目薬をさす

 一年ぶりに1型糖尿病の定例の目の検査に行きました。年に一度ってことだったんだけど、1型歴10年越えたんで今後は年二回だそうです。

 眼底検査や眼圧、網膜などの検査の結果、1型由来の障害はまったくなかったのですが、緑内障の検査もついでにしてもらいました。視野検査ってやつです。のぞき穴から一点を見てて、その廻りにランダムにピッっと光点が出ます。光が見えたらボタンを押す。これで全方位のどこが見えない(視野が欠けてるor視野が狭い)かわかるわけね。全然覚えてなかったんだけど、なにかデジャブ感が。数年前にもやった気がする。覚えてないってことは問題無かったってことだよね。

 だんだん思い出してきた。毎年受診してたのが、よく言えば無口な悪く言えば患者に説明しない眼科医だったんだ。検査はしたものの何のための検査なのか説明を受けた覚えがない。全部1型関連の検査だと思ってた。医者って、問題があれば説明するけど、問題無いと「異常はないですね」の一言でまとめて説明しない傾向にあるよね。たしかに異常がなければ医者の出番はないわけで気持ちはわかるけど、こちら側としてみれば「いまは何がまだ大丈夫なのか」を知っておきたいよね。

 今回はきちんと説明された上での検査。結果、視神経に障害が出始めている初期の緑内障と診断されました。長年の強度の近視および加齢によるものらしいです。眼圧は正常な範囲でしたが眼圧が正常でもなるんですって。緑内障についてはここを読んでください。

 目の異常ってほとんど自覚症状がないまま進行して、あれ?おかしい、と見え方が変って自分で気がついたときはかなり進行しちゃってるようです。健康診断とか人間ドックとか受けても、目の検査って視力検査くらいしかしないですよね。視力検査で視力以外の異常に気がつくとしたら、きっとかなり進行してからな気がする。

 一度失われた神経(視神経)はもう復活しないんだそうです。つまり、治す治療ではなく、これ以上損失されないように現状維持に努めるしかないらしい。幸い、例によっての一病息災。1型のおかげで目の検診を受け、超早期に発見されたようで一安心です。

 これ以上悪化しないようにするには目薬をさすことになります。プロスタグランジン(PG)製剤点眼薬ってのを処方されました。正常な眼圧をさらに下げることで視神経の摩滅(?)を抑止できるらしい。

wp-blue-640x960 こんな立派な全9ページにわたる小冊子がついてきます。

 目薬って、私はほとんど使ったことありません。大きな理由は超近視だからです。たぶん同じような近視の人しかわからないと思うけど、目薬の容器の先端が見えちゃうんですよ。さらにそこからニョワーっと出てくる薬液。それを見つつ目を見開いて目に受けるなんて怖くて怖くて。

 でもそんなこと言ってられないので覚悟を決めて毎晩さしているんですが、どうしても疑問が。

 過去一回も目薬をさしたことがないわけではありません。目が痒いときなど数年に一回家にある目薬を試しにさしたことはあります。いままで見たことのある目薬の容器は薄めの小さなおにぎり型っていうのか、平たい感じ。それを指で摘まんで、とか説明しなくたって誰でもたぶん知ってますよね(笑)

 もらった目薬の容器って、そういう平たいのじゃなくて小さな円筒形。つるっとした円筒形なんです。ネットで検索したらジェネリックも含め5つほどありましたけど、どれも大同小異の円筒形。一般薬ではない処方薬の目薬ってほとんど円筒形の容器みたいですね。薬なんだからデザインなんか関係ないってことなんだろうけど。

目薬1 その円筒形のボディーをこういう風に持てってその小冊子に丁寧に画像付きで説明されてます。でもね。とっても怖い。円筒形のボディーはけっこう固めです。かなり力入れないと目薬が出てこない。説明ではその後ろに当てた人差し指で押して目薬を出すとなってるんですが、それもけっこうな力が要ります。そう簡単にポトっとは出てこない。

 さあここで不安が。円筒形のボディー、滑り止めも指が引っかかるようなところもありません。維持はひたすら親指と中指で挟んでるその力だけ。その状態で人差し指でかなりの力を入れて後ろから押すわけです。ボディーを挟んでる力がふと緩んだり、滑ったりしたら、目薬の容器のとんがったところが目に激突しませんか?下手したら失明するかも。怖くない?(笑)って笑うとこじゃないけど。

 そんな事故はないんですかね? 日本中で(いや世界中か)たくさんの人がこの形状のボディーの目薬をこの方法でさしてて、まったく事故が起きないのかしら。人間工学的に見ても事故を未然に防ぐ形状や材質ってのは必須ではないんでしょか。

