FREETEL 格安SIMスマホ「REI」続き

 何でもそうでしょうが、初めてってのは驚きの連続です。まだガラケーの人の背中押しになればいいなと雑感を書いておきます。

 大前提として、自宅とか、日中ほとんどいるであろう仕事場のインターネットが無線LAN、つまりWifiでなければスマホの運用は非常に高い物につきます。Wifiありきのツールですね。Wifiさえあれば格安フリーSIMのスマホだと大手三社のガラケーよりランニングコストは安くなります。大手三社のスマホは論外。

 以下、FREETELのスマホ「REI」の話しです。スマホ本体はアマゾンで2万円弱くらい。

 特筆なのは「FREETELにはいわゆる縛りがない」こと。いつでも解約できます。ただし、MNPで電話番号を持ち出すには早い時期の解約だとMNPはそれなりに高いです。2年過ぎれば大手三社より安い2000円みたいだけど。普通はMNPは三千円としても、二年縛りの解約料が高額ですからね。トータルで考えたらFREETELのほうが良心的。

 これ、私的には精神的にとてもよろしい。縛りがあっても毎月が安い方がいいのはわかるけど、FREETELは縛りがなくて毎月も安いんですよ。データ通信にも従量制があって、月100MBまでなら最低の299円(+通話の基本料金700円)ですんじゃう。1GBまでなら499円(+700円)。この音声通話、つまり電話の基本料金が+700円って昔のNTTは家庭用で1700円(詳しくは忘れた)で光電話は500円(フレッツが別に必要)だから、そんなに高いわけじゃない。

 初めてのスマホなんで操作性については比較対象物が私にはありません。強いて言えばアマゾンFireタブレットだけ。

 Fireタブレットと比較すると画面は小さい(Fire7インチ、REI5.5インチ)ですが、細かい文字や発色などは比較にならないくらい綺麗です。あくまでもFireタブレットとの比較です。なにせ、実質4980円のタブレットですからね。それより悪いはずはない(笑)

 タップやらスワイプやら、Fireよりずっと良いです。他のもっと高価なスマホはもっと良いんでしょうけど、私にはいまんところこれで十分満足です。あちこちで評価を読むとあまり高評価じゃないんですよね。発熱するとか反応が遅いとか。でも、SIMが来るまで約二日間Wifi接続でいじり倒しましたけど、気になることはありませんでした。

 デザイン的にもなんとも言えませんが、電源ボタンがボディの横にあるのがちと使いずらい。他のスマホはどうなんだろ、どこについてるのかな。Fireタブレットはボディの上辺です。いくつかネットで見てきたけど、みな同じ感じですね。ボディの横に電源とその上に音量の大小ボタンが二つ。機種乗り換えても違和感がないようにどこも同じにしてるのかな。車のアクセルとブレーキみたいに。

 なんで使いにくいと思ったのか。まだ慣れてないんで、置いてあるのを持ち上げるときにがばっと掴んじゃうんです。そうすると電源ボタンを押しちゃってスリープになるか、「電源を切りますか?」の画面になっちゃう。音量も調整してあっても、いつのまにかどっちかを押しちゃってるようで突然大きな音になってたり(^_^;) まあこれは慣れなんでしょう。

 FREETELのスマホって最初は画面にナビゲーションバーがありません。「(左向きの)▽ ○ □」ってやつ。ハード的なFREETELボタンってのが一つだけあって、左三角の「戻る」と○の「ホーム」相当の動きしか直感的にわかりませんでした。だから、ホームに戻って次のアプリとか設定とか起動してた。

 開いたアプリをどうやって終了させるんだろうと思いました。思いつつ、スマホってこういうものなのかしら、次を開けば前のは自動的に閉じてるのかな、と。

 やっとナビゲーションバーを表示させるようにできて、出てきた□をタップしたらまあ大変な騒ぎにw なんだこりゃいくつ重なってたんだってくらいにたくさん出てきて、それらをみんな終了させたらバッテリーの減り方が激減しました。

