「 Band-in-a-Box 」一覧

このすばらしき世界(What A Wonderful World)歌ってみました

 元歌はルイ・アームストロング(サッチモ)です。

 この歌、歌詞がすごく好きです。なんかね、「世界ってすばらしいんだ!」って気持ちになる歌詞なんですよ。緑の木々や赤いバラ、あなたと私のために育っていくそれら、なんて素敵な世界なんだ、空は青く、白い雲...

 のほほんとした「平和な世界」賛歌。

 スローバラードなんで私的には難しい歌なんですが、伴奏が豪華で素敵だからそっちに耳を傾けてね(笑)

Band-in-a-Boxでの構成はこんな感じです。
スタイル:ジャズ・ポップバラード
楽器 = アコースティックベース (33), ビブラフォン (12), ナイロンギター (25), ストリングス (49),
MIDI スーパートラック(ソング) = 2058:ストリングス R ケルティックエアー Ev85
リアルドラムを選択 [(スタイル)Pop128^1-a:サイドスティック、ハイハット , b:スネア、ライド

 Band-in-a-Boxでの伴奏第二弾となります。Band-in-a-Box、こいつは奥が深い(笑)
 だんだんとコツがわかってきました。最初はBand-in-a-Boxで作ってはパートごとにCubaseにMIDIで移し、さらにCubaseでそのMIDIに音源を貼り付け...ってやってました。けっこうめんどいです。説明書にはBand-in-a-BoxとDAWは同時起動できるように書いてあるんだけど、Band-in-a-Box側のバグかしら、どうも案配よくない。音を出すためのドライバを取り合っちゃう。どちらも「占有しない。裏にいったときは解放する」って設定にしてあるんだけど、Band-in-a-Boxが解放してくれない。移すのは出来るけど、毎回Band-in-a-Boxを終了させないといけないのがめんどい。

 それに、MIDIなら音源が違うだけ(同じのを使えることもあるけど)で、そんなに違和感も遜色もないんだけど、Band-in-a-Box側でリアルトラックと称する「プロが演奏したサンプリング音」を使うと、その音にはかなわないのです。一応生音ですからね(笑)

 で、考えた。Band-in-a-Boxで作ったパートをMIDIじゃなくwavでDAWに持ってくればいいんだと。最初はパートごとに分けてDAWに移してました。でもよく考えたらwavだと移したあと、音量とpan(左右の音の定位)ぐらいしかいじれないわけですよ。

 だったらBand-in-a-Box側でしっかりと音量やら定位やら考えて、出来た物を全体一つでwavファイルにしちゃえば、いわゆる「カラオケ用音源」ができあがる(笑)

 それをCubaseで読み込んで歌だけ歌えばいいってことに気がつきました。これがどうやら私にはベストらしい。


TheLonelyOne(ザ・ロンリー・ワン)歌ってみました

 元歌はナットキングコールです。

 Band-in-a-Boxをゲットしたので伴奏を作って歌ってみました。「Band-in-a-Boxを試しにいじってみた」にアップしたのとスタイルとテンポは同じ物です。ボンゴを普通のドラムに入れ替えて、オルガンはやめました。

 練習ってこともあり、いろいろいじったので前のとずいぶん違った感じになっちゃいました。良いのか悪いのかは別として、「このパートはこれで良い」と思っても、うっかりとボタンを押し間違えてベースとかギターとかトローンボーンとか弾き方が変わっちゃいました。あ!っと思っても保存してなかったり上書き保存しちゃったりです。

 新規生成すると前のはどこか行っちゃって同じ物を作れない。ほんとに良いんだか悪いんだか(^_^;)

 間奏のメロディライン以外、すべて自動生成したものです。ドラムのフィルイン(おかず)とか、イントロやエンディングも自動生成したもの。左右のバランスとか音量は適当にいじってます。ドラムだけでもこれで作るとやる気出るかもです。ギターなんか私が弾くよりずっとうまいし(笑)

 作った伴奏をCubaseに移して歌の部分を録音しました。一声ですからBand-in-a-Boxでそのまま録音してもよかったんですけど、音声録音はCubaseが慣れてるし、エフェクトなんかもある程度わかってるので。ボーカルのエフェクトは、

コーラス:一人二重唱効果っていうのかな。音程が少し安定して聞こえる(笑)
リバーブ:いわゆるエコー

をかけてます。さらにCubase附属のイコライザをボーカル用にして使ってます。


Band-in-a-Box22はDAWではない

 Band-in-a-Boxをしばらく使ってみての感想です。まだまだ奥が深くて上っ面しか触れてませんけど、これは決してDAWではないですね。宅録には向いてない。あくまでも「音楽を自動的に作る(作曲する)」ためのソフトだと思います。

 DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ってけっこう大げさな表現だけど、CubaseとかSonarとか、総合的にデジタルミュージックをいじくるためのソフトのことです。

 DTMはデスクトップミュージックで、DTP(デスクトップパブリッシング)みたいに、その行為そのものを示す用語(だと思う)。でもDTPをするためのソフトって単純にワープロソフト(一太郎とかワードとか)としか言わないような(笑)
知らないだけで何か言い方あるのかな。

 Band-in-a-Boxは宅録用のソフトではないんですね。「音声の録音」がトラック一つしかないんです(機能詳細参照)。一人でハモるとか歌とギターを自演で録音するとかできません。リアルトラックとやらを活用すればいいのかも知れないけど、リアルトラックはそういう目的じゃなさそう。あくまでも「音楽を作るソフト」であって、歌ならその伴奏(カラオケ)を作るためのソフト。

 既存楽曲のカバーやコピーも無理とは言わないけど、CubaseなどのDAWと比較すると無理に近いです。コード進行とメロディだけ活かして別アレンジで歌う的な感じで行くしかないです。

 結局、Band-in-a-Boxで伴奏(カラオケ部分)を作って各パートをwavでDAW(私はCubaseAI7)に移動し、ボーカルはDAW上で録音することになりそう。各パートをMIDIで移してもいいんだけど、Band-in-a-Boxで作った時の楽器(音色)と同じようにCubaseで楽器を割り当てるのが思いの外めんどくさかったのでパス。

 そして、Band-in-a-BoxからDAWにデータをパートごとに分けて書き出す(移動する)のは可能でも、DAWで編集した音声(歌)とかMIDI部分をBand-in-a-Boxに読み込むのは出来なさそう。出来るんだったらごめん(笑)

 たとえばオーディオトラックに音声のwavを読み込むと、それだけのソングファイル(Band-in-a-Boxで一本のファイルとなる名称)になってしまい、そこからBand-in-a-Box上で各トラックを作り込んでいくのは出来るけど、作ってあるソングファイルにオーディオトラックだけ(他のパートも同じ)追加で読み込むのはできないみたい。

 Band-in-a-BoxにもRealBandなるDAWがおまけでついてきてるんだけど、まともに動かないのです。起動して数分経たずにフリーズしちゃうので試すどころじゃない。8月8日にバージョンアップ版が出て、翌日からお盆休みでサポート閉じてるんだよね。これがちゃんと動いたら、もしかしたらボーカル録音などの連携は楽になるかもしれない。

 カラオケ部分を「これ以上いじらないでいい」ところまで作ってからDAWに移せばいいんだけど、なかなかその境地になれない(笑) 決断が難しいところです。あ、まて。適当なところで移して歌を録音してから、気になるところ(パート)があったら、Band-in-a-Boxに戻って編集し、そのパートだけまた移せばいいのか。面倒そうだけど、一から打ち込むこと考えたらずっと楽そうではあります。