健康一覧

不整脈のその後

 ゴールデンウィーク直前に心臓カテーテル検査を受けまして、その場でのアブレーション(焼杓)ができず、当面は薬を服用しつつ定期的に診察を受けて様子を見ることになったのですが。

 その薬、「メインテート」なるものが主に高血圧治療に使われる、つまり血圧を下げる薬なんですね。心臓を休める=血圧を下げることらしい。
メインテートの説明

 その説明だと糖尿病云々とありますが、私はそこらは関係ありません。そこでいうところの糖尿病とは2型糖尿病のことです。

 それはともかく、この薬、よく効きます。心臓のドキドキ感はほとんどなくなりました。なんだかとても楽です。

 が、しかし(笑) なんどか書きましたが私は低血圧なんです。なんかの拍子で上が60くらいまで落ちると数時間動けなくなることもあるくらいの低血圧。まあ、そこまでは滅多に下がりませんけどね。上80くらいまでなら普通に動けます(ちとだるさは感じるけど)。70まで下がると、動けはしますけど、やばいって気になってきます。

血圧グラフ低血圧の人が血圧下げる薬飲むとどうなるか。心臓カテーテル検査を受けることに決まった4月中旬から血圧を記録してありますのでみてください。メインテートは4月29日から服用を始めてます。


 グラフ部分の140と90にラインがあるのは、「上と下がその範囲に収まっていれば正常」という意味です。普通は「血圧の管理」といったら高血圧のことしか考えないです。

 グラフを見れば一目瞭然。薬を飲む前と飲んでる最中と上下で10は違います。脈もかなり遅くなる。数値は平均値しか出てませんけど、5月中の「上の最低記録」は75で「下の最低記録」は42です。脈も普段は70前後だったのが、50~60くらいに落ちてます。

 あまりにも低すぎるので6月7日の診察で、この薬はやめることになりました。8日から服用してません。グラフでもその日を境に上下が上がってます。血圧は良いんですが、脈拍数も少し上がり気味かつ動悸も再び気になるようになってしまいました。ということは、不整脈の心配も出てくるってことかもしれないのが気になります。

 薬の影響が切れるのに10日くらいかかるってことで、影響が切れた頃の21日からまた24時間心電計「ホルター」ってのをやることになってます。数値には出てこなくても影響が切れるにはそれなりの日数かかるのかも知れないですね。

 この暑さの中、ホルター心電計取り付けて電極は汗で剥がれたりしないんだろうか。それと汗でかゆくなったりしたらイヤ。どうなるんだろか。それがいまから気になってます。


1型糖尿病について:その2

以下の記述及びコメント欄において、炭水化物についての私の意見は、勘違いに基づく部分があります。「カーボカウント(血糖値コントロール)(2010/12/05)」も参照ください。

 

1型糖尿病について からの続きです。

 2型とは違う物だということを前回も書きました。もう少し続きを書きます。

インスリンペン前回、針だけの画像を載せましたが、ペン型のインスリン製剤に針を取り付けたところです。このペン型のインスリンはディスポーザブルです。空になったら全部を捨てます(病院に持って行く)。
拡大先っぽ部分の拡大画像。注射針とは思えない細さ。細い縫い針よりまだ細いかもしれない。



 
糖尿病ネットワーク 1型ライフ」 ←このサイトが唯一に近い、きちんと1型を理解して説明してくれてるサイトです。「1型」を検索して出てくるのはほとんどすべてが2型の解説サイトで、記事中に「1型というのもあるんだよ」程度しか触れてません。興味があるかたはチラッと覗いてみて下さい。

 2型の糖尿病は糖尿病で死ぬ、ということはまずありません。糖尿病で死ぬのは「超高血糖でケトアシドーシス(高血糖性昏睡)」になるか、「低血糖性昏睡」になるか、の二つしかありません。そのうちケトアシドーシスは2型の糖尿病の場合、糖尿病であることを意識し、医師の診断を受けている方なら、よほどの無茶をしない限りなりません。なぜって2型はインスリンは体内で作られているからです。いろいろな要因で効き目が悪いだけ。ただし、高血糖は自覚症状がほとんどないですから、糖尿病であることを知らずにいると危ないです。暴飲暴食などして一時的に血糖値が600とか700になると死ぬかもしれません。また、インスリン治療を受けると2型でも低血糖をおこす可能性はありますが、元々「高血糖体質」なのでインスリン使用時に指導を受けて「理解していれば」そんなに心配するほどでもないです。

 2型糖尿病の怖さは高血糖低血糖による昏睡ではなく、常に高血糖でいることで血管がぼろぼろになっていき、結果として神経や腎臓、網膜など毛細血管に依存してる部分が壊れてしまうことにあります。

 1型糖尿病はそうではありません。インスリンが体内で作られないだけで、インスリンの効き目は健康人と同じです。ただ、注射した量しかインスリンは体内に存在しませんし、取り入れたカロリーを自動判断して量を調節してくれるわけではないので、一定の血糖値を維持するにはカロリーコントロールの努力が絶対的に必要となります。注入したインスリンに見合うだけのカロリーを摂取しないと、多ければ高血糖、少なければ低血糖をおこして危険な状態になります。