 他にもバッテリーの減りが大きいのってバックグラウンドで勝手にいろいろ通信するからだよねと思い至り、Wifiんときは良いけど、外でモバイルになっても勝手に通信しちゃうのはバッテリーの減りもイヤだけど通信費が増えそうなのもイヤなので、アプリごとに細かく「モバイルネットワークでのバックグラウンドデータを無効」に設定しました。そのアプリを起動したときだけモバイルネットワークで通信できれば私はいい。勝手に同期なんかしてくれなくていい。Wifi使ってるときは裏で同期してくれるんだし、外出したときにまで自動同期は欲しないです。

 次に、通信料を増やさないために、モバイルを低速通信モードってのにしました。速度が制限されるかわりに使用量は無制限だって書いてあります。
 スマホゲームもしないし外出先でスマホの動画(Youtubeとか)も見ないし。速度が200kbpsあればインターネットラジオとかグーグルマップは余裕のはず。
 ところがFREETELの低速モードはものすごく評判悪いです。とても200kbpsは出ないそうで、昔のパソ通時代の高速モデム並み、30~50kbpsも出ればいいほうだとか。「FREETEL 低速通信」で検索すれば情報はたくさん出てきます。ただ、格安SIMは低速度通信に切り替えが出来ない会社のもあるようだし、低速にしても無料になる会社ばかりではなさそうなのと、サービス全般(料金価格面含む)から考えると、総合的にFREETELで正解だったと思います。

 30kbpsだと一時間に13MBくらい? radikoが一時間で50MBくらい通信するようですから、radikoはだめ。radikoというかインターネットラジオやAmazon Musicとか、オンラインでのストリーミング音楽系はダメですね。200kbps出れば余裕だと思うんだけど。FREETELの低速モードがそのうち改善されるように祈ります。

 ちなみに bps はビット表示。30kbps=375バイト/秒です。1024バイトで1メガバイト。375*60*60/1024=13.18メガバイト(MB)

 でもパソ通時代を思えば30kbpsはテキストのやりとりなら高速でありますから、メールはできるはず。さらにGoogleマップも10キロ歩いて1メガくらいしか通信してないってことなんで低速通信で問題なさそう。

 外出時に実際にやってみた。ラジオ系はだめ。まともに音楽が流れてこない。すぐに途切れてバッファ待ち。Googleマップは大丈夫だった。歩きながら見てたら、ちゃんとリアルタイムで自分の位置が移動していく。Gmailの同期も、ジョルテの同期も問題無い。高速と低速通信はいつでもアプリで切り替えできるので(一回切り替えたら30秒は待つ必要はある)、普段は低速にしておくつもり。これならほんとにガラケー時代より便利になって、かつガラケーのランニングコストより安くなるはず。

 あとは、と。入れたアプリは次のとおり。
 Amzon Music
 Radiko
 flaming.com(インターネットラジオ)のアプリ
 ジョルテ(タブレットで使ってるので。ついでにパソコン版も入れて同期させてみた)
 Yahoo!セキュリティ
 同スマホ最適化アプリ
 トヨタのカーナビアプリ(車乗らないんだけど、月額2500円のが無料になったって読んで興味津々でいれてみた。車乗ってたらおもしろかったかも)

 自分で入れたのはそのくらい。Google関連は最初から入ってる。Androidだから?
 ツイッターも最初から入ってた気がする。

 それと、ポケモン(笑) FREETEL REIって「ジャイロセンサー(ポケモンGOのAR機能に対応)」が入ってて、しかもFREETELはポケモン時のデータ通信ノーカウントで無料なんです。LINEはやるつもりないけど、LINEも無料。そのうちポケモンも試して見ます。遊び方覚えるのがめんどくさそうで二の足踏んでますけど、無料だしなあ....

