「 オールディーズ 」一覧

ベイビー・イッツ・ユー、歌ってみました

 BEATLES の Baby It’s You です。

 ビートルズの歌は初期のステージライブ中心のころのはそんなに難しくないんですが、あの高音部がでないんですよね。いまの若い人達はかなり高い音も平気で歌うみたいですけど、我々の時代はビートルズを元キーで歌えるアマチュアはほとんどいなかったんじゃないかな。だいたい3音(半音*3、E♭をCにとか)下げないと歌えなかった。今回もオリジナルGをFに下げてます。

 DAWは Cubase LE5 を使いました。


アンドリューシスターズの合成動画

 タイトルをどう書けばいいのか迷った。モンタージュとかコラージュとかってのはちょっと違うと思う。やっぱり合成でいいのかな。

 早い話が、Youtube でアンドリューシスターズ(The Andrews Sisters)を聴き漁っていたら、動画は古いのに音声だけ妙に新しくてノリがいいのに出会いまして。なぜ、アンドリューシスターズを聴き漁っていたのかは、私は女性コーラス「~シスターズ」ってのが好きだってだけです(笑)

まずはこれを見て(きいて)ください。
Andrews Sisters’ “Boogie Woogie Bugle Boy Of Company B”

 かっこいいでしょ?(笑) 活動は1930年代~40年代だそうですから、私の両親世代かな。BIE MIR BIST DU SCHON(すてきなあなた)が最大ヒットみたい。Youtubeにいっぱいありますので関連動画をたどって聞いてください。私がいま聞いてるオールディーズがまだオールディーズではなく、ヒットポップスだった時代にすでにオールディーズな人達でした。

↓上の動画を見たあと、これ。
Andrews Sisters sing Candyman

 雰囲気はあるけど、中身は全然違うってのは一目瞭然じゃなくて、なんていうんだ、聞けばわかる。でも動画が見事にぴたりとはまってる。曲は違うけど動画の一部はさっき見た「Boogie Woogie Bugle Boy」のものです。

↓この音声の中身の本物はこれ。
Christina Aguilera – Candyman

 日本人じゃ、どうがんばってもこうはできないよな、というのはまた別の話で、あ、いや、MAXあたりだとけっこういいかも。安室ちゃんセンターにして脇をMAXで固めてこういうのないかしら。だから、そういうのはまた別の話で(^_^;)、この合成すごいと思いました。違和感がない。何も言われなかったら「Andrews Sisters sing Candyman」を、おおいいな、で終わらせちゃうかも。


トワイライト・タイム(TwilightTime)歌ってみました

 オリジナルはプラターズです。

 バックコーラス、ウーとかアーがほとんどなので、簡単かなとチャレンジしてみました。でも思いの外難しかったです。途中響きが気持ち悪い箇所がいくつかあります。音を外してるのと、エフェクトのせいだと思うけど、いじってもよくわからなかったので気にしないことに(笑)

 ヴォーカルも音程外しまくりだけど歌い直しても切りがないので、ここらでこの曲は一段落させることにしました。ずいぶん歌ってなかったし。前回から二ヶ月近く過ぎたかな。セミのせいでもあるんだけどね。

 なお、今回はギターの弦交換に失敗しちゃって、弦を買い直さないといけなくなってしまい、ギターは無しです。リズムギター風に聞こえてくるのは Cubase LE5 の付属音源を使ったMIDIのアコースティックギターの音です。「これはギターの音だ」と決めて聞かないと、なんの音だかわからなくなるような音色。リズム強調のためだけならこれでもいいかなと。手抜きです。

 画像は http://www.s-hoshino.com/ 様のフリー画像を使わせていただきました。