Windows10のシステムフォントを見やすくする

 デスクトップ画面に置いたアイコンのテキストなどのことです。以下はWindows10にアップデートしたときだから、もう昨年5月ごろの話しなんですが、書こうと思いつつすっかり忘れていたのを突然思い出したので書いておきますw

 Windows7や8から10にアップデートした方、なんだか文字が汚くなったと思いません? 私は思いましたw 汚いというより違和感ですかね。

 Windows10からはそのシステムフォントがメイリオじゃないんですね。「Yu Gothic UI」なるフォントが採用されたんですと。游ゴシック、ですね。

 これが線が細くて目が良い若い人には細かな字も見やすくなり、小さな文字にしてもつぶれず表示されて一画面の情報量が多くなったのかもしれませんが、すでにれっきとした老眼の私にはどうにも読みにくい。

 以前のウィンドウズではアイコンの文字サイズの変更と同時にフォントも指定できたです。もう確かめようがないので記憶だけですが、できたはずです。私は全部メイリオを指定してました。指定しなくても初期値がメイリオだったような記憶もあります。

 Windows10の設定をかなりしつこくさがしましたが、システムフォントの設定変更が見つかりません。以前のウィンドウズの画面設定では文字サイズの変更はありますが、並んでたフォントの設定がありません。

 これはたぶんレジストリあたりを自分でいじらないとダメなのかなと思いましたが、そこらをいじるのは怖いw

 きっと同じように困ってる人がいるはずとGoogleで検索。ありました。ちゃんと変更ツールも公開してくださってる方がいらっしゃいます。ほんとに感謝です。

Windows10 フォントが汚いので一発変更!

 上記からダウンロードしてください。zipファイルでダウンロードされます。ダウンロードされたファイルを右クリックして「すべて展開」します。出来たフォルダ内の「FontChanger.exe」を実行するだけです。readme.txtにも書いてありますが、レジストリなど、Windowsに常駐したり痕跡を残すソフトウェアではなく単純な「ツール」です。使用後、どこかに移動してそのまま残しても良いし、削除しちゃってもだいじょうぶです。

 FontChanger.exeを起動すれば使い方は一目瞭然。以下のような選択画面になりますので選択するだけです。

私はWindows7の「メイリオ」にしてます。やっぱりこれが一番落ち着きますw


アマゾンプライムは「お薦め」です

 昨日、アマゾンプライムのビデオについていろいろ語りましたが。

 アマゾンプライム(←アマゾンプライムにリンク張ってます)ってすごいです。以前、なんでもかんでもグーグルになってきたときに、ほんとにこれでいいのか?などと怖くなったことがあります。ブログネタにした気もする。

 アマゾンの躍進はグーグルの脅威以上ですね。アマゾンプライムすごすぎです。ビジネスなんですからユーザーのみおいしいってことはないはず。アマゾンだって儲けてるはず、とは思うんだけど、でもあれでアマゾンが儲かってるとは信じられない。アマゾン一人勝ちになったあと、一気に反動が来そうで怖い感じもします。

 でも、いまはまだユーザーの方がお得。あとで反動が来てマイナスになっても、あのとき得したから少しは許せるという気になるためにも、アマゾンプライムは今が旬だと思ってますw

 年会費3900円です。私は初年度は入会した時点で元取れてます。アマゾンファイアータブレットを会員価格で買いましたからね。年会費よりプライム会員値引き(4000円引き)の方が大きいという、謎設定。

 もうそれだけで年会費3900円の元は取れてる上に、元々はアマゾンプライムミュージックが目的だったわけで、あの聞き放題も3900円に含まれる。3900円って年間ですよ。月にしたら325円。嘘でしょってくらいw さらにプライム会員になるとほとんどの商品で送料無料になって翌日には届く。月に一回程度アマゾンで買い物する人でも送料だけで元取れちゃう。音楽好きならもう文句なし。

 そうだ、ちょっと外れますけど、アマゾンで買い物するならブラウザはGoogleChromeにして拡張機能に「Keepa – Amazon Price Tracker(←リンク張ってあります)」を入れておくことをお薦めします。
 これを入れておくと、アマゾンで商品を見ると価格変動が表示されます。販売価格がけっこう上下動しますからね。高いときに買うと損した気になっちゃいますからね。
Chromeの導入はこちら。

Chromeに上記の拡張を入れてアマゾンで商品を見ると以下の画像のような感じで価格変動が表示されます。

 これ入れておくと、通常価格がいくらなのか一目瞭然。ログインとかアカウントの登録とかありますけど、登録しようとしたらうまくできなかった。商品の価格変動だけ見るなら無視しても全然問題ないみたい。

