ポップス一覧

最近のコニーちゃん

 コニーフランシスでもコニースティーブンスでもありません。ああ、コニーフランシスは知っててもスティーブンスは知らない人もいるのかな? とってもキュートな(だった)女優兼歌手です。60年代のアメリカンドラマ「ハワイアンアイ」の動画にリンクを張っておきます。
 もう一曲、歌手としてのヒットは「sixteen reasons」が聞き覚えあるかも。オールディズのアメリカンポップスですね。

 話がそれちゃったけど、上記二人はさすがに「ちゃん付け」では呼ばない。コニーちゃんと言ったらコニータルボット(Connie Talbot)です(笑)

 6歳の時の動画はこちら。

 んで、誕生日が「2000年11月20日(Wikiより)」だから、まだ12歳と3ヶ月。まだティーンにもならない12歳。美系でもありかわいい系でもある、とっても魅力的な女の子に育ってます。もちろん、歌のうまさにも磨きがかかってて、もう怖いもん無しじゃないか状態。

Reach Out、このときはいくつなんだろう。去年の夏頃みたいだから11歳か。

Count On Me、これは12歳になってから。なんか数ヶ月違うだけでずいぶん大人になった感じがします。

Amazing Grace、これも最近。モノクロ動画がすばらしい。

Let It Be、切りがないんでもう一曲だけ。今年1月のライブから。イギリスを代表するディーヴァに育つのは間違いない。

Beautiful World、やっぱりこれも(笑)

昨年末に出たコニーちゃんのアルバム。買おうかどうしようか迷い中


「夢で逢えたら」、歌いました

 かなり久しぶり、半年ぶりかな?

 大瀧詠一作詞作曲の名曲です。たくさんの人がカバーしてます。オリジナルはだれ?と聞かれても調べないとわからないくらいたくさん歌われてます。Youtubeで「夢で逢えたら」を検索するとたくさん出てくるので聞いてみてください。

 オリジナルは吉田美奈子だって。うーーん、知らなかった。シリア・ポールのがこの曲のオリジナルだと思ってました。シリア・ポールは「モコ・ビーバー・オリーブ」のオリーブの人、と言ってわかる人はかなりの歳です(笑)

 宅録、数ヶ月ぶりにソフト起動したら使い方がわからなかったりして大変でした。Music Creator5 はちょっと試して使い方を思い出せなかったのでパス。Cubase LE5 を使いました。やはり最初に使ったソフトはすぐに使い方思い出せます。

 取りかかった当初は、バックコーラスやらハモリやらきちんとつけて、リズムセクションもちゃんと飾りをつけて、とか思ってたんですけどね。いやあ、めんどくさいです(笑) DTWで音を打ち込むってこんなに大変なんだとあらためて実感。根気も集中力もまだ冬眠から覚めてないのでワンパターン作ってコピペの手抜きです。

 歌おうと思ったときに頭に中にあったイメージには全然届きませんでした。


この広い野原いっぱい、歌ってみました

 サイレントギターにエフェクター(ZoomA2)をくっつけてギター主体の曲を録音してみました。歌はおまけ(笑)

 ベースだけCubaseLE5で追加しました。他はオーディオ録音です。サイドギターの音がかなりアコギに近くなったように思います。低音部のエレアコ(ピエゾ)特有の伸びが小さくなって自然な感じになった気がします。気がするだけかもしれないけど。