片足立ち

 一種のストレッチです。かかとを上げ下げするのは以前骨密度関連で何回か書きましたが、かなり良いです。

 骨密度の経過については昨年はまだ検査してませんで、二月にする予定になってます。

 かかとを上げ下げしてるときにふと思いました。片足でやったらもしかしてもっと効果あるんじゃない?って。やってみるとなんか良い感じ。

 さっそく検索です。「片足立ち」で検索してみました。まあ出て来るわ来るわw
 どこが本家なのかわかりません。本家というかネタ元かな。とてもうさんくさい。Welq問題が頭をよぎるくらいの胡散臭さ。

 どのサイトも片足立ちの効能をうたってるんですが、どこもかしこも内容がほぼ同じ。

 片足一分、両方で計二分。たったの二分で50分のウォーキングと同じと言ってるんだよね。なにが胡散臭いかって、なんで「50分」なの? 30分とか40分とかのサイトはなくて、判で押したように50分。
 50分のウォーキングと比較して何がそれ以上の効果とかの説明はないのです。とにかく「50分のウォーキングに匹敵する」と。最初に書いた人がなんとなくそう書いたからそのままコピペしただけなんだろね。

 このキーワードでグーグル検索して出てくる上位に、ものすごくもっともらしい名称のサイトがあるんですが、そのサイトのどこさがしても運営者情報が出てこない。リンクをたどると商材売ってるんですね。書いてある内容は目くじら立てるほどのもんじゃ無くて、運動しましょうね、くらいなもんなんですが、こういうのは存在そのものが胡散臭くてだめです。医療とか健康関連のサイトってほんとにどこもおかしなところばかり。医療従事者を名乗って(ドクターもいる!)るのに匿名とか。薬剤師や看護師を名乗ってる「実名サイト」なんか見たことないです。ドクターのは実名サイトいくつも知ってます。見たことがないだけで、存在しないと決めつけてはいけませんけどね。法曹関係は逆に資格を冠した匿名サイトは見当たらないですね。

 ほかにも「運営者情報(みたいなところ)」をクリックしても全然運営者情報が出てこないところ多数。この件に限らないけど。そもそもそういう「みたいなところ」すら無いのが多数。

 糖尿病サイトなんかも似たようなもんです。ものすごく公共的な名称のサイトになっていても、簡単には運営者情報にたどり着けなくて、リンクリンククリッククリックしてやっと行き着いた先が「医療品販売会社」だったりします。最初からそこに行き着ければ別になんとも思わないんですが、なんで隠すの?と思う。

 医療関連に限らずほかもみなそうですよ。とくに医療関係でおかしなのが多いってだけ。「もっともらしい名称」「もっともらしい肩書き」「もっともらしい内容」のサイトを流し読みして信じちゃいけません。まずは運営者を確かめましょう。匿名サイトは単なる雑談です。どこかで読んだことをパクってるだけと思って間違いないです。うちは元々個人の日記サイトみたいなもんですから比較しちゃいけませんw それでも匿名サイトではないです。顔も実名もさらしてます。もうリタイアしちゃいましたが、自分の資格に関係する話しも一切書きませんでした。

 話しが逸れちゃったけど、片足立ち。やってみた感じではかなり効果ありそうです。50分のウォーキングに匹敵するとは思えないですが、やらない(歩かない)よりはずっといいです。

 リタイアしてから一週間とか10日とかの引きこもりはざらにある(一ヶ月内のお出かけが通院時だけとかね)んですけど、以前はちょっと歩いてないと歩いたときにふくらはぎとかももとかけっこうつらかったです。張るというか痛くなるというか。

 かかとの上げ下げ始めた頃からそういうのはほとんどなくなって、少しくらい引きこもっていても外に出たときとくに疲れるようなことはなくなってました。

 片足立ち、やり始めてからもっと楽になった感じです。

 片足立ち、簡単です。

 片足で立って、手は腰に当てる。手を開くと、ほら、やじろべえみたいにバランスとれちゃうから。手を腰につけて、上げた足を降ろすか手が腰から離れたらそこでおしまい。 最初は数十秒もできなかったけど、数日で一分は楽に立っていられるようになります。いまは片足一回二分でやってます。もっと続けられるんだけど、飽きちゃうからw

 片足立ちでつま先立ちしたらどうかなとやってみてるんだけど、これは難しい。良くて15秒、ほとんど10秒くらいしか片足つま先立ちできない。かかとをわずかに上げるだけならもう少し長いけど、でもせいぜい20秒かな。