 だけど、ほんとにこれで日本の小売り(オンラインショップ含む)や流通はアマゾン以外、生き残って行かれるのかしらね。情報弱者がたくさんいるからだいじょぶなのかしら。

以下、2017/2/12追記です。
Chrome用のKeepa Amazon Price Trackerが削除されてますね。アマゾンからクレームでも入ったのでしょうか。これ、かなりアマゾンに不利になる可能性が高い拡張機能なんですよね。とくにマーケットプレイス出品の価格操作が一目瞭然になっちゃうから。
価格表示で「通常価格、現在の価格、値引き額」の表示が嘘のやつがすぐばれちゃう。

バグかなんかで当面消してあるだけかも知れませんので、リンクはそのまま張っておきます。まだFireFox用のアドオンはダウンロード出来るままになってますので、FireFox用のをゲットしておくといいかもしれません。
拡張機能やアドオンは一度入れておけば元が削除されてもそのまま使えます。Opera用のもあるようです。Operaは使ってないので確認できませんが。

Keepa Amazon Price Trackerのアドオンページ。

該当ブラウザで上記にアクセスし、選択してください。
もしこれらが全部なくなったら、アマゾンからのクレームってことで確定かも知れません。
ああ、でもGoogleのWebstore経由だから登録取り消しに出来ても、それ以外は消せないかも知れませんね。


アマゾンプライムのビデオ

 ツイッターで軽くつぶやこうかと思ったけど、けっこう書くことありそうなのでブログネタに。すっげぇ長文になってしまったw

 実は昨年8月ごろからアマゾンプライムのビデオ、それもアメリカンTVドラマ字幕版にはまり込んでいます。字幕版じゃないとダメ。英語と日本語って響きが全然違います。
 吹き替え版だとどんなにすごい声優さんがやってても深さが違う。英語と日本語では言葉から聞こえてくるメロディーとリズムが全然違うから。

 きっかけは「Fire TV Stick」がタイムセールで安くなってるのを見つけたこと。(遡って調べたけどブログネタにしてないですね。いつ買ったのか調べるの大変だった。やっぱり備忘録なブログは私には必要ね)

 いままではテレビの映画番組を予約録画しておいて、あとでCM飛ばしながら見てた。60歳のお祝いでHDD付きのテレビもらってからだから、もう7年か。かなり見て、すでに見たのがちらほら出始めて、好きなジャンルの見てないのもなかなかなくなってきて。ちょうど良いタイミングだった気がする。

 何本か見た後、映画ってほら、1時間半から2時間前後かかりますんで、見ようと思うとかまえちゃうんですよねw いまから二時間かかるぞと。

 もともと大好きだったアメリカンドラマに方向転換しました。ドラマだとシリーズによって違いますが、一本(一話)30分か40~45分くらい。ちょこちょこっと見るのに都合良い。とは言いながら、結局は何話かまとめて見ちゃうのでそれなりの時間かかったりするんだけどw

 私ね、元々アメリカンドラマ大好き人間なんですよ。小さい頃からの刷り込みもある。たぶん同世代の人はみな似たようなもんだと思うし、あげればキリがないんだけど、ローハイド、ララミー牧場、名犬ラッシー、ルート66、ベンケーシー、サンセット77、うちのママは世界一、パパは何でも知っている、逃亡者、名犬リンチンチンなどなどなど。サクッと調べずに思い出せる範囲で少なくともこれ以上ある。これ以外に多数のアニメ。ポパイとかヘッケルとジャッケルとかフィリックスとかいろいろ。ディズニーよりかそれ以外が多いね。たぶん放映権とか放映料がディズニーは高かったんでしょう。金曜日の夜、プロレスとディズニーが一週交替だった記憶があります。日本テレビだったかな。

 書いてて、パパは何でも知っている、のオープニングメッセージを突然思い出しちゃった。長男バド、長女(なんだっけな)、末っ子ベティ!、パパは何でも知っている!
 ん、長女がベティで末っ子キャシーだったっけか。長男のお友達がもう典型的なちょい悪ヤンキーでいつも問題起こすんだけど、パパが解決するという。これでもかって言うくらいのアメリカンなファミリードラマだった。って、どうでもいいか。

 いまでもテレビ東京の平日お昼にアメリカンドラマをやってます。一週間に一度じゃなくて、毎日毎日やるの。シリーズを続けてずっと。録画してずっと見てた。アマゾンプライムでアメリカンTVドラマ見るようになってテレビ東京のは見なくなってしまった。

