LPレコード

数回の引っ越し時に梱包を解いて「とりあえずひとまとめごと」にラックに突っ込み。を繰り返してたらシャッフル状態に。
久しぶりにアレコレ聴いてみようと引っ張り出すんだけど、なぜか何度も同じのを引っ張ってしまう。端から順に見ていくのも大変だ。ってことでなんとかしなきゃと整理を始めた。

まずは二つあるラックから全部を引っ張り出して床に置いてみた。数えてないけど、ざっと見た感じ、記憶よりかなり少ない。もっと多かったはずなんだけど、取り出しながら見てたら、まず一番に気がついたのが「キャロル」がない。他にも記憶にあるのがアレもないコレもない。誰かに貸したままな気がする。絶対捨ててはいない。はず。もういまさらしょうがないか。
レコードは「貸したらおしまい」なんだよね。

とりあえず置いたレコードの山
とりあえず置いてみた

大雑把に分けてみた。邦盤はわけるのめんどうだな。
大雑把にわけた


robots.txt と favicon.ico の話し

サーバを自分で構築している人は WEB 用のメインディレクトリより上のディレクトリを見に行けると思います。そこにシステムの作ったログがいろいろとあるのですが、エラーが記録されてるログもあります。たぶん。中身はテキストなので見てみるとおもしろいです。
もちろんほんとうにエラーなものもあります。存在しないディレクトリを参照しようとしているとか、もうとっくにないファイルやディレクトリを検索ロボットが見ようとしたためとか、どこぞの検索サイトに旧の「なかのさんちの倉庫」がまるまるキャッシュで残っているようで、その中のリンクタグをクリックしてきてのエラーだとか。でもそれらは本当のエラーですから仕方ないし、そんなに多いわけではないです。

多くを占めるのが「robots.txt」と「favicon.ico」を見ようとして起きてる File Not Found エラー。この二つは何だと思います?

robots.txt というのは検索ロボットに指示を出すためのファイルです。指示を出すためのファイルですから、検索ロボットはまずこれを見ようとします。存在しなければ普通に検索して中身をかっさらっていくのですが、その「見ようとしたとき」に無いのでエラーです。エラーがでないようにするには robots.txt を置けばいいだけ。いままでどおり普通に検索して欲しかったら、中身が空の robots.txt を置けばいいし、指示を出したかったらそれなりに中身を書けばいい。書き方の詳細は略します。検索すれば参考サイトがいっぱい出てきます。ちなみに、robots.txt を参照するのは義務ではないようですけど、有名どころの検索ロボットはほとんどこれを参照しているようです。
その書き方次第で「検索するな」とか「検索は何分以上間をあけてから」とか指示できます。

favicon.ico、これはアイコンファイルです。ブックマーク(お気に入り)に登録したサイトの左側にアイコンがつくのとつかないのとがあります。いまはURL窓の一番左にも表示されますね。

これの正体が favicon.ico です。ごく普通のアイコンファイルを作って、サイトのメインディレクトリ(ルート直下)に置くだけです。設定もなにもいりません。ftp でアップロードしておくだけ。


※設定が何も要らないのは FireFox だけみたいでした。Internet Explorer だと以下のタグを index.html に入れないとダメみたいです。

<link rel=“icon” href=http://example.com/favicon.ico type=“image/x-icon” />

<link rel=“Shortcut Icon” href=http://example.com/favicon.ico type=“img/x-icon” />

この二つを <head>タグ内に置いてください。下線部はもちろん自分の環境に合わせて書き換えて。

(09/08/31 22:03 追加しました)
(09/09/01 13:23 さらに編集追加しました)


Internet Explorer でも FireFox でも必ずこのアイコンファイルを見に行きます。なければ何もしないだけなんですが、無ければ見ようとしたときに当然エラーになりますのでエラーログに入ってしまう。エラーログが太ります。

上記どちらも実害はないんですが、無駄に大きなファイルになるのがわかっているのに放置することもないんじゃないかな、と私は思うのです。favicon.ico なんかはあったほうがいいですしね。私んとこの favicon.ico はその昔自作テキストエディタ用に日本武尊さんが作ってくれた雪山に熱気球が飛んでるやつ。小さくてそう見えないかもしれないけど、雪山に熱気球。そう思えばそう見えるでしょ?(^_^)


時間の感覚

 時間って、不変なものじゃないってのは有名なところですけど、それらの話しは物理的な時間のことですよね。
 そうじゃなくて、自分で感じる時間の感覚ってのも速かったり遅かったりします。私、数年前に時間がめちゃくちゃ遅くなったのを経験してます。まだ一時間もたってないのに何時間も過ぎたような感覚ね。逆か、速くなったのか。自分だけ速く時が過ぎていくから廻りが相対的に遅くなる。ものすごく焦ります。あれもしてないこれもしてないのにもう日にちだけどんどん過ぎていくって思う。何かを待つときなんかもう大変。なんでこんなに待たせるんだとイライラの極みです。

 まあ、それは脇に置いてと。

 年取ってくると時間の進み方が速く感じます。子供の頃は長かったですよね。小学校の授業での一時限、45~50分くらいでしたか。すごく長かった。小学三年のころだったか、7月の始めにカレンダー見て、「あら? 夏休みって今月の20日からだよね」と思い、それが永遠の彼方ほど遠く感じたのも覚えてます。実際に夏休みに入るあっという間に終わるんですけどね(^_^)

 最近は週に一度のテレビ番組を見て、なんだか昨日も見たような気がしたり。月曜日だ、また一週間仕事かと思ってると、いつの間にか金曜日だったり。

 これって、時間の感覚が人生の残り時間に反比例してるんじゃないですかね。寿命が近づくに連れ時間の進み方が速くなっていき、実際に死ぬ直前、廻りで見てると苦しんでる時間が長く見えても、本人にはもう一瞬何じゃないかな、とか。んで、最後の最後、死ぬほんとにその瞬間、時間がひっくり返って無限大になって、本人はずっと生きてるのかもしれないな。

 私、低血圧がひどいのです。普段でも上80くらい。年に数回、上60下40なんてことがあるんですけど、そうなると4~5時間くらい横になってます。長いと思うでしょ? それがなんだか速いんです。眠ってるわけではないです。とても寝られはしない(^_^;) でもあっという間に時間が過ぎる。これってもしかして。とか思ったり。

 医者に言わせると「低血圧では死なない。死ぬときは血圧が下がるだけ」なんだそうで、高血圧を下げる手段はあっても、低血圧を上げる手段は無いとは言わないが無いんだそうです。横になってじっとしてろと。
血圧を上げれば心臓に負担がかかる。低いまま寝てる方がマシってことらしい。