アマゾンプライムのビデオ

 ツイッターで軽くつぶやこうかと思ったけど、けっこう書くことありそうなのでブログネタに。すっげぇ長文になってしまったw

 実は昨年8月ごろからアマゾンプライムのビデオ、それもアメリカンTVドラマ字幕版にはまり込んでいます。字幕版じゃないとダメ。英語と日本語って響きが全然違います。
 吹き替え版だとどんなにすごい声優さんがやってても深さが違う。英語と日本語では言葉から聞こえてくるメロディーとリズムが全然違うから。

 きっかけは「Fire TV Stick」がタイムセールで安くなってるのを見つけたこと。(遡って調べたけどブログネタにしてないですね。いつ買ったのか調べるの大変だった。やっぱり備忘録なブログは私には必要ね)

 いままではテレビの映画番組を予約録画しておいて、あとでCM飛ばしながら見てた。60歳のお祝いでHDD付きのテレビもらってからだから、もう7年か。かなり見て、すでに見たのがちらほら出始めて、好きなジャンルの見てないのもなかなかなくなってきて。ちょうど良いタイミングだった気がする。

 何本か見た後、映画ってほら、1時間半から2時間前後かかりますんで、見ようと思うとかまえちゃうんですよねw いまから二時間かかるぞと。

 もともと大好きだったアメリカンドラマに方向転換しました。ドラマだとシリーズによって違いますが、一本(一話)30分か40~45分くらい。ちょこちょこっと見るのに都合良い。とは言いながら、結局は何話かまとめて見ちゃうのでそれなりの時間かかったりするんだけどw

 私ね、元々アメリカンドラマ大好き人間なんですよ。小さい頃からの刷り込みもある。たぶん同世代の人はみな似たようなもんだと思うし、あげればキリがないんだけど、ローハイド、ララミー牧場、名犬ラッシー、ルート66、ベンケーシー、サンセット77、うちのママは世界一、パパは何でも知っている、逃亡者、名犬リンチンチンなどなどなど。サクッと調べずに思い出せる範囲で少なくともこれ以上ある。これ以外に多数のアニメ。ポパイとかヘッケルとジャッケルとかフィリックスとかいろいろ。ディズニーよりかそれ以外が多いね。たぶん放映権とか放映料がディズニーは高かったんでしょう。金曜日の夜、プロレスとディズニーが一週交替だった記憶があります。日本テレビだったかな。

 書いてて、パパは何でも知っている、のオープニングメッセージを突然思い出しちゃった。長男バド、長女(なんだっけな)、末っ子ベティ!、パパは何でも知っている!
 ん、長女がベティで末っ子キャシーだったっけか。長男のお友達がもう典型的なちょい悪ヤンキーでいつも問題起こすんだけど、パパが解決するという。これでもかって言うくらいのアメリカンなファミリードラマだった。って、どうでもいいか。

 いまでもテレビ東京の平日お昼にアメリカンドラマをやってます。一週間に一度じゃなくて、毎日毎日やるの。シリーズを続けてずっと。録画してずっと見てた。アマゾンプライムでアメリカンTVドラマ見るようになってテレビ東京のは見なくなってしまった。

 昨年8月から今日まで見たシリーズは以下のとおり。それ以外に数話見てお蔵入りしたのも何本かあります。
 
グリー ★★★★★
 これはもうすごいとしか言えないです。シーズン1からシーズン5まで一気にみました。ファイナルシーズンだけプライムになかった。いつか配信されると願ってます。また1から見ようかと思ったらもうプライムにないのね。またプライムで配信されたら1から見直そうと思うくらいすごいです。

ハワイ・ファイヴ・オー ★★★★
 これはテレビ東京の昼のやつでシーズン3くらいまで見てたのでその続き。おもしろいです。オリジナルは1968年放映で、そのリメイク版2010年制作ってことだけど、オリジナルの記憶がない。コニースティーブンスが主演してたハワイアンアイなら覚えてるんだけど。探偵物だったな。探偵物多かったな。サンセット77とか。1968年じゃもうあんまりTV見てなかった気がする。見てなくて当然か。