 もう一ヶ月近く怖さに耐えながら必死にボディーを強く摘まんで、滑って落ちませんようにと祈りつつ目薬さしてます。4月上旬にまた目医者さんに行くんで、みんなそうなのか聞いてみよう。せめて指で押す底の部分がもう少し柔らかい材質で簡単にポトッと出てくれるような材質にはならないのかしら。


1型糖尿病を知ってもらうために

日テレNEWS24「タネをまく人 岩田稔投手×1型糖尿病支援

 1型糖尿病とはその動画で説明されているとおりです。テレビなので若干やらせ的なというか編集もあるようには感じますが、概ねそのとおりです。どこがやらせって、インスリンポンプを使ってる女の子が注射もしてましたよね。ポンプの異常(故障)のときのためにペン型のインスリンも持ちますが、逆に言うとポンプに異常がないのに注射をするということはないはずです。テレビですからね。注射する映像が欲しかったんでしょう。

 ポンプは楽そうなんですけど、いくつかの理由があって私はポンプを使ってません。最大の理由は金銭的負担ですね。小児のウチは医療補助があるんでたぶんどこの市区町村でも医療費かかりません。18歳になると(越えると?)補助がなくなり自己負担になります。難病指定にもなってませんので補助はまったくありません。全額自己負担。もちろん健康保険はききますから、私の場合、国保で3割負担です。

 ポンプにするとインスリンの自己負担額はそうでない場合の倍額くらいになります。毎月の医療費の倍ではなくて、インスリン代ですからいくらだろう。そういえば毎月の医療費内訳をきちんと計算したことなかったな。あとでやってみよう。たしか、インスリンより血糖値測定関係のほうが高かったと思う。
 いずれにしても負担額が増えるのはきつい。それに注射そのものはたいして苦ではないんです。めんどくさいだけ。痛みはほぼないです。たまに痛点に突き刺しちゃったときにズキッとするだけで、それ以外はほぼ無痛です。

 注射より、動画内にもありましたが、血糖値測定のほうが痛くてイヤ。トゲが刺さって血が出るようなことを毎回自分でやるんです。意識して自分でパチンとやるんです。10年経ってもやるたびに一瞬身構えます。そいつはポンプにしてもなくならない。だったらわざわざポンプにしたいとは思わない。外で活動する人たちは注射よりポンプの方が楽みたいですけどね。私はもうリタイアしてますから。

 食事も含めて普通の生活ができる。インスリンさえ打てば普通の生活ができる。食べ物に制限はない。けど、好きなだけ食べてその分のインスリンを打てばいいってことではないです。そんなことしたら太りますからね(笑)
 普通に健康な人が健康を維持できるように普通に食べる物と量を1型糖尿病患者は食べられるという、普通な話しです。
 1型を知らない人は、2型糖尿病は食事制限されるんで、糖尿病=食事制限、1型も糖尿病だから食事制限という三段論法になっちゃうんですよね。会食や酒席で何でも食べられるというと、たいてい驚かれます。

 気づかずに高血糖で意識を失うということは、1型糖尿病ではまずあり得ません。インスリンを打たずに飲食するということはないですから。インスリンを持たずに外出して飲食するとしたら血糖値の上がらない物か、あるいは飲食しないか、だけです。食前にインスリンを打っても計算が外れて高血糖になることは日常茶飯事ですが、ケトアシドーシスなどで意識を失うほど高くなるような計算ミスはありえないです。1型というのはそういうものです。常に血糖値を意識して生きてる。

 低血糖はなかなか難しい。もちろん意識してはいるんですが、体が血糖を消費する予測が難しいのです。頭を使う、体を普段より動かす、緊張する、風呂に入るなどなど。それもどれがどれくらい消費するか事前にはわかりません。食べる物だけでなく、食事のあと何をする予定なのかを踏まえてインスリンの量を決めるんですが、突発的な行動もあるしね。現役時代、客との面談中に低血糖を起こしたこともあります。

 私はまだ意識不明になるような低血糖を起こしたことはないですが、体がぶるぶる震えるところまでは行ったことがあります。こうなるとブドウ糖の包装を破くのも難しい。家にいるときだったんで包装を開けてもらいましたが、外で一人だったらどうなっていたか。それ以来、外出時は高めの血糖値を維持するようになりました。HALLS(飴)が一粒で炭水化物4g程度。お守りとしてこいつをなめながら出かけてます。なめ終わるまで2~30分かかるんで、それで4gならお出かけ中の血糖値維持にちょうどいい。


毎日毎日ダラダラぐだぐだとすごしつつ

 昨年三月末でリタイヤしてからもうすぐ一年です。

 リタイヤ直後は「しばらくごろごろして」とか思ってましたが、時間の過ぎるのがまあ早いこと。ごろごろごごろダラダラダラダラぐだぐだぐだしっぱなしで早一年。

 車を手放したのも昨年三月末。もう一年も車無しです。メリットデメリット両方ありますけどメリットの方が大きかったかな。車が無けりゃとにかく歩くほかないわけで、歩くのは健康の基本なんですよね。