 あと、以下の物を買いました。

強化ガラスの前面保護フルカバー、980円。やはり保護カバーないと不安です。つけた感じはかなり良いです。Fireタブレットにはフィルムの保護カバーをつけたんですが、気泡が入らないように綺麗に貼り付けるのけっこう難しかった。この強化ガラスのは簡単でした。すっとつけられて気泡は全くなしです。

Micro SD 32GB 1480円でした。SDカードは64GBでも高いわけじゃないんだけど、Fireタブレットに64GBを入れてまして、一年使ってもまだ数ギガしか使ってない。中身はほぼ音楽だけ。なので、そんなに要らないと思ったし、Fireの内蔵ストレージが8GB(実質5GBくらい?)に対し、REIの内蔵ストレージは32GB(実質25GBくらい)もある。どうしても足りなくなるならFireのSDカードと取り替えちゃってもいいと思ったんで32GBを。

手帳型ケースカバー。要らないかなと思ったけど試しに。1580円でした。裏のポケットにスイカを入れておけるからいいかも。ただ、電話はやりにくくなったw しばらくつけておくけど、外しちゃうかも。

 もう一つ書きたいことあるんだけど、長くなったので別項にします。スマホの問題というよりパソコン(Windows10)の問題。Androidスマホとパソコン(Windows10)の接続(MTP)問題です。


道路交通法、調べてみた。

 講習とか更新期限延長とかちょっと気になったので調べてみました。
 いまは六法持ってなくてもオンラインでいくらでも調べられる。六法毎年買い換えないし、そういうのが必要な人にはありがたい時代になってますね。

道路交通法←そこの第六章第五節。

 誕生日の一ヶ月前から更新申請できるよ、ってことを法律的文書で書くとこうなる。

第百一条

免許証の有効期間の更新(以下「免許証の更新」という。)を受けようとする者は、当該免許証の有効期間が満了する日の直前のその者の誕生日の一月前から当該免許証の有効期間が満了する日までの間(以下「更新期間」という。)に、その者の住所地を管轄する公安委員会に内閣府令で定める様式の更新申請書(第四項の規定による質問票の交付を受けた者にあつては、当該更新申請書及び必要な事項を記載した当該質問票。第五項及び第百一条の二の二第一項から第三項までにおいて同じ。)を提出しなければならない。

 見た瞬間、めまいがして中を読まない人多数だと思う。括弧書きを外してみると。

免許証の有効期間の更新(以下「免許証の更新」という。)を受けようとする者は、当該免許証の有効期間が満了する日の直前のその者の誕生日の一月前から当該免許証の有効期間が満了する日までの間(以下「更新期間」という。)に、その者の住所地を管轄する公安委員会に内閣府令で定める様式の更新申請書(第四項の規定による質問票の交付を受けた者にあつては、当該更新申請書及び必要な事項を記載した当該質問票。第五項及び第百一条の二の二第一項から第三項までにおいて同じ。)を提出しなければならない。

 この赤字にしたとこだけが中身なんだよね。抜き出せば、法律文書だとか気負わなくても普通に読める。

 免許証の有効期間の更新を受けようとする者は、当該免許証の有効期間が満了する日の直前のその者の誕生日の一月前から当該免許証の有効期間が満了する日までの間に、その者の住所地を管轄する公安委員会に内閣府令で定める様式の更新申請書を提出しなければならない。

 「有効期限が満了する日」というのは別に定めがあって、誕生日の一ヶ月後。その「満了する日が来る直前の誕生日の一ヶ月前」ということなんだけど、そもそも「満了する日」は誕生日の一ヶ月後という条文があるわけで、辞書でこれやられると腹が立つやつね。Aを調べたらB参照となっていて、Bを調べるとAを見よ。とかなってるやつw

