「 2013年12月 」一覧

無事に今年も終わります

 2001年から毎年のように何かしらで入院してたのに、一昨年三月を最後に昨年、今年と二年続けて入院無しの一年でありました。

 今年の我が家(私)には特筆するような大きな出来事はなかったです。去年は孫三号(長女の子)の誕生があったし、来年は孫一号(同じく長女の子)が小学校入学のイベントがあります。孫三号が何度か病院通いになったのがハラハラドキドキで心配だったけど、元気に育ってくれそうでほっとしてます。

 あ、孫二号(長男の子)が小学校に入ったんだ。ロンドンなんで9月が新学期。クリスマスのイベントも楽しんだようです。なんだか実感がないけど身内にネイティブなバイリンガルが育ちつつあるってのはちょっと嬉しい(笑)

 ほかには、と。停滞してたブログの書き込みを再開したこととか、Windows8.1を導入してデータ用ハードディスクを飛ばし、唖然としたこととか。そのくらいですかね。たいしたニュースはないですね。

 過ぎてみればあっという間の一年でした。夫婦二人だけの生活になって早何年、だろ。まだまだ二人とも元気です。

 来年も平穏無事な一年が過ごせますように。欲を言えばついでに....は言わないでおきましょ(笑)


いいねボタン設置の続き

 朝も早から昨日の続き。今回設置した「いいねボタン」、押すとカウントはされるんだけど、Facebookの自分のタイムラインに載らない。あれこれ検索しては試行錯誤。全然解決しない。悩んでいたらなんとこのブログの過去の書き込みにヒントを発見。2010/05/14の書き込みです。「Facebookの「Share(シェア)ボタン)」をつけてみた

 そうか、そうだったのか。いいねボタンだけではタイムラインに載らないのね。ってことでシェアボタンもつけようとしたんですけど、検索してもかなり古い記事ばかりヒットする。今回いいねボタン設置を設置したプラグイン「WP Social Bookmarking Light」にはSendボタンてのはあるんですけど、シェアボタンがない。

 検索しまくってわかりました。シェアボタンって一回廃止されてるんですね。2012年秋に。突然消えたって嘆きの声がたくさんあった。「Facebook シェア 廃止」で検索すると読めます。そして代わりにセンドが出来た。
 さらにさらに本年11月にシェアボタンがまた復活したようです。逆に公式にはセンドがなくなったというか、センドも内包されてシェアボタンになったというか。

 ということで、そこらを踏まえて新しめのプラグインを探したところ、とても良いのを発見。「Tweet, Like, Google +1 and Share」です。プラグインの新規追加からその名前で検索すればインストールできます。

 設定は英語なんですが、それほど悩むところはありませんでした、とりあえず。←伏線

 やれやれ一段落だなと思ったら大きな落とし穴が。これを導入してFacebookデバッガーでチェックしたら、このプラグインもOGPのメタタグを一部(最低限?)自動出力してしまい、OGP設定用に導入した「NGFB Open Graph+」と衝突しちゃいます。メタタグが一部二重になるためにOGPとして認識してくれないようです。
 じゃあと「NGFB Open Graph+」を停止したら画像が指定できなくなった。

 さて困った。「NGFB Open Graph+」には出力するMETAタグを選択する画面はあるんですが、その機能は有料バージョンのみという絵に描いた餅になってます。メタタグが衝突しないようななにか良い方法はないかとまたまた検索行脚。

 メタタグを出力しない「いいね、シェア、G+」のプラグインはないかしらと探しつつ、ふと「Tweet, Like, Google +1 and Share」の設定を見直したらあるじゃないですか(^_^;)、メタタグを出力しないってチェックボックス。あっけなく解決しました。

 問題がないわけでもない。このブログはトップページに記事を五つ表示しています。「Tweet, Like, Google +1 and Share」だと、最初の記事にしかSNSボタンをつけてくれません。個別記事には当然つくので気にしないでもいいのかも。検索で入ってくる人は個別記事に直行ですから。トップページの記事全部にボタンがつかなくても問題はなさそう。最初に使った(シェアボタンがない)「WP Social Bookmarking Light」もメタタグは出力しなかったので、そっちにシェアボタンがつくようになったら入れ替えて試して見ます。

 ということで、いいねボタン系は「Tweet, Like, Google +1 and Share」で、OGP出力は「NGFB Open Graph+」という組み合わせでしばらく使います。

