2017年09月27日一覧

Bluetoothの小さなスピーカー

 この一年前後でアマゾンで買ったもので、買ってよかったと使い続けてる物がいくつかあります。

 まずは二つほどあげておきます。

サーモスのステンレスタンブラー:毎日使わないことがないです。でも保冷は抜群だけど保温はそれほどでもないかな。蓋を買わなかったからかもしれない。暖かいのは上に抜けますからね。冷たい飲み物入れても外側に露がつかない、置いたところが濡れないというのがとにかく嬉しいです。

フィリップスのイヤフォン:これもお出かけ時の必需品。もう一年半以上前なんですね。最近、めちゃくちゃ安くなってたので予備に一つ買い足したくらい気に入ってます。

 さて、タイトルのbluetoothのスピーカー。Anker SoundCore。ブログネタにしてませんでしたので、いつ買ったのか記録を見てみました。去年の8月31日に3999円で買ってます。
 これがなんというかね、お昼寝するときになくてはならない存在になってます。

 音源はアマゾンプライムミュージックをAmazonFireタブレット経由で。なお、私はタブレット使ってますけど、スマホからBluetooh経由で音楽聴いてるときはかかってきた電話に出られます。スピーカーフォンになっちゃうけどね。上部のボタンを押せば内蔵マイクでそのまま通話できます。

 私はボーカルが好きなんですけど、このスピーカー、中高音がとても素晴らしい。サウンドって、分解能?解像度?どっちで言うんだろ、それもかなりすごくて、すっきりとさわやかで歯切れが良いというのか、音が隠れないと言うか。耳に心地良いスピーカーです。
 でも、ここらは好みもあるかも。私はデジタルな固めのスッキリしたサウンドが好き。輪郭がくっきりした音が好きなんです。もっと柔らかくて丸い音が好きな人にはきつい音に感じるかもしれない。
 それと、このスピーカー、低音がとっても弱い。ベースの音が聞こえないわけじゃないんですけど、音階がわかる程度。ビートって意味では全然ダメです。BoseやらJBLやらの高価な物と違って3999円ですからね。
 このサイズ(約165 × 45 × 54)と重さ(約365 g)で低音要求はわがままってもんです。そこは妥協しないといけません。この一年完全に満足してました。

 バッテリーの持ちも異常にすごいです。カタログスペックで連続再生24時間。お昼寝の時に枕元においてたいした音量を出さないで使いますから、毎日1~2時間(使わない日もある)使って丸一ヶ月使えてます。一ヶ月でダウンするんじゃなくて、まだ使えそうなんだけど、インジケーターもないし、ランプが明滅するらしいけどよくわかんないので、月末にフル充電するようにしてます。

 で、なんでいまさらブログネタに?
 アマゾンからの広告メールですよw Anker SoundCoreの[2]ですと。
 アマゾンで見てきたら、私の不満(ってほどでもないんだけど)だった低音部がかなりよくなったとレビューに出てる。

 ちょっと値上げで4999円。一瞬ためらったのちにポチってしまいました。前のを一年以上使いましたからね。十分満足したし、これくらいの贅沢はしていいでしょ。

 届いて鳴らしてみて、肝心な低音は確かに従前の物よりは鳴ってる。だけど、ドンシャリというほどの響きはない。手に持つとボディが低音で震えるので出てることは確かなんだけど、お昼寝時の音量じゃ大差ないかもしれない。いや、小さな差なんだけど、聞いてるとかなり感じが違うな。

 ただねぇ。なんというか。むりやりブーストした感じというか。歯切れが悪いというか。小さな箱でブーストした低音ゆえだと思うけど、こもり感がある。トーンコントロールや低音部ブーストボタンみたいのはないんで、低中高オンのバランスは変えられません。コンボのジャズなんかだとそれなりに感じよくベースの動きを楽しめるんだけど、ロック系などで全体ががしゃがしゃしてるとベースとキックドラムの音が分離できてないような感じの音。ボリューム上げればバランス取れるのかもしれないけど試してない。そういう使い方しないし。ちゃんとした音を聞きたければちゃんとしたスピーカーで聞けばいいだけなんだから。枕元に置くお昼寝用スピーカーの話であります。
 とにかく、小さなBluetoothスピーカーが欲しいならお薦めなのは間違いないです。

ほんとのほんとにお昼寝用なら、従前の3999円のやつでいいかもしれない。


 なお、従前は防水ではなかったですけど、[2]は生活防水になってます。USBの充電コネクタやAuxInの穴に防水の蓋がつきました。音源を風呂場の外に置いておけば、お風呂につかりながら音楽を楽しめそうです。