「 2009年12月05日 」一覧

デイブ・ブルーベック(Dave Brubeck Quartet)

 ヴォーカル(コーラス)好きな私でありますが、たまにはヴォーカル無しのジャズを。

 このグループ、変拍子で有名です。アルバムで言えば「Time Out」「Time Farthe rOut」なんかが有名ですね。曲名で言えば Take5 といえばわかるかも。

 変拍子といっても、聴いていてどこも違和感ないです。普通に乗れます。スゥイングしてます。ただ、拍子を取ろうとすると5拍子くらいはいいんだけど、7拍子とか9拍子になるとふと油断するとコケちゃう。下手に拍子を数えようとしないで素直にスゥイングしながら聴くのがベストです。

 こういうのは好きじゃない人は好きじゃないんだよね。飽きちゃうといけないから、代表的な変拍子ジャスを三曲と普通にワルツでスゥイングしてるのを一曲。もっと聴きたいなと思ったら Youtube で Dave Brubeck を検索すればたくさん出てきます。

今回は曲名も書いておきます。サックスがメインに聴こえてくるけど、Dave Brubeck はピアノの人です。

1:かの有名な Take5 です。
2:Unsquare Dance 7拍子です。この曲、30年くらい前だったか、FM のなんかの番組でオープニングに使ってたから聞き覚えがある人もいるかもしれない。
3:Blue Rondo A La Turk(トルコ風ブルーロンド)、9拍子なんだけど、これの拍子をとるとき、「とんとんとんととと」の「とん」で一つに数えちゃダメです。「とん」で二泊です。2+2+2+3で9拍子ね。途中で普通のフォービートに変調して、9拍子とフォービートが交互に現れる。文字で書くと複雑だけど、聴いてると別に違和感なんて全然わいてこないです。
4:t’s A Raggy Waltz 変拍子でこんがらがった耳を癒してください(笑)とか言いながらよけいこんがらがったりするかも。