 車を手放したメリットの最大点は維持費でしょうかね。常に車がある生活を独身時代から45年間途切れなく続けてましたので、それが日常として気にしてなかったけど、車の維持費ってかなりな額になります。交通の便が良い都会の若者の車離れも当然でしょう。自動車会社も景気対策を考える政府も若者の車離れに危機感とかで免許を取らせようとかいろいろ画策してますけど、まずはこの「毎月の負担感」をなんとかしないと都会の若者は車を持とうとは思わない。

 デメリットのうち他に簡単な解決方法が見つからないのは、大きな声で歌える自由空間の喪失かしら。歌うというかとにかく声を出せる空間。一人で乗ってる車の中って大声出し放題なんですよね。大声を自由に出せる空間がないと普通に歌う気力も減っていくようです。屁理屈じゃなくて、実感です。声って出せば出すほど出したくなるみたい。

 カラオケに行けば解決なんですけど、新横時代はともかく、引っ越したあとは徒歩圏内にカラオケ店ないです。電車乗ってわざわざカラオケに行く気にもなれない。

 マイクスタンドは帽子とカバンをかける台になっちゃってます。なんとかしないと。とりあえずギターの弦は買った。けど、まだ包装のままだ。

閑話休題

 生活の時間帯がこの一年でかなり夜更かし型にスライドしました。

 以前は夜は零時くらいに寝るようにしてました。少しは過ぎますけど、まあそれくらいには寝ようと。朝は7時~8時くらいに起床です。5時頃トイレに一度行きますけど。起床としてはそんなもん。

 それがだんだんと寝る時間が遅くなっていきました。4月からの数ヶ月間で、夏前にはすでに一時間くらいずれてきた。寝るのが午前一時くらい。でも起床時間はそれほど変わらず。朝食が自分の中で義務だったからです(笑)

 なぜなのか。1型糖尿病だからですね。インスリンをバランス良く打たないといけないと思い込んでます。朝も打たないといけない。インスリンを打つためには食事しないとだめ。朝食食べるためには朝時間どおりに起きないといけない。ってわけです。

 夏頃、ふと気づきました。もう仕事してないんだし、朝定時に起きる必要はないんだよな、って。それに気がついてしまったらもうだめですね。定時に起きるのをやめて、起きたくなったら起きる。適当に起きる。二度寝三度寝当たり前の状態になっていきました。

 それでも起きたあと朝食はとっていたんです。起きたくなったら起きるといっても、せいぜい9時には起きてましたから。最初のウチは。
 それがだんだんとずれてくるわけですね(笑) 寝るのは2時頃になってしまいました。起きるのは、早くて9時。三度寝くらいしてると10時半とか。そうなるともう朝飯って時間じゃありません。お昼は12時に食べるのを崩してませんから、10時に起きてインスリン打って朝飯食べてたら、血糖値上昇のピークがちょうどお昼頃になっちゃう。

 朝食を取らないことにしてブランチです。早めの昼食ではありません。いつもの昼食がもはやブランチ。

 何が起きたか。血糖値コントロールが悪くなってきました。HbA1cはいままでずっと6.5前後を維持してきました。最高で6.2、最低で6.7かな。記憶では。

 病院での血糖値検査が三ヶ月に一回あります。8月まではいままで変わらず。あ、HbA1cって直近の血糖値ではなく、過去三ヶ月くらいの平均がでます。なので8月はそんなに変わってなくて当然。

 11月の結果が6.7でした。ああちょっと悪いなとは思ったけど、過去もこのくらいありましたからね。そんなもんかと。今年2月の結果が7.2になりました。うーーむ。7をこえちゃった。これはまずい。年末年始もあったから食生活の関係もあるかなあとか思っても、三ヶ月の平均ですからね。言い訳にしかならない。血糖値の記録もたしかに良くない(^_^;) なんとなくなんとなくずるずるとまあこのくらいかになっちゃってた。

 一念発起、ってほどじゃないけど、こまめに測定して気をつけるようにしてます。次回は7を割るでしょう。でも低め維持を目標にすると低血糖も怖いんですよね。低血糖になるとどうしても対処しすぎて反発で瞬間的に上がり過ぎちゃう。この上下差が激しいのも怖い。意識して頑張るしかないんだよね。

 体重はまったく変化してません。太らず痩せず。プラマイ数百グラムの変化しかないですね。この歳になると一回痩せると太るの大変らしいので、痩せすぎないようにしようと思ってます。ま、食の好みに変化がないので太るのを防ぐ方が大変かもしれない。