 これもそのうち分単位でできるようになるんだろか。無理っぽいなw


補食というもの

 補食ってあんまり聞かない言葉ですよね(笑)
 簡単に言っちゃえば「おやつ」ってとこですかね。おやつなんではありますが、1型糖尿病患者にとっては、この「補食」は一般の方には信じられないほど重要。

 なんで補食が重要なのか。自前のインスリンが出ないので体が血糖値を自動調整できないので血糖値が高ければインスリンを打つのは当然として。
 健常者は低血糖にならない(ほとんどならない)んですよ。血糖値が下がってきたら体内センサーが反応してインスリンを止めるだけだから。
 1型は注射で入れたインスリンを取り消すことができません。注射しちゃったインスリンは取り消し不可能です。低ければ血糖値の上がる物を飲食するしかない。低血糖を放置したら目の前に「死」がありますからね。

 食事の前には、これから食べる物が含む炭水化物を計算します。ちょっと違うか。計算じゃないな。確認かな?
 何にどのくらい炭水化物が含まれるかは基本的には食品成分表ってので確認するんだけど、加工食品はたいていパッケージに書いてある。野菜とか肉とか果物とか、つまり生鮮食品などは食品成分表で調べる。毎回というより、よく食べる物は自然に覚えるけどね。ご飯とかパスタ類とか、まあ主食的なものは自然に覚える。

 そうやって、どれだけ炭水化物を食べるかに応じてインスリンを打つ(カーボカウントといいます)んだけど、必ずしもうまくいくわけじゃなくって。気候とかその時の体調とか食後の行動とかいろいろ絡んでくるんで計算どおりにはいかない。いかないことがよくある、のほうが正しいか。

 このときに、とにかく血糖値を上げるために何かを食べる。ここらは「10分って長い(低血糖)」に書きましたので興味があったら読んでみてください。

 前置きが長くなったけど、その「補食」に自分はどんな物を用意してるか、どんなものが好きなのか、って話しを書きたかった(笑)

 基本的に小分け包装で一つ当たり3~10グラム程度の炭水化物を含む物、になります。

(以下画像はアマゾンリンクです。手元にあるそれらを自分で写真撮るのがめんどくさかったので)


 最近のベストワンはこれ。甘い物はそんなに好きじゃないんだけど、チョコだけは昔から好き。このキットカットは1個あたり炭水化物6.4gです。低血糖の具合によって1~2個食べる。


 二番目はこれ、不二家のアーモンドチョコ。一粒当たり炭水化物2.5g。キットカットと組み合わせて一個ずつで計約9gだから補食にちょうどいい。


 三つ目。森永ダース。アマゾンリンクを載せたけど、このくらいになるとコンビニで買っちゃったほうが早いです。画像のためにリンク乗せました(^_^;)
 中身は個別包装じゃないけど、一粒ずつ食べられるので問題ないです。一粒当たり炭水化物1.9g。一粒ずつになってるチョコレート(さっきのアーモンドチョコとか)はたいていどれも一粒当たり2.5g前後なのでどれでも補食用としては大差ないです。いくら炭水化物にシビアな1型とはいっても、さすがに1g以内の差だったら誤差です。たくさん食べると当然差が出ますが。単純に私が森永ダースを好きなだけ。

 他にも様々なものを。ピノなどの一個ずつ食せるアイスも好きです。カップのアイスも残しておけるからいいんだけど、少し食べて残せるかの意志の問題もある。私は残せる(笑)ただ、炭水化物を何グラム食べるという数字的な物がわかりにくくて適当になっちゃうのでやめたほうがいいかも。

 あとは、お出かけ時の安心保険としてアメ(好きなのはHALLSのハイパーミント)を用意してあります。お出かけ時に、食後時間経ってるときなんかはこいつをなめてます。

この下は広告。キットカット好きなので張っておきます。サイドバーにも張っておくかな。



スマホとパソコンのusb接続問題

 スマホとパソコンをUSBで接続するとパソコンからスマホのディレクトリを扱えるようになる。ということになってます。

 Windows10のPCだと初期値のままではうまく接続できないようです。Androidだけの問題なのか、iPhonもそうなのかはわかりません。でもパソコン側の問題だから同じかな?