 昨年8月から今日まで見たシリーズは以下のとおり。それ以外に数話見てお蔵入りしたのも何本かあります。
 
グリー ★★★★★
 これはもうすごいとしか言えないです。シーズン1からシーズン5まで一気にみました。ファイナルシーズンだけプライムになかった。いつか配信されると願ってます。また1から見ようかと思ったらもうプライムにないのね。またプライムで配信されたら1から見直そうと思うくらいすごいです。

ハワイ・ファイヴ・オー ★★★★
 これはテレビ東京の昼のやつでシーズン3くらいまで見てたのでその続き。おもしろいです。オリジナルは1968年放映で、そのリメイク版2010年制作ってことだけど、オリジナルの記憶がない。コニースティーブンスが主演してたハワイアンアイなら覚えてるんだけど。探偵物だったな。探偵物多かったな。サンセット77とか。1968年じゃもうあんまりTV見てなかった気がする。見てなくて当然か。

ユーリカ ★★★★
 SF好きにはたまらない設定のドラマw ドラえもんとか藤子・F・不二雄作品が好きな人はきっと好きです。ファイナルシーズンまで配信されてますけど、最後の方はすこし飽きた。

アンダーザドーム ★★★
 同じくSFだけど、好きな人は好きってところかな。ファイナルシーズンが配信されてないけど、まあ見れるとこまででいいかなって感じです。

バトルスター・ギャラクティカ ★★★★
 スペースオペラなSF好きは絶対はまるシリーズw
 ただ、どのドラマもそうだけどシーズン1の第一話見ないとそもそもの始まりがわからないってあるじゃないですか。シーズン1の第三話くらいまで我慢しないとのめり込めないのが多いです。それ以降はもう寝食惜しんで状態になることもあるけどw

 ギャラクティカは第一話見ても話しがちんぷんかんぷんでのめり込めないんです。ドームより先に見始めたんだけど最初はそのまましばらく放置しちゃったくらい。ドームを見終わって、もう一度見始めてかなり我慢して見続けて、ふっとはまったw
 あとでWikiみてわかったけど、これ、シーズン1の第一話の前、つまりシリーズになる前のがあるのね。それを引き継いでシーズン1にしたから、そこから見ると話しがわけわかめなんだ。見てるとだんだんとそこらのいきさつもわかってはくるんだけど。
 で、このキャスト。ハワイファイブオー主演の女の子がメインキャストです。最初びっくりしましたけど、こっちが先なんだね。こっちで脚光を浴びて女優として人気が出てハワイファイブオーに出るようになったらしい。

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル ★★★★★
 アマゾンオリジナルで一話30分。
 「のだめ」にはまる人ならたぶんはまる。間違いなくはまるw
 のだめは天才指揮者の卵(千秋)と天才ピアニストの卵(のだめ)のドラマだったけど、モーツァルト・イン・ザ・ジャングル はすでに評価されている天才指揮者(ロドリゴ)と発展途上のオーボエ奏者(ヘイリー)の物語。

 もちろん内容も進行も全然違います。オーバーラップするところは全然ないです。バックボーンがクラシックオーケストラだということだけ。
 ああ、オーケストラの運営(維持)が大変だってのは共通するけど、それは創作ではなく現実問題だろうしね。

ベータス ★★★
 ITのスタートアップが題材のアマゾンオリジナル。よくできてると思う。おもしろかった。一話30分です。

フリンジ ★★★★
 これまたSFです。SFの下地がある人なら間違いなくはまる。パラレルワールドが題材で始まるんだけど、いつの間にかタイムトラベルのパラドックスがテーマになってる。突っ込みどころ満載なんだけど、そもそもがSFなんだから突っ込んじゃいけない。ユーリカみたいに頭から荒唐無稽なドラえもん話しなら気にしないのと同じように細かいところは突っ込まずに見た方がいい。

 参考までに書くと、パラレルワールドのこちら側の話しのときはタイトルが青っぽくて、あちら側のときは赤っぽいです。シンボルみたいな自由の女神もそういう配色になってる。シーズン3で行ったり来たりになるとゴールド(黄色?)なタイトルになります。それを知ってて見ると混乱も少しはおさまるかとw
 大昔のTVドラマでいえばトワイライトゾーン的なドラマ。私はトワイライトゾーンのオリジナルを視聴していた世代です。

 さっき、フリンジのファイナル最終話を見終わりました。
 さて、次は何見るかな。ドラマばっかりでウォッチリストにたまりまくった映画でも見ようかしら。