「 音楽 」一覧

「第三者のコンテンツと一致」が来ない

 ツイッターでもつぶやいたんですが、Band-in-a-Boxゲット以降の宅録三曲。どれもYoutubeのあの悩ましき「第三者のコンテンツと一致」が来ません。来るとうざいんですけど、来ないとなんだか不安になります。

 Youtubeに楽曲をアップする人のほとんどの方があれに悩まされてるはずです。とりあえず来る。これは仕方ないと思ってます。理由は「Youtubeというもの」に書いたとおり。そういう商売(ビジネスモデル)ですから。

 来ない理由を考えて見ました。

まず、それじゃないだろうというほうから(笑)
1:下手すぎてツールでの一致判断に引っかからない。
  これは考えないことにしたいです。ほんとうにそうだったら悲しいじゃないですか(^_^;)

2:ツールの精度がアップした。
  これはありそうだけど、ないように思います。ここらはいたちごっこというか、言葉は違うかも知れませんが、「摘発を免れる知恵」みたいな話しになっちゃいます。逆にツールの性能(精度)がアップしたら、違う曲に聞こえるけど実はパクりなんてのにも対応する方向に行くはずで、「下手だから」まで範囲に入ってしまう可能性が上がるだけ。

以上二つは「ありそうで実はないだろう」と思ってるやつ。以下、もしかしたらそれかも、のやつ。

3:楽曲の一致判定はメロディー(旋律)やコード進行ではない。
  コード進行には著作権はなくて、同じコード進行で違う曲というのはたくさんあります。Band-in-a-Boxを使うようになってさらにそれを実感してます。だからコード進行は判定の基準になり得ません。楽曲の一致判断はメロディーで行うしかないと思うのですが...メロディって実は似たようなものがたくさんあるし、テンポやリズムを変えると一致判断はかなり難しそうです。

4:歌詞の問題。
  楽曲の著作権は「歌詞」にもあります。音声認識の問題になっちゃいますが、Googleだし、そこらは当たり前のようにチェックできるはず。じゃあ英語の歌だと発音が悪ければ引っかからない? うーーん、これも悲しいのであまり考えたくないし(^_^;)、まあスマホやPCで音声認識出来る時代ですから、チェックできるはず。

 この[3][4]は理屈で考えるとそれだよね、と思うんですが、それだとカバー曲には「第三者のコンテンツと一致」が必ず来そうなもんです。そこが引っかからないってことは、問題はそこじゃないとしか思えない。

5:著作権はまだ他にあります。
  アレンジも著作物です。カバー(コピー)だと原曲のイメージを出したいので、その楽曲の特徴的な部分をそのまんま耳コピしてDAWで打ち込みます。もしかしたらそこらの「特徴的な部分」が引っかかるんじゃないかな。

 Band-in-a-Boxで伴奏作ると引っかかる可能性があるのはメロディと歌詞だけです。オリジナルの特徴的な部分はないんですから。

 それによく考えて見ますとね、伴奏を自演(自作)して、歌(音声)だけ本物をコピーするって、ちょっと考えられないです。ですよね? テンポあわせとか大変だし、そんな変なこと普通はしない。いまはボーカロイドとか音声合成で歌わせるのも多いから伴奏作って自分で歌わないならそれらに任せればいい。歌だけ他に著作権があるものを引っ張ってくる必要は無い。

 問題になる多くは「伴奏を出来合のカラオケとか、CDから歌抜きしたものとか」使って歌だけ自分で歌うものですよね。あるいはまさに本物そのものを動画のBGMとして流すとか。

 だから「伴奏の音源」しか見てない(チェックしてない)んじゃないか、というのが私の結論です。Band-in-a-Boxで作った伴奏は原曲とまったく違います。楽曲全体はカバー曲ですけど、伴奏部分だけは私のオリジナル扱い(著作権は私にある)です。

 それともう一つ思ってることがあります。アップするときに書く説明(概要)。あそこも文字列チェックしてるんではないかしら。それこそGoogleのお家芸ですもんね。
 ここ最近のアップの分はJASRACの「作品データベース検索」で調べて「JASRAC作品コード 0M2-5796-1 MISTY 」のように概要に明記するようにしてます。JASRAC管理曲であることが明示されてるとスルーされるのかもしれません。

 長々書いたけど、結局最後のこの数行だけ書けば良かった話しだった気もします(笑)


