ジャズ一覧

TheLonelyOne(ザ・ロンリー・ワン)歌ってみました

 元歌はナットキングコールです。

 Band-in-a-Boxをゲットしたので伴奏を作って歌ってみました。「Band-in-a-Boxを試しにいじってみた」にアップしたのとスタイルとテンポは同じ物です。ボンゴを普通のドラムに入れ替えて、オルガンはやめました。

 練習ってこともあり、いろいろいじったので前のとずいぶん違った感じになっちゃいました。良いのか悪いのかは別として、「このパートはこれで良い」と思っても、うっかりとボタンを押し間違えてベースとかギターとかトローンボーンとか弾き方が変わっちゃいました。あ!っと思っても保存してなかったり上書き保存しちゃったりです。

 新規生成すると前のはどこか行っちゃって同じ物を作れない。ほんとに良いんだか悪いんだか(^_^;)

 間奏のメロディライン以外、すべて自動生成したものです。ドラムのフィルイン(おかず)とか、イントロやエンディングも自動生成したもの。左右のバランスとか音量は適当にいじってます。ドラムだけでもこれで作るとやる気出るかもです。ギターなんか私が弾くよりずっとうまいし(笑)

 作った伴奏をCubaseに移して歌の部分を録音しました。一声ですからBand-in-a-Boxでそのまま録音してもよかったんですけど、音声録音はCubaseが慣れてるし、エフェクトなんかもある程度わかってるので。ボーカルのエフェクトは、

コーラス:一人二重唱効果っていうのかな。音程が少し安定して聞こえる(笑)
リバーブ:いわゆるエコー

をかけてます。さらにCubase附属のイコライザをボーカル用にして使ってます。


Oscar Peterson(オスカーピーターソン)のCD

OscarPeterson いや、驚きました。オスカーピーターソンのアルバム(LP)が7枚分。CD4枚におさまって、なんと1190円ですよ。

 私がジャズにはまったのは、18歳くらいでしょうか、友人の家でオスカーピーターソンを聴かされたときに、愕然としてはまりました。ベースはレイブラウン。アルバム名は忘れた(^_^;) そのLPは私も買いましたし、結局複数枚持ってるんですが、ジャズ系列は開けにくいほうのレコードケースにしまっちゃったのでいまは探し出す気力がありません。

 それまで私のジャンルにジャズはありませんでした。ナットキングコールはジャズとは思わず聴いてたし、そうか、ボーカルはジャンルとしてはジャズに入るのも好きで聴いてたっけ。こういうインスト系は食わず嫌いだっただけかも。

 アマゾンからお薦めメールが来て飛びついちゃいました。4枚で全51曲、4.4時間です。収録アルバムは「My Fairy Lady」「Ben Webster Meets」「Fiorellio!」「The Sound of the Trio」「West Side Story」「Very Tall」「Night Train」の7枚分。ベスト盤じゃなくて、各アルバム全曲入ってる。

 最初に届いたCD。二枚目の最後の曲が途中で再生できなくなっちゃう不具合がありました。そこでCDがカラカラと空回りしちゃって終わらない。さてどうしたもんか、安いし、一曲だけだからあきらめるかな。と思ったんですが、アマゾンのポリシー見たら不具合があったら交換してくれるってなってたから、返品と交換申し込み。実に簡単なのね。昨日返品(交換)を申し込んだ段階で即発送の手配になって翌日(今日)、もう届きました。早い(笑)


アンドリューシスターズの合成動画

 タイトルをどう書けばいいのか迷った。モンタージュとかコラージュとかってのはちょっと違うと思う。やっぱり合成でいいのかな。

 早い話が、Youtube でアンドリューシスターズ(The Andrews Sisters)を聴き漁っていたら、動画は古いのに音声だけ妙に新しくてノリがいいのに出会いまして。なぜ、アンドリューシスターズを聴き漁っていたのかは、私は女性コーラス「~シスターズ」ってのが好きだってだけです(笑)

まずはこれを見て(きいて)ください。
Andrews Sisters’ “Boogie Woogie Bugle Boy Of Company B”

 かっこいいでしょ?(笑) 活動は1930年代~40年代だそうですから、私の両親世代かな。BIE MIR BIST DU SCHON(すてきなあなた)が最大ヒットみたい。Youtubeにいっぱいありますので関連動画をたどって聞いてください。私がいま聞いてるオールディーズがまだオールディーズではなく、ヒットポップスだった時代にすでにオールディーズな人達でした。

↓上の動画を見たあと、これ。
Andrews Sisters sing Candyman

 雰囲気はあるけど、中身は全然違うってのは一目瞭然じゃなくて、なんていうんだ、聞けばわかる。でも動画が見事にぴたりとはまってる。曲は違うけど動画の一部はさっき見た「Boogie Woogie Bugle Boy」のものです。

↓この音声の中身の本物はこれ。
Christina Aguilera – Candyman

 日本人じゃ、どうがんばってもこうはできないよな、というのはまた別の話で、あ、いや、MAXあたりだとけっこういいかも。安室ちゃんセンターにして脇をMAXで固めてこういうのないかしら。だから、そういうのはまた別の話で(^_^;)、この合成すごいと思いました。違和感がない。何も言われなかったら「Andrews Sisters sing Candyman」を、おおいいな、で終わらせちゃうかも。