 言い方を変えると、インスリンをうったら必ずそれに見合ったカロリー分の飲食をしないと生きていけません。食べられないときはインスリンをうたなければいいのかといえば、そうもいかないのです。インスリンは血糖を消費するためだけに使われるのではなく、生きていくための必須ホルモンですから、インスリンを無しにすることはできません。これって実際に体験するとかなりきついです。食欲に関係なく、あるいは吐き気があろうとも、下痢をしていても、とにかく「インスリン注射と食事」を省略できません。

 現在の血糖値ではなく、過去2ヶ月分くらいの血糖値平均を示すものとして、Hb(ヘモグロビン)A1cというのがあります。健康人で5.5以下。6くらいになると「境界型糖尿病(糖尿病予備軍)」と言われます。この値が8を越えると半年に一回は網膜剥離予防のために眼底検査が必要になります。2型糖尿病でこの値が(いくつからかは知りません。人によって違うだろうし)インスリン治療の目安になるようです。1型の血糖コントロール目標値は7.5程度だそうです。

 私は発病以来、この HbA1c を6.3~6.7に保っています。平均で6.5くらい。これはちょっと自慢していいことらしいんですが(インターネット調べ(笑))、うちの医者は、ふふん、と聞くだけで全然何も言ってくれません。この値におさめるにはかなりストイックな生活になります。私は「オタク」なんで、オタク精神がここにも活かされてます。なんにでも凝る人ですから、血糖値管理にも凝ってると思って下さい(笑)

 模範的な血糖値に保つと、常に低血糖におびえることにもなるんですが、幸い私は自営業なので自分で仕事の予定を立てられるし、大人なので(1型はほとんどが小児)低血糖になる前にその前兆を自覚できますから、なんとかやっていけてます。週に一度くらいは低血糖ギリギリでブドウ糖のお世話になってます。ちなみにブドウ糖って何か特殊な薬品みたいなイメージがありますが、見た目も味も普通の「砂糖」です。普通の砂糖は食べてから(実は砂糖に限らないんだけど)消化吸収されて血糖(血糖=ブドウ糖)になるまで30分かかりますが、ブドウ糖は最初からブドウ糖なので摂取してから10分足らずで血糖になります。低血糖を起こしそう、あるいは起こしても初期ならブドウ糖を一定量食べて10分間じっとしてれば回復します。ただ、心身へのストレスはけっこうあるようで、数日はだるさが続きます。

 就寝中に低血糖を起こすと怖いらしいんですけど、いまのところ就寝中でも低血糖の兆しがあれば目が覚めてくれてます。

 寝てるときよりも、実は仕事で人と接してるときが怖いですね。慣れた仕事ではあっても、人と接してるときは必ず緊張を伴います。どんなに、そんなことはない、普通だと思ってる人でも実際には緊張しています。緊張してるとですね、その「低血糖の前兆」に気がつかないんですよ。あ!と思ったときにはもう低血糖の症状(冷や汗とか体が極端に震える)が始まってしまう。その段階でもブドウ糖を摂取してじっとしてれば間に合うんですが、客の前で「すいません、低血糖になったので10分休ませて」とは言いにくい。何度かギリギリで話の結末まで持って行き、車に戻って休んだことが実際にあります。だから私は単独行動はしません。近場で簡単に往復できて、かつ、そういうことを平気で言える相手のときしか一人ではいきません。どこに行くのもいつも夫婦同伴です。

 インスリン注射もあるし、食べられる量もかっちりと決まってるし、低血糖も怖いし、ってことでいわゆる「会合」とか、「研修会」とか、「懇親会」とか、「食事会」とか、「会議」とか、そういうもの諸々、一切不参加です。何かに参加するのはオンラインのみ。

 ああ、そうだ。1型で、2型の糖尿病より良いこともあるんですよ(笑)
 それは食事療法ってのがないこと。カロリーは決まってますが、種類の制限はありません。もっとも糖尿病の食事制限ってのは腎臓の塩分制限とかのものとは違って「バランスの良い健康食を取ることで体質を改善しよう」というものですから、誰でもが本来はそうしたほうが良いものなんですけどね。それに少量でカロリーが高い物は満腹感がなくてすぐ空腹になっちゃうので、結局はダメです。少量でカロリーが高い物+コンニャクとかでごまかす方法はあるけど、そこまでめんどうなことはしたくない。いろいろ制限はあっても、好きな物を食べて良いってのはやはり嬉しい。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ


1型糖尿病について

 最近は「糖尿病」という言葉(病気)を知らない人はいないんじゃないか、というくらいポピュラーな病気となってるようです。

 でも、その一般に知られている「糖尿病」というのは正式には「2型糖尿病」というのはご存じでしょうか。2型があれば当然1型というのもあります。1型は全然知られてないし一般的な話題に上がることもありませんから知らない人が多いのでは。

 成人で糖