ミスティ(Misty)歌い直してみました

 三年前に「ミスティ(Misty)歌ってみました」でアップしましたけど、Band-in-a-Boxで伴奏作って歌い直してみました。

 Band-in-a-Boxでの構成は「ベース・ドラム・ピアノ」の生演奏トリオに間奏のソロはトランペットを入れました。トランペットもリアル音源、つまり生演奏です。間奏のところで、するするするっと入ってくるトランペットソロ。なんでこんなことが実現可能なの?って思いました。

 歌い直そうと思ったきっかけは「TheLonelyOne(ザ・ロンリー・ワン)歌ってみました」のコメントでオールド爺さんに「たとえは「ミスティ」の音声だけ取り出して新しくBB嬢でバックをつけるとか。」と言われたことです(笑)

 生演奏(弾き語り)と違って元々DAWで作った伴奏をバックに歌ってますから、音声だけ取り出して別の「機械仕掛け伴奏」に乗せてもちゃんと乗るんです。テンポが数値でわかってますから。

 やってみた結果、「うぉ! 伴奏かっこいい!」だったんですけど、歌がね。ピッチ外れまくりだし、歌詞は間違いまくりだし。オールド爺さんにはこれをこのまま公開しろと言われましたが、これはちょっと恥ずかしくて無理。

 というわけで歌い直してみました。客観的に聴けば「たいして変わらん」し、「どうでもいい」くらいの違いしかないと思います(^^;)(^^;) でも自分的(主観的)にはそれなりに違うんです。

 でね、つくづく思いました。ベースとドラムは重要だって。どちらもリズム楽器に分類されるんでしたっけ。伴奏がうまいと歌ってて気持ち良いです。Band-in-a-Boxが20年もこのコンセプトで生き残ってきて根強いファンがいるっての超納得です。


このすばらしき世界(What A Wonderful World)歌ってみました

 元歌はルイ・アームストロング(サッチモ)です。

 この歌、歌詞がすごく好きです。なんかね、「世界ってすばらしいんだ!」って気持ちになる歌詞なんですよ。緑の木々や赤いバラ、あなたと私のために育っていくそれら、なんて素敵な世界なんだ、空は青く、白い雲...

 のほほんとした「平和な世界」賛歌。

 スローバラードなんで私的には難しい歌なんですが、伴奏が豪華で素敵だからそっちに耳を傾けてね(笑)

Band-in-a-Boxでの構成はこんな感じです。
スタイル:ジャズ・ポップバラード
楽器 = アコースティックベース (33), ビブラフォン (12), ナイロンギター (25), ストリングス (49),
MIDI スーパートラック(ソング) = 2058:ストリングス R ケルティックエアー Ev85
リアルドラムを選択 [(スタイル)Pop128^1-a:サイドスティック、ハイハット , b:スネア、ライド

 Band-in-a-Boxでの伴奏第二弾となります。Band-in-a-Box、こいつは奥が深い(笑)
 だんだんとコツがわかってきました。最初はBand-in-a-Boxで作ってはパートごとにCubaseにMIDIで移し、さらにCubaseでそのMIDIに音源を貼り付け...ってやってました。けっこうめんどいです。説明書にはBand-in-a-BoxとDAWは同時起動できるように書いてあるんだけど、Band-in-a-Box側のバグかしら、どうも案配よくない。音を出すためのドライバを取り合っちゃう。どちらも「占有しない。裏にいったときは解放する」って設定にしてあるんだけど、Band-in-a-Boxが解放してくれない。移すのは出来るけど、毎回Band-in-a-Boxを終了させないといけないのがめんどい。

 それに、MIDIなら音源が違うだけ(同じのを使えることもあるけど)で、そんなに違和感も遜色もないんだけど、Band-in-a-Box側でリアルトラックと称する「プロが演奏したサンプリング音」を使うと、その音にはかなわないのです。一応生音ですからね(笑)

 で、考えた。Band-in-a-Boxで作ったパートをMIDIじゃなくwavでDAWに持ってくればいいんだと。最初はパートごとに分けてDAWに移してました。でもよく考えたらwavだと移したあと、音量とpan(左右の音の定位)ぐらいしかいじれないわけですよ。

 だったらBand-in-a-Box側でしっかりと音量やら定位やら考えて、出来た物を全体一つでwavファイルにしちゃえば、いわゆる「カラオケ用音源」ができあがる(笑)

 それをCubaseで読み込んで歌だけ歌えばいいってことに気がつきました。これがどうやら私にはベストらしい。