2011年08月05日一覧

前立腺肥大と豆乳

 一ヶ月近くも放置のブログになっちゃいました。最近は時の経つのが早くて。テレビで「あら?昨日もこれ見なかったっけ」と思ったら、もう一週間過ぎてたりね。
 宅録はセミがうるさいのでもうしばらくお休みです。物理的にボーカルの録音ができません。夜ならセミは鳴かないけど大声出しにくい。

 さて、昨年秋に6を超えて慌てたPSA。6月の尿検査で4ちょっとに下がり前立腺ガンの可能性はかなり低くなって一安心し、針生検なんてしないでよかったなと胸をなで下ろしたのはすでに報告済み。
 でも前立腺肥大の自覚症状はあるんですよね。頻尿はあまり気になってなかったし、尿の出が細いなと感じるのも「加齢」のせいもあるので、そんなに気にはしてなかったんですが。ごくたまに、いや「ごく」無しの「たまに」尿意をかなり我慢したあとトイレに行くと、尿が出始めるまでに異常に時間がかかるときがあるんです。ものすごく尿意はあるのに放尿体勢に入ってもなかなか出てこない。このまま出て来なかったらどうしようかと思うくらいのことも「たまに」ありました。ものすごく焦りますよ。マジで(笑)

 これって、前立腺肥大の顕著な症状のようです。膀胱に尿がたまればたまるほど膀胱がふくれ、肥大した前立腺を押して尿道を圧迫するみたい。水洗トイレの水タンクの栓みたいなもんですね。水がたまるとフロートが浮いて栓をしめる、みたいな(^_^;)

 夜中にトイレに目覚めて困るってほどでもないんで、どうしようか迷いつつ悩みつつ、PSAは下がったけど、やはり泌尿器科に行って診察を受けないとダメかな、と思っていたところ、以前、「前立腺針生検は怖いよ」という知識をいただいた泌尿器科のお医者様のブログにこんな記事が載ってました。

大豆イソフラボンと前立腺とPSA

 イソフラボンのサプリメントで効くなら、とりあえず試すなら豆乳でもいいのかな?と毎朝豆乳をコップ一杯飲んでみることにしました。7月初旬からです。

 豆乳って、なんであんなに不味いんでしょうね。私は豆腐も好きだし納豆(これは味が違うか)も好き。豆腐なんか血糖値にあまり関係なく空腹感を満たしたいときにそのままスプーンですくって食べるほど好きなのに、同じ系統の味のはずの豆乳は「飲み終わったときの口に残る味」がイヤで豆乳は「嫌いな飲み物」だったんですが、薬だと思えば多少のことは我慢できます。というか、我慢しないといけません(^_^;)

 毎朝コップ一杯、180ccくらいかな? 飲み始めて1週間ほどで劇的といってもいいくらいに症状改善です。排尿もかなりスムーズになりました。いやいや、驚くほど効果あります。テレビ見ながら、読書しながら、「ああそろそろトイレ行かないといけないな」と気にすることが減りました。

 豆乳はそんなに高いもんじゃないし、このブログの読者は同年代の方もけっこういるし、糖尿病で検索して入ってくる方も多いので、体験談として載せておきます。豆乳、良いですよ(笑)血糖値対策にも良いような気がします。

 全然関係ないけど、豆乳と糖尿。ひらがなで書くと一字違いだな....