(最後に書き足しましたが、なんとFREETELのサポートページに解決法が載ってました。せっかく書いたんでこのまま載せちゃいます)

 携帯音楽マシーンとしてスマホを使うつもりな私には必須な作業です。パソコンに取り込んであるCDからの音源をスマホに持っていきたいですからね。

 Fireタブレットのときに少し悩みましたから方法はわかってる。「Fire タブレット 8GB、ブラック:感想他(2)

 同じ方法でやってみても、パソコン側でスマホを認識しないんです。USBでつなぐとスマホ側では選択枝が三つでます。データ転送(MTP)、写真転送(PTP)、充電モード。
当然データ転送を選んでいるんですがパソコン側にデバイスとして認識されません。

 検索しまくりました。ケーブルが対応しているか、も問題なようだったので同梱されてきたケーブルとかFireタブレットのケーブルとか複数試すも同じ。

 写真転送を選んだらどうなるか。やってみた。認識します。でもこれだと写真が入ってるディレクトリ、DCIMしか選択できませんから意味が無い。これを選択して認識してるのを確認したらファイル転送モードに切り替えると認識できるなどの説明もありましたがダメ。

 これはもうオタクの直感で、パソコン側のドライバだよなと。

 もしやと思ってFireタブレットでも試す。最初、購入時にファイル転送しただけでその後はまったくやってなかったのです。最初に転送した分とアマゾンプレミアムの音楽だけで十分だったから。

 なんとFireも認識できなくなってます。去年はまだWindows8.1でしたからね。10にしてからは試してなかった。Windows10の10月だったか11月だったかの大規模アップデートも関係してるのかもしれません。とにかく、前は出来たんだからWindowsのせいとしか思えません。

 そこらを意識して検索するとそれらしい情報がたくさん出てきました。が、どれを試してもダメ。ドライバをオンラインで探すモードにすると、見つかったとは言ってくるんですが、インストールでエラーが出たとか言って動いてくれない。自動で見つけてくれたのにインストールでエラーって何よ、と思った。意味ないじゃん。それは「見つけた」とは言わないで欲しい。

 パソコン内にあるかもしれないドライバを試して見たくてもそれらのドライバはどのフォルダにまとまってるのか、最近の私はオタク度がだだ下がりなので調べてないし、調べるのもめんどくさい。

 ドライバの更新で、「コンピュータを参照して」をクリックし、場所を参照でC:\にして検索してみたんだけど見つからない。

 その下の「コンピューター上のデバイスドライバの一覧から選択」をクリック。互換性のあるすべてのドライバソフトウェアで出てくるんじゃないの、と。

 出てきました。もうインストールしちゃったんで、最初どうだったか再現できないんですけど、たしかずらーっと出てきた中からモバイルなんとかを選んだはず。その中の「MTP USB デバイス」を選択したら認識できるようになりました。それ以外のMTPデバイスは試しても動きませんでした。

 これでFireタブレットも認識できるようになったかなとやってみたら認識されません。同じことを繰り返してMTP USB デバイスをドライバとしてインストールしたら認識されました。機種ごとに必要なのかしら。

 あまり騒ぎになってないようなのは、スマホとパソコンをUSB接続する人が少ないのか、当初は問題無くて例の「Windows 10 Anniversary Update」で引き起こされた問題で、まだそれほど日数が経ってないからなのか。

 Windows10本体が内部に持ってるドライバなのに、ユーザーが手動でインストールしないと動作しないって何かおかしいよね。Googleに対するMicrosoftの意地悪?(笑)
 まあそんなことはないと思うけど、きっといつか是正されると思う。

 と、ここまで書いてから、もしかしてFREETELのサポート情報に何か載ってるのでは、と見てきたら。ちゃんと載ってました(^_^;)

Windows PCにUSB接続できない場合の接続方法

そうです。そこに図解入りで書いてあるとおりです。自分でやったのもこのとおり。だけど一カ所記憶と違うところがある。手順8のところで「MTP USBデバイス」なる用語を知らない(普通知らないって)、わからなかったので、そのまま次へ進み、すべてのデバイスを表示してから「モバイルなんとか」ってところをクリックして出てきたMTP関連の中から「たぶんこれ」と「MTP USBデバイス」を選択しました。なんとかなるもんです(笑)

 これ、FREETELに関係なくAndoroidスマホ(タブレット)に共通する問題だと思う。でも、パソコンにつないでファイルを共有しようって人は多くないんでしょうね。