2013年11月24日一覧

悲しき街角(RunAway)歌ってみました

 デルシャノンのRunAwayです。普通にランナウェイっていうとシャネルズになってしまうのがちょっと悲しい(笑) シャネルズも大好きですけどね。

 オリジナルはB♭なんですが、とてもそこまで声が出なくて無理なので一音半下げてGからです。いまの若い人たちには出る音域なんでしょうね。オールディーズの時代はビートルズもそうですけど、E♭とかB♭が多くて三つ下げてCとかGとかからやるのが普通でした。

 ここまで下げても一番高い音はEです。ギターで言えば一弦の開放音のEです。ファルセットの部分じゃなくて地声の部分ね。とおして聞くと高い方がちょっとフラットしてるけど、何度やっても全部のピッチがあうことはないので妥協です(笑)

 間奏部分のオルガンがこの曲の見せ場(聴かせ場?)なのでがんばってみました。ピッチベンドめんどくさい。

 そういえば当時の邦題は「悲しき」っての多いですね。悲しきインディアン、悲しき少年兵、悲しき片思い、悲しき足跡、悲しき雨音などなど。検索しないでパッと浮かぶだけでもそれ以上あります。

 街角だと「花咲く街角」なんてのもあったな。歌詞的にはそっちのほうが悲しきだと思うんだけど(つぅらいだろおぅが、さあ、お泣きクライクライクライ、なんて歌詞)、先にRunAwyが「悲しき」を取っちゃったから使えなかったのかしら。

最初にアップロードした音源に音割れがあったのに気がついたので差し替えました(2013/11/25)。