「 2013年11月30日 」一覧

第三者のコンテンツ一致(3):その後の後

 いやあしつこい。ここに報告書き込みするのもしつこいかなと思ってしまいそうなくらいしつこい。

 経過をまとめると

第三者のコンテンツと一致が来た
(1) 2013/11/25 花咲く街角をYoutubeにアップロードした
(2) 「BMG_Rights_Management」なる団体から「第三者のコンテンツの一致」が来た
(3) 当然異議申し立て
(4) 申し立てがその場で却下され再度「第三者のコンテンツの一致」が再設定される

第三者のコンテンツ一致:その後
(5) 2013/11/28 JASRACに「私のアップロードは許諾の範囲か」を確認
(6) すぐにJASRACから返事があり、さらに数回の質疑応答
(7) Youtubeにて二度目の異議申し立て。回答期限13/12/27 と表示される

 ここまでが一昨日までの話し。

 ここからがその後の後、です。
(8) 2013/11/30 今日ですね。一ヶ月待つのかと思ったら二日で変化がありました。

Runaway”, 楽曲 管理者: 0:18
BMG_Rights_Management 申し立てを取りやめました

 そんなふうになりました。「申し立てを取りやめました」ですからこれで一件落着と思ったんですが。
(上の0:18というのは「そこからコンテンツが一致してるよ」ということだそうです。)

 なんと(苦笑)。それもわずかな時間しかありませんでした。すぐにまた「第三者のコンテンツ一致」警告が来ました。同じ相手です。おい、いまこっちの異議を認めて取りやめたんだろ?またかよ! ってな気分です。

 もちろん速攻で異議申し立て。今度は最初の第一回目と違って最初から第二回目扱いみたいです。回答期限が13/12/29となってます。こんどはいつどんな形で変化が現れるのでしょうか。

以下、私もしつこくこの件に関しての気持ちを書き連ねます。

「却下」の響きにはけっこう怖いものがあるので、26日27日と二日ほど冷静になりつつ状況を調べまくりました。幸いなことに私は普通の人たちより「法律的な文書の読み方や考え方」に強いです。法務省の国家資格者として、不動産登記法という狭い範囲ではありますが、法律で飯を食ってますからね。
 調べまくっても私には非がない。でもバイアスがかかって公平公正な目で見てないかもしれないし、勘違い、都合の良い解釈をしてる可能性もゼロじゃないので、JASRACに訊いてみることにしたのです。Youtubeの問題として訊くと答えてくれない(それはYoutubeの問題だからYoutubeに聞け)とどこかで読んだことがあるので、「データベースの見方、データベースに書いてある権利形態の意味」を聞くことにしました。どこまで遵守すればYoutubeにアップしても承諾の範囲なのか、という訊き方。

 JASRACはとても丁寧で好感の持てる対応でした。かいつまんだ内容はリンク先を読んでもらうとして、とにかく私が間違ってないことは確認。

 二度目の異議申し立ては大変です。一度目もグーグルの「法律文書(用語)に疎い人だと、怖くなってあきらめるかもしれない」みたいな直訳日本語説明を乗り越えなければなりませんが、二度目はそれをもっとエスカレートさせた注意書きに加え、こちらの個人情報を全部相手に伝えなければなりません。すごく悩みました。だって相手は正当な団体じゃないかもしれないじゃないですか。脅して小銭を稼ぐ詐欺団体かもしれない。でもここで嘘の情報(架空の住所とか)書いたら、万が一法律的なもめ事になったときに絶対不利になる。仕方ないので全部さらしました。そこまでやって「次に進む」と画面に現れるグーグルの説明が、さらに過激になります。ほんとうにいいのか?ほんとうに異議申し立てをするのか?権利もないのに申し立てしたら、もしかしたらおまえの人生終わるよ?(と書いてあるわけではないですが(笑)ニュアンス的にはそんな感じ)と。たぶん多くの人はここで異議申し立てをあきらめます。広告がつくくらいならと我慢しちゃうと思います。

 でも、よく考えて見てくださいな。著作権に違反しているものを見つけた正当な著作権者だったら広告をつけただけで放置するなんてあり得ないんです。強制削除します。JASRACが日本での権利を委託されている外国作品はその外国での権利者に収益を分配している。なのに広告をつけたら収益の二重取りじゃないですか。強制削除も「JASRACの許諾範囲」のものは理論的に削除にならないはずです。権利の乱用になる。外国まで及ばない許諾ですから、外国では視聴できないようなブロックはされるかもしれませんが。国内では合法であり「楽曲の使用料はYoutubeを通じてJASRACに払ってる」ってことを忘れてはいけません。JASRACの規定に則って作成しYoutubeにアップロードしたものを削除できるわけはないんです。よくある削除は規定に則ってない、CD音源丸ごとだとか、そんなもんです。