ユーリカ ★★★★
 SF好きにはたまらない設定のドラマw ドラえもんとか藤子・F・不二雄作品が好きな人はきっと好きです。ファイナルシーズンまで配信されてますけど、最後の方はすこし飽きた。

アンダーザドーム ★★★
 同じくSFだけど、好きな人は好きってところかな。ファイナルシーズンが配信されてないけど、まあ見れるとこまででいいかなって感じです。

バトルスター・ギャラクティカ ★★★★
 スペースオペラなSF好きは絶対はまるシリーズw
 ただ、どのドラマもそうだけどシーズン1の第一話見ないとそもそもの始まりがわからないってあるじゃないですか。シーズン1の第三話くらいまで我慢しないとのめり込めないのが多いです。それ以降はもう寝食惜しんで状態になることもあるけどw

 ギャラクティカは第一話見ても話しがちんぷんかんぷんでのめり込めないんです。ドームより先に見始めたんだけど最初はそのまましばらく放置しちゃったくらい。ドームを見終わって、もう一度見始めてかなり我慢して見続けて、ふっとはまったw
 あとでWikiみてわかったけど、これ、シーズン1の第一話の前、つまりシリーズになる前のがあるのね。それを引き継いでシーズン1にしたから、そこから見ると話しがわけわかめなんだ。見てるとだんだんとそこらのいきさつもわかってはくるんだけど。
 で、このキャスト。ハワイファイブオー主演の女の子がメインキャストです。最初びっくりしましたけど、こっちが先なんだね。こっちで脚光を浴びて女優として人気が出てハワイファイブオーに出るようになったらしい。

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル ★★★★★
 アマゾンオリジナルで一話30分。
 「のだめ」にはまる人ならたぶんはまる。間違いなくはまるw
 のだめは天才指揮者の卵(千秋)と天才ピアニストの卵(のだめ)のドラマだったけど、モーツァルト・イン・ザ・ジャングル はすでに評価されている天才指揮者(ロドリゴ)と発展途上のオーボエ奏者(ヘイリー)の物語。

 もちろん内容も進行も全然違います。オーバーラップするところは全然ないです。バックボーンがクラシックオーケストラだということだけ。
 ああ、オーケストラの運営(維持)が大変だってのは共通するけど、それは創作ではなく現実問題だろうしね。

ベータス ★★★
 ITのスタートアップが題材のアマゾンオリジナル。よくできてると思う。おもしろかった。一話30分です。

フリンジ ★★★★
 これまたSFです。SFの下地がある人なら間違いなくはまる。パラレルワールドが題材で始まるんだけど、いつの間にかタイムトラベルのパラドックスがテーマになってる。突っ込みどころ満載なんだけど、そもそもがSFなんだから突っ込んじゃいけない。ユーリカみたいに頭から荒唐無稽なドラえもん話しなら気にしないのと同じように細かいところは突っ込まずに見た方がいい。

 参考までに書くと、パラレルワールドのこちら側の話しのときはタイトルが青っぽくて、あちら側のときは赤っぽいです。シンボルみたいな自由の女神もそういう配色になってる。シーズン3で行ったり来たりになるとゴールド(黄色?)なタイトルになります。それを知ってて見ると混乱も少しはおさまるかとw
 大昔のTVドラマでいえばトワイライトゾーン的なドラマ。私はトワイライトゾーンのオリジナルを視聴していた世代です。

 さっき、フリンジのファイナル最終話を見終わりました。
 さて、次は何見るかな。ドラマばっかりでウォッチリストにたまりまくった映画でも見ようかしら。


片足立ち

 一種のストレッチです。かかとを上げ下げするのは以前骨密度関連で何回か書きましたが、かなり良いです。

 骨密度の経過については昨年はまだ検査してませんで、二月にする予定になってます。

 かかとを上げ下げしてるときにふと思いました。片足でやったらもしかしてもっと効果あるんじゃない?って。やってみるとなんか良い感じ。

 さっそく検索です。「片足立ち」で検索してみました。まあ出て来るわ来るわw
 どこが本家なのかわかりません。本家というかネタ元かな。とてもうさんくさい。Welq問題が頭をよぎるくらいの胡散臭さ。

