2014年08月22日一覧

食べ放題(バイキング)は憧れ、夢

品川プリンスホテル ハプナ

 こういうの見ちゃうとね、もう目の毒過ぎて(笑)

 1型糖尿病ってのは「何を食べちゃダメ」ってのはないんです。もちろん他に病気を抱えてなければですけどね。腎臓にダメージがある人は塩分がダメとか、肝臓にダメージがあるならアルコールはダメとかいろいろあります。が、1型糖尿病だけなら基本的に食べちゃダメな物はないです。

 量的な制限もありません。自己管理ですね。血糖値の上昇を考えて、食べるものや量に見合ったインスリンを打てば良い。健常者はそこんところを体が自動的にやってくれることを手動でやってるだけと思っていただければ当たらずとも遠からず。

 ただね。「インスリンを打つには計算が必要」なんであります。非常にめんどくさい。それに通常の食事のように、食事開始と終了までが一定の短い時間の収まれば、まあ、楽です。「何をどれだけ食べるから」と事前にわかっていればなお楽。計算して食前にインスリン注射してから食べ始めればいい。

 回転寿司など、外食で事前にわからなかったり、あるいは注文してから食べ始めるまでに時間が空く場合は、食後すぐにいま食べた物を考えて計算して打てばなんとかなる。食べてる途中で予想の半分くらい打って、食後に精算する形で追加打ちとかしてもいい。

 10年ちょっと前まではそれは難しかったみたいですけどね、いまの「超速効型インスリン」は文字どおり超速効なので食直後ならなんとかなる。10年ちょっと前までは「食前30分」に打たないとダメだったようです。もっと以前は持ち歩ける血糖値測定器すらなくて、「感」頼りだったようです。

 食べ放題バイキングって、ダラダラと食べ続けるじゃないですか。普通はスイ臓がそれにあわせてインスリンもダラダラ出して、血糖値に合わせて出過ぎないように止めたり自動調整してくれるわけです。手動ではそうはできない。超速効型インスリンといっても、効き始めるまでに10分ほどかかります。打ち過ぎて低血糖になってブドウ糖を摂っても血糖値上昇まで10分ほどかかります。バイキングを楽しめる状況にはなりません(^_^;)

 普通の酒席もそうですけどね。コース料理でも立食でも炭水化物系は自然と避ける。ちなみに、アルコールは血糖値を下げる傾向にあるので、若干は炭水化物系もとってバランスを考えます。酔ってそれらができるか不安だったんで長年外飲みを避けてたんですが、最近やってみたら酔ってもなんとかちゃんと自制できたんでそこらは一安心できました。

 バイキング。食べ放題ですからそれなりに良いお値段します。腹一杯好きな物を食べないと元が取れない。バイキングの料金払うくらいなら、その何分の一かで好きな物だけ数種類食べた方がまし。

 で、思った。お子様料金ってあるでしょ。糖尿病手帳見せるとか、インスリンやら血糖値測定器見せたりして「1型糖尿病であること」を申告したら、お子様料金くらいに安くしてくれたらいいのに、って。たぶん、多食のお子様より食べない。食べないのに食べ放題料金払わないと一緒にいけないんだよね。行く予定もないけどさ。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