「 DTM 」一覧

ルート66、スタイル変えて歌い直してみました

 宅録始めて間もないころ、一音一音DAWに一生懸命打ち込んでオールディーズ(ポップス)のルート66を歌いました。ジョージマハリスのカバーです。あれからもう三年半過ぎるんですね。早いもんだ。

 そのときに「4ビートスイングのルート66もいずれ挑戦してみたいと思います。」と追記したんですが、Band-in-a-Boxをゲットして、そうだこれでやってみようと。

 4ビートスイングですから、「ジャズスウィングトリオ」。ベース、ピアノ、ドラムのベタな4ビートスイングを選択してやってみたんですが、いまひとつ乗れない。乗れないから聴き返してもつまらない歌にしかなってない。下手だから(^_^;)

 試行錯誤の結果たどりついたのが「ブルースシャッフルカルテット」。ベース、オルガン、ドラム、リズムギター、リゾネートギターのカルテットです。カルテットって書いてあるのになぜか5人組(笑)

 あまり納得のいくできではないです。ポップススタイルのに慣れきってるからか、何回やりなおしても気に入らないんだけど、一区切りつけないと次に進めないので、ここらで妥協しときます。とくに誰かのコピーってわけじゃなくて、イメージで適当にやってます。当初はチャックベリー的な何かを頭に浮かべてたんだけど、そのうち全然別物に。

 コード進行は典型的な12小節のブルースコードです。「G G G G7 C C G GD C G G7」ってなやつね。サビもメインも延々とその12小節を繰り返してます。前回のポップスもそのままですが、今回もジャズらしい装飾は一切使わずに素直にそのまんま配置してBand-in-a-Boxにお任せしてできたのがこの伴奏です。

 以前のポップスのもこっちに載せときます。いま聞いてみて、「おお、自分頑張ったな」と。自分で言うのもアレですけど、ポップススタイルの方が似合ってるんだと思う。
 でもまあ、もう年々進化するんじゃなく、年々退化していく歳ですからね。いまより3年前のほうが元気ありそう。でも、いまもまだまだ踏ん張れてる気がするし、もう少し先までだいじょぶかなとも思います(笑)


悲しき街角(RunAway)歌ってみました

 デルシャノンのRunAwayです。普通にランナウェイっていうとシャネルズになってしまうのがちょっと悲しい(笑) シャネルズも大好きですけどね。

 オリジナルはB♭なんですが、とてもそこまで声が出なくて無理なので一音半下げてGからです。いまの若い人たちには出る音域なんでしょうね。オールディーズの時代はビートルズもそうですけど、E♭とかB♭が多くて三つ下げてCとかGとかからやるのが普通でした。

 ここまで下げても一番高い音はEです。ギターで言えば一弦の開放音のEです。ファルセットの部分じゃなくて地声の部分ね。とおして聞くと高い方がちょっとフラットしてるけど、何度やっても全部のピッチがあうことはないので妥協です(笑)

 間奏部分のオルガンがこの曲の見せ場(聴かせ場?)なのでがんばってみました。ピッチベンドめんどくさい。

 そういえば当時の邦題は「悲しき」っての多いですね。悲しきインディアン、悲しき少年兵、悲しき片思い、悲しき足跡、悲しき雨音などなど。検索しないでパッと浮かぶだけでもそれ以上あります。

 街角だと「花咲く街角」なんてのもあったな。歌詞的にはそっちのほうが悲しきだと思うんだけど(つぅらいだろおぅが、さあ、お泣きクライクライクライ、なんて歌詞)、先にRunAwyが「悲しき」を取っちゃったから使えなかったのかしら。

最初にアップロードした音源に音割れがあったのに気がついたので差し替えました(2013/11/25)。


「ルイジアナママ」歌ってみました。

 うーーん、ほんとに久しぶり(笑) 動画はもちろん画像もなしです。Youtubeに乗せたくはなかったんだけど、ブログで音声だけ公開すると著作権問題がクリアできないんですよね。YoutubeというかGoogle様々なんで、使わせてもらいます。

 リハビリってことで適当です。なんか発声が追いついてない感じ。テンポが乗ってない。下手なら下手なりにノリが良ければそれなりなんですけどね(^_^;)

 オールディズ大好きって言っときながら宅録したのってオールディーズはほとんどないんですよね。オールディ-ズらしい曲はルート66くらい。レパートリーはけっこうあるんだけど、とりあえず歌ってみたい曲はオールディーズではなかったってことかな。

 なつかしの「ロッケンロール!」です。日本語。 カバーだからオリジナルって言わないかもしれないけど、日本のオリジナルは飯田久彦です。

 Youtube で「ルイジアナママ」を検索すると日本語のカバーいっぱい出てきます。当時はポップスを日本語でカバーするの当たり前だったけど、ほとんどの日本語訳詞は漣健児さん(さざなみけんじ、と読みます)。すごいよね。当時の譜面(手持ちの譜面)どの譜面見ても訳詞「漣健児」ってなってる。もしかしてたくさんいる人の屋号みたいなもんかと思ったこともあったけど、検索してみたらたったお一人だった。すごい。