 どのサイトも片足立ちの効能をうたってるんですが、どこもかしこも内容がほぼ同じ。

 片足一分、両方で計二分。たったの二分で50分のウォーキングと同じと言ってるんだよね。なにが胡散臭いかって、なんで「50分」なの? 30分とか40分とかのサイトはなくて、判で押したように50分。
 50分のウォーキングと比較して何がそれ以上の効果とかの説明はないのです。とにかく「50分のウォーキングに匹敵する」と。最初に書いた人がなんとなくそう書いたからそのままコピペしただけなんだろね。

 このキーワードでグーグル検索して出てくる上位に、ものすごくもっともらしい名称のサイトがあるんですが、そのサイトのどこさがしても運営者情報が出てこない。リンクをたどると商材売ってるんですね。書いてある内容は目くじら立てるほどのもんじゃ無くて、運動しましょうね、くらいなもんなんですが、こういうのは存在そのものが胡散臭くてだめです。医療とか健康関連のサイトってほんとにどこもおかしなところばかり。医療従事者を名乗って(ドクターもいる!)るのに匿名とか。薬剤師や看護師を名乗ってる「実名サイト」なんか見たことないです。ドクターのは実名サイトいくつも知ってます。見たことがないだけで、存在しないと決めつけてはいけませんけどね。法曹関係は逆に資格を冠した匿名サイトは見当たらないですね。

 ほかにも「運営者情報(みたいなところ)」をクリックしても全然運営者情報が出てこないところ多数。この件に限らないけど。そもそもそういう「みたいなところ」すら無いのが多数。

 糖尿病サイトなんかも似たようなもんです。ものすごく公共的な名称のサイトになっていても、簡単には運営者情報にたどり着けなくて、リンクリンククリッククリックしてやっと行き着いた先が「医療品販売会社」だったりします。最初からそこに行き着ければ別になんとも思わないんですが、なんで隠すの?と思う。

 医療関連に限らずほかもみなそうですよ。とくに医療関係でおかしなのが多いってだけ。「もっともらしい名称」「もっともらしい肩書き」「もっともらしい内容」のサイトを流し読みして信じちゃいけません。まずは運営者を確かめましょう。匿名サイトは単なる雑談です。どこかで読んだことをパクってるだけと思って間違いないです。うちは元々個人の日記サイトみたいなもんですから比較しちゃいけませんw それでも匿名サイトではないです。顔も実名もさらしてます。もうリタイアしちゃいましたが、自分の資格に関係する話しも一切書きませんでした。

 話しが逸れちゃったけど、片足立ち。やってみた感じではかなり効果ありそうです。50分のウォーキングに匹敵するとは思えないですが、やらない(歩かない)よりはずっといいです。

 リタイアしてから一週間とか10日とかの引きこもりはざらにある(一ヶ月内のお出かけが通院時だけとかね)んですけど、以前はちょっと歩いてないと歩いたときにふくらはぎとかももとかけっこうつらかったです。張るというか痛くなるというか。

 かかとの上げ下げ始めた頃からそういうのはほとんどなくなって、少しくらい引きこもっていても外に出たときとくに疲れるようなことはなくなってました。

 片足立ち、やり始めてからもっと楽になった感じです。

 片足立ち、簡単です。

 片足で立って、手は腰に当てる。手を開くと、ほら、やじろべえみたいにバランスとれちゃうから。手を腰につけて、上げた足を降ろすか手が腰から離れたらそこでおしまい。 最初は数十秒もできなかったけど、数日で一分は楽に立っていられるようになります。いまは片足一回二分でやってます。もっと続けられるんだけど、飽きちゃうからw