 アドベンチャーブックみたいなもんで、書いてある条文の場所に飛んで読み進めるしかない。法律的文書ってだいたいがこんなもん。あっち見たりこっち見たりしないとわかんないように組み立て、かつ、揚げ足を取られないようにしつこく同じことを繰り返して書く。括弧の中にさらに入れ子で括弧があったりするから余計に目が回る。

第百一条

3  公安委員会は、免許を現に受けている者に対し、更新期間その他免許証の更新の申請に係る事務の円滑な実施を図るため必要な事項(その者が更新を受ける日において優良運転者(第九十一条の規定により免許に条件を付されている者のうち内閣府令で定めるもの及び第九十二条の二第一項の表の備考四の規定の適用を受けて優良運転者となる者を除く。)に該当することとなる場合には、その旨を含む。)を記載した書面を送付するものとする。

 ソースコード風に段落つけたらどうなるか。(を{に変えてみたw

公安委員会は、免許を現に受けている者に対し、更新期間その他免許証の更新の申請に係る事務の円滑な実施を図るため必要な事項
 {
  その者が更新を受ける日において優良運転者
   {
    第九十一条の規定により免許に条件を付されている者のうち内閣府令で定めるもの及び第九十二条の二第一項の表の備考四の規定の適用を受けて優良運転者となる者を除く。
   }
  に該当することとなる場合には、その旨を含む。
 }
を記載した書面を送付するものとする。

結局中身で言いたいことはこれだけだ。
公安委員会は、免許を現に受けている者に対し、更新期間その他免許証の更新の申請に係る事務の円滑な実施を図るため必要な事項を記載した書面を送付するものとする。

この規定で更新のお知らせはがきが来るわけ。

第百一条

5  第一項の規定による更新申請書の提出があつたときは、当該公安委員会は、その者について、速やかに自動車等の運転について必要な適性検査(以下「適性検査」という。)を行わなければならない。

 適性検査ってのは視力とかのアレです。視力は機械を覗いてチェックするけど、あとの身体能力は受付窓口で普通に会話して普通に動いていればそれが検査になってるようです。手足も動くし耳も聞こえるってことで。

 気になるのは次。

第百一条

6  前項の規定による適性検査の結果又は第百一条の二の二第三項に規定する書面の内容(同条第五項の規定による適性検査を行つた場合には、当該書面の内容及び当該適性検査の結果)から判断して、当該免許証の更新を受けようとする者が自動車等を運転することが支障がないと認めたときは、当該公安委員会は、当該免許証の更新をしなければならない。

 更新の申請を受けて適性検査が終わったらその時点で更新しなければいけないんじゃないの? 講習はどこ行ったの?と思うよね。更新はしなければならないんだけど、資格として更新してもそれを実際に運転できるようにするために持ち歩かないといけない「免許証」をいつ渡すかは別なわけです。講習を受けないと免許証を渡さないって解釈なんでしょうね。

 講習に関してまず出てくるのは、第百一条の二の二の第四項

4  経由地公安委員会は、当該免許証の更新を受けようとする者が次条第一項の規定により経由地公安委員会が行う第百八条の二第一項第十一号に掲げる講習を受けたときは、その旨をその者の住所地を管轄する公安委員会に通知するものとする。

 として、まず出てきて、ここに書いてある百八条の二第一項第十一号を見ると、

第百八条の二

十一  免許証の更新を受けようとする者、特定失効者又は特定取消処分者に対する第九十二条の二第一項の表の上欄に規定する優良運転者、一般運転者又は違反運転者等の区分に応じた講習

 こうなってて講習を受けないとだめってのはわかるけど、その詳細はここではわからない。この第百八条でいろいろと書いてありますが、このあたりでそろそろ「ちっ、めんどくせー、もういいか」となっちゃうのであります。知りたかったのは本法で明確に定められている有効期限、誕生日の一ヶ月後まで、を条例でさらにもう一ヶ月延長できるのかってことだったんだけど。さらっと読み流しただけではそこには触れてなかった。神奈川県の条例までチェックしないとダメだろうし、めんどくさいw