 ここらの関係はまだまだ試行錯誤が続きそう。


ブログの設定いくつか見直し

 始めるとはまります。ここ数日で以下を追加したり見直したりしました。

1:ブログの管理アカウント変更
2:Facebook「いいねボタン」関連でOGPの設定
3:記事内リンク切れへの対処

1:Wordpressブログの管理ページへの総当たり攻撃が騒がれています。詳細は私が書くよりキーワード「wordpress ログイン 攻撃」あたりで検索して読んでください。たくさん出てきます。WordPress でブログを運営している人は必見です。
 うちのブログを運用してるレンタルサーバー会社inetd
inetd
は面倒見が良いし、いろんなことへの対応がかなり早くて、この騒ぎになってすぐに各自のWordpress用.htaccessにコードを追加してくれてます。単純な仕掛けで、IPがjpドメイン以外からログインページにアクセスがあったらエラーで弾くというものです。レンタルサーバーですからね。利用者のIPがjp以外はありえません。URLじゃないですよ。そっちは .com とか .net で運営してる人も多いですが、レンタルサーバーを借りてるような人はほぼ間違いなくISP経由で接続してるし、ISPのドメインがJPでないってこともまずなさそう。

 これだけでは対策として不十分。ということで、管理IDを変更しました。WordpressのID変更はできない。そういうもんだと思って使ってる人多いし、私も「パスワードをしっかり管理すればいいだろ」くらいにしか思ってなかったのです。
 IDは変更できない。でも管理者の追加(IDの追加)はできるのですね。追加のときは好きなIDをつけられる。だから管理者を追加して、前の管理者の管理権限を解除すれば、結果的にIDを変えたのと同じになります。
 注意しないといけないのは、管理者は最低一人いればいいので、新たな管理者を作ったあと、従前の管理者IDは削除もできてしまうこと。でも削除しちゃうとそのIDで管理してたもの、つまり書いた物が全部削除されてしまうそうです。もちろん試したわけじゃありません。削除ではなく、管理権限を「なし」にしておけばいい。そうすればそのIDでのログインはできなくなります。
 管理ページの各種設定のうち見た目の配置など初期値を変えてるところはやりなおしです。プラグインなどブログの管理設定は変化しません。

2:Facrbookの「いいねボタン」。前に一度つけてからいったん外していましたが、またつけてみました。単にクリック用のボタンだけつけておしまいにしようと思ったんですけど、私のブログはほとんど画像がありません。記事に画像がないと「いいね」を押してもらったときにFacebookに表示される画像が、サイドバーに置いた携帯アクセス用のQRコードが使われてしまうようです。これをなんとかしようとブログ内の位置をあちこち移動させて「Facebookのデバッガー」でチェックしてもどうしても変化してくれない。(余談ですが、いいねボタンをつけてるブローオーナーの方、このデバッガーに自分のブログURLを入れて試して見てください)
 調べまくった結果、「Open Graph(OGP)」とやらを設定しないとダメみたいなのでプラグインを導入。「NGFB Open Graph+」です

 Google翻訳を駆使しつつ、関連サイトも検索で眺めながらなんとか設定。ちょっと手こずりましたが、Facebookデバッガーでエラー表示がなくなりましたのでこれで良いんでしょう。このプラグインはOGP用のMETAタグを出力するだけで見た目の動作は何もないです。「いいねボタン」は別にプラグインを導入してます。

 記事に画像がないときに使用する画像を指定できるようになった(みたい)のですが、適当な画像がなくて、応急手当的に文字を画像化して置いてみた。けど、自分で「いいね」を押してみたらどうもうまくないので画像をなんとか作らないといけません。そのうちなんとかします(^_^;)

3:次に、Googleのウェブマスターツールでチェックすると「リンク切れ」でNotFoundエラー(404)がかなり出てたので気になり、リンク切れをなんとかしようとプラグインを探しました。リンク切れが発生してるページそのものはGoogleでわかるんですけど、数が多いし一つ一つ眺めてどこが悪いのか確認するのは無理に近いです。

WordPressにBroken Link Checkerを導入しリンク切れを阻止」を参考にBroken Link Checkerを導入しました。管理画面のプラグインページから検索して、見つかったらインストールして有効化。日本語化されてますし、ほとんど初期値のままで問題ないです。普通のリンクだけじゃなくYoutubeの埋め込みまでチェックしてくれます。リンク切れの一覧が出たら、個別に対処できますし、何もしなくてもその時点で該当リンクの文字列には取り消し線(横線)が入って読んでる方にわかるようになります。
 それだとウェブマスターツールではずっと「リンク切れ」表示のままなので、個別に対処します。リンクを外すだけで意味が通じる文章ならリンクを外す(ワンタッチです)。その部分を削除してもおかしくないなら「削除」を選択。「ここ参照」とか書いてリンク張ってるのはリンクを消して文章を編集するしかないかな。

 いくらツールが優れていても数が多いとそれなりに大変です。一度きれいにしておけば次回からはほとんど単発でしょうからがんばってきれいにしました。