 片足立ちでつま先立ちしたらどうかなとやってみてるんだけど、これは難しい。良くて15秒、ほとんど10秒くらいしか片足つま先立ちできない。かかとをわずかに上げるだけならもう少し長いけど、でもせいぜい20秒かな。

 これもそのうち分単位でできるようになるんだろか。無理っぽいなw


補食というもの

 補食ってあんまり聞かない言葉ですよね(笑)
 簡単に言っちゃえば「おやつ」ってとこですかね。おやつなんではありますが、1型糖尿病患者にとっては、この「補食」は一般の方には信じられないほど重要。

 なんで補食が重要なのか。自前のインスリンが出ないので体が血糖値を自動調整できないので血糖値が高ければインスリンを打つのは当然として。
 健常者は低血糖にならない(ほとんどならない)んですよ。血糖値が下がってきたら体内センサーが反応してインスリンを止めるだけだから。
 1型は注射で入れたインスリンを取り消すことができません。注射しちゃったインスリンは取り消し不可能です。低ければ血糖値の上がる物を飲食するしかない。低血糖を放置したら目の前に「死」がありますからね。

 食事の前には、これから食べる物が含む炭水化物を計算します。ちょっと違うか。計算じゃないな。確認かな?
 何にどのくらい炭水化物が含まれるかは基本的には食品成分表ってので確認するんだけど、加工食品はたいていパッケージに書いてある。野菜とか肉とか果物とか、つまり生鮮食品などは食品成分表で調べる。毎回というより、よく食べる物は自然に覚えるけどね。ご飯とかパスタ類とか、まあ主食的なものは自然に覚える。

 そうやって、どれだけ炭水化物を食べるかに応じてインスリンを打つ(カーボカウントといいます)んだけど、必ずしもうまくいくわけじゃなくって。気候とかその時の体調とか食後の行動とかいろいろ絡んでくるんで計算どおりにはいかない。いかないことがよくある、のほうが正しいか。

 このときに、とにかく血糖値を上げるために何かを食べる。ここらは「10分って長い(低血糖)」に書きましたので興味があったら読んでみてください。

 前置きが長くなったけど、その「補食」に自分はどんな物を用意してるか、どんなものが好きなのか、って話しを書きたかった(笑)

 基本的に小分け包装で一つ当たり3~10グラム程度の炭水化物を含む物、になります。

(以下画像はアマゾンリンクです。手元にあるそれらを自分で写真撮るのがめんどくさかったので)


 最近のベストワンはこれ。甘い物はそんなに好きじゃないんだけど、チョコだけは昔から好き。このキットカットは1個あたり炭水化物6.4gです。低血糖の具合によって1~2個食べる。


 二番目はこれ、不二家のアーモンドチョコ。一粒当たり炭水化物2.5g。キットカットと組み合わせて一個ずつで計約9gだから補食にちょうどいい。


 三つ目。森永ダース。アマゾンリンクを載せたけど、このくらいになるとコンビニで買っちゃったほうが早いです。画像のためにリンク乗せました(^_^;)
 中身は個別包装じゃないけど、一粒ずつ食べられるので問題ないです。一粒当たり炭水化物1.9g。一粒ずつになってるチョコレート(さっきのアーモンドチョコとか)はたいていどれも一粒当たり2.5g前後なのでどれでも補食用としては大差ないです。いくら炭水化物にシビアな1型とはいっても、さすがに1g以内の差だったら誤差です。たくさん食べると当然差が出ますが。単純に私が森永ダースを好きなだけ。

 他にも様々なものを。ピノなどの一個ずつ食せるアイスも好きです。カップのアイスも残しておけるからいいんだけど、少し食べて残せるかの意志の問題もある。私は残せる(笑)ただ、炭水化物を何グラム食べるという数字的な物がわかりにくくて適当になっちゃうのでやめたほうがいいかも。

 あとは、お出かけ時の安心保険としてアメ(好きなのはHALLSのハイパーミント)を用意してあります。お出かけ時に、食後時間経ってるときなんかはこいつをなめてます。

この下は広告。キットカット好きなので張っておきます。サイドバーにも張っておくかな。