 専門家(公安委員会)がここらを解釈して実際の運用をしてるんだから全部合法なんだよね、ということで調べるのをあきらめちゃう。法律作ってる人って、そこらも絶対狙ってる。法曹関係者の仕事が減らないようにね(笑)←(笑)をつけてみたけど、けっこうマジでそう思ってます。

 でね、12月12日に申請して2月24日っておかしいだろと思ったので始めた根拠調べだったんですが、ふと思いました。途中で気がついた。

 私の有効期限は2月6日まであります。2月6日に更新手続きに赴いたらどうなるの?って。まさかそこから二ヶ月先の4月末が講習日になってそこまで期限が延長されるとは思えないんです。2月6日、期限ギリギリ最後の日に行ったら、やはり一ヶ月のみ期限延長で講習は当月の2月24日のを割り当てられるような気がする。

 たぶん、期限ギリギリになって駆け込んでくる人が多いんだろうと思う。誕生日が一年通じて均等にあったとしても更新に来る人の残り有効期限が均等ではないわけで。

 つまり、12月末の講習日分がもう満席なんではなくて、12月の講習に組み込まないと免許失効してしまう人が多いのでそのために空けておく。とにかく当月分は駆け込んでくる人のためにぎりぎりまで席を空けておく手法なんではなかろうかと。行政側からしてみれば合理的な手法だと思います。

 そう説明してくれれば、ああそうかと納得できたのに、そんなことおまえらに教える必要はねぇ、ってばかりに日付を指定してそれしかできませんだけでは不信感ばかりになります。

 でもやはり二ヶ月先、延長された期限ぎりぎりの一日しか予約できないってのは困ります。せめて一ヶ月先まで。そこで都合悪くなってももう一回地元で完了できるチャンスを持ちたい。その日も行けなかったらあきらめて二俣川まで行くくらいの気持ちは余裕で持てます。

 有効期限は有効期限として、市民に便宜をはかるための「地元警察署で更新」受付は誕生日までとして、それ以降は試験場に行ってくれとすればいいだけな気もするんですよ。まじめに余裕を持って更新に出向いた人を冷遇する仕組みはおかしい。


運転免許の更新

 5年前にも「運転免許の更新に行ってきました」を書きました。もうあれから5年も経つんですねぇ。早いもんだ。しみじみ。

 私はゴールド免許制度が出来て以来ずっと無事故無違反でゴールド云々ってのは前回書いたから略。五年前のを読んでください(笑)

 それが自慢だったのに、二年半前に「一時停止違反」をしてしまいました。

 したがって、今回初めて「一般運転者」の枠で運転免許更新になります。

 ゴールドのときは思い立ったその日に警察署いってその場で全部終わったのに、一般運転者は一度出向いて更新の受付を済ませ、講習は後日と二度手間です。なんで最初の受付はオンラインでできないんだ、手数料だってペイジーがあるじゃないか、写真だってマイナンバーなんかオンラインで画像送信できるのに。などなど思いましたが、まあ仕方が無い。

 届いたはがきに「講習の受講は後日指定日」の旨が記載されてます。この「後日」って数日後くらいだろう、もしかして行ったその日が空いてたらその日かも、とか軽く考えてました。なにせ初めてですからね。

 もちろん運転免許試験場まで出向けば受付当日講習当日交付、さらに申請用の写真も要らないですけど、うちから二俣川の試験場までかなり遠いんです。横浜で相鉄線に乗り換えないといけないし、さらに二俣川の駅から試験場までかなり歩く。バスもあるけど乗るほどの距離じゃないし、かなり待たされる上に満員になる。一回待ちじゃ乗れないこともある。歩く方が早い。そこらはよくわかってる。ゴールド免許制度が出来る前は所轄の警察での更新制度もなくて二俣川まで行ってました。しかも昔は5年に一度じゃなくて、3年に一度。それで当たり前のときは別になんとも思わなかった。

 というわけで免許の更新をしようと警察署まで行ったら驚愕な事実が。

 いやいやいや(笑)

 ゴールド免許と一般免許の差別。すごいですね。これでもかってほどすごい。横浜だけ?全国的にそうなのかな。

 昨日、12日の午後一番くらいで免許更新の受付に行ったら講習予定日が2月24日ですと! 耳、いやボードを見せられたので目、ですね。目を疑いました。2月? 12月の頭の1が落ちちゃったんじゃないの?などとね。そうじゃなくて2月だと。

 私、誕生日が1月6日ですから免許の有効期限は2月6日までのはず。そこを聞いたら、本日受付すれば有効期限は一ヶ月延びて3月6日までになると。なんとご都合主義なんだ。誕生日の前後一ヶ月というのをそんなに簡単に変えられちゃうんだ。

 で、もし2月24日に体調崩して講習に来られなかったらどうするの?と質問しました。だってほんとうにそうなるかもしれないじゃないですか。返答は、その次の講習には間に合わないので3月6日までに二俣川の運転免許試験場に行ってくださいだと。2月24日が金曜日で3月6日は月曜日です。つまり一週間しかチャンスがない。24日に体調崩してるという前提だと、翌週一週間で元気になってないかもしれないじゃない。試験場は日曜日もやってるのですが、当然激混みのはずだからそんな日に行く気はしない。

 受付しないで帰ってきました。2月6日までまだ二ヶ月近くありますからね。年が明けたら、体調が良く気分が良いときに二俣川まで行ってこようと思います。

 でも、なぜゴールドではない「一般運転者」の更新講習を月に一回にしちゃうんだろ。一ヶ月分の更新者を月一回にまとめて都筑警察署の隣にある都筑区公会堂で講習するんだそうな。12月12日の段階で12月の講習も1月の講習も満員って変でしょ!

 免許の更新、つまり誕生日って年間毎日あるわけで、いま年末だから混んでるとか、混む季節があるとかはないと思うんだよね。月間の更新者数はほぼ一定のはず。同じではないにしても。だいたい一ヶ月に何人くらい更新に来るのかの予測は事前に十分できるじゃないですか。その月の二十日までに受け付けたらその月の最終金曜日とか収容人数的な予定はできないわけがない。やらないのは怠慢以外の何物でも無い。

 怠慢じゃないとしたら、これ、ゴールド免許の優遇性を際立たせるためにわざとやってるんじゃないの? 軽微だろうがなんだろうが違反するとこういう目に遭いますよと思わせるために。少なくとも私にはその効果はあった(笑)

 この件とは別の愚痴も一つ。
 ゴールド免許ではなくなりますが、次回更新は三年後ではなくてまた五年後です。前回がゴールドで「過去5年間に軽微な違反1回」で更新するときは有効期限五年のままなんだそうだ。これ、三年にしてほしかった。

 なぜか。私、いま66歳なんですよ。五年後だと70歳超えて、高齢者講習ってのが一つ余分になる。三年後の更新だとぎりぎりセーフです。その次の75のときはもう免許返上しようかと思ってますから、最後の最後くらい高齢者講習なんてのを受けないで済ませたかった。ゴールドじゃなくなったけど、三年になるならかえって良かったかな、などと思ってたのに二重にがっかりです。

 あ、そうじゃないのか。いまはまだ66歳だけど、1月6日で67歳になるんだ。三年後は70歳ね。70歳「以上」から高齢者講習だから、どっちにしても同じなんだ。じゃあ有効期限五年でいいや。

 警察署まで行って無駄足で帰ってきて、申請用に写真も自撮りじゃなくてインスタント写真のボックスに入るやつで撮って800円も払ったから、合計1200円くらい損してしまった。

 やっぱり、「行政って横柄で不親切で市民のことなんか全然考えて無くて自分たち役人のことだけしか考えてないよなぁ」と思う。