトがあるみたいな感じかな?

 Cubase LE5 だと付属音源がとっても少ないのです。オーディオインターフェイス買ったらついてきたおまけソフトですから、そんなもんだと思ってましたし、フリーの音源もたくさんあるんで、これで十分と解説しているサイトもあります。が、この「自前で持ってる以外の音源を使う」っての、あんまり簡単じゃないです。私がわかってないだけなのか、ソフトが「おまけ故の機能制限ありだから」なのかよくわかんないんですが、説明どおりにインストールしても鳴ってくれないのがあるし、複数使うと読み込みに時間がかかっていらつく。読み込んじゃえば重く感じるわけでもないんですけど、起動時に毎回時間がかかったりするので使いにくい。曲を自作(作曲ね)する人は音も自分であちこちいじるんでしょうけど、バッキング目的だと「そのまま使えるソフト音源をそのまま使う」くらいしかやる気がしない。

 調べていったら、同じ Cubase の「おまけ版」でも2種類あるんですね。Cubase の販社がヤマハの子会社らしいんですが、ヤマハの製品にくっついてくるおまけは「AI5」で、他社の製品のおまけが「LE5」。かなり仕様が違います。ずるいぞってくらいAI5のほうが良いのです。AI5なら、バッキングを作るくらいの使い方ならあまり不満は出ない気がする。

 いま使ってる Cubase の製品版はとてつもなく高いです。6万円から8万円くらいする。と思っていたら、入門的位置づけの「Cubase Elements 6」ってのが出てました。価格が約2万円。この2万円前後の価格帯に、各社の本格派DAW「入門版」が出そろってるみたいなんで、一応予算上限2万円として情報収集開始。

 入門版っていっても製品版ですからおまけ版とは全然違う物。私の場合DAWで曲を作ろうというわけじゃなく、歌のバッキングが不満なく出来ればいいわけで、DAWとしての「入門版」で十分なのです。でも2万円出す気にならない(出せない)。歌のバッキング用にほいほいと買える金額ではないし、そんなにお金を出すなら他に欲しい物がある。それに、高機能すぎるものだとパソコンのスペックも心配。私のパソコンは AMD Athlon 64*2 Dual Core 5200+ 2.70GHz, メモリ2.00GB ですからね。本格派のDAWは重いのでたぶんまともに動かない。

 ということで、ランクを少し下げ、本格派の入門版ではなく、本格派の下の位置づけになる1万円前後のソフトを調べまくりました。DAW、思った以上に同じ価格帯の競合ソフトあるんですね。試用版があるのもありますので、使ってみましたが、それぞれ独自なUIなんで慣れないと何が何だかわからない。試用しただけじゃ使いやすいのかどうかもわからないという意味のない試用でした(^_^;)

 結局、各社の公式サイトに載ってるスペックと、あちこちのユーザーサイトの紹介を参考に、そこそこに安価かつ私の使用目的に十分そうな「Cakewalk Music Creator 5」を買ってみることにしました。オンラインのお店で税込み送料込みで6980円。これくらいなら私のお小遣いの範囲でもなんとかいけるんで、もっと前に考えても良かったんだろうけど、金額だけじゃないですからね。買うに至るまではかなり研究しないといけないから手を出せなかった。

 2万円の予算で7000円で止めたってことは。あと1万3千円までは使って良いのかしら(笑)ウフ(笑)、という気持ちも少しありです。

以下、楽天ショップへのリンクです。今回はここで買いました。全品送料無しのお店なので、ギター弦などの小物だとアマゾンより安いことがあります。

 昨日注文したので、届くのは月曜日か火曜日。楽しみです。またレポートします。


トワイライト・タイム(TwilightTime)歌ってみました

 オリジナルはプラターズです。

 バックコーラス、ウーとかアーがほとんどなので、簡単かなとチャレンジしてみました。でも思いの外難しかったです。途中響きが気持ち悪い箇所がいくつかあります。音を外してるのと、エフェクトのせいだと思うけど、いじってもよくわからなかったので気にしないことに(笑)

 ヴォーカルも音程外しまくりだけど歌い直しても切りがないので、ここらでこの曲は一段落させることにしました。ずいぶん歌ってなかったし。前回から二ヶ月近く過ぎたかな。セミのせいでもあるんだけどね。

 なお、今回はギターの弦交換に失敗しちゃって、弦を買い直さないといけなくなってしまい、ギターは無しです。リズムギター風に聞こえてくるのは Cubase LE5 の付属音源を使ったMIDIのアコースティックギターの音です。「これはギターの音だ」と決めて聞かないと、なんの音だかわからなくなるような音色。リズム強調のためだけならこれでもいいかなと。手抜きです。

 画像は http://www.s-hoshino.com/ 様のフリー画像を使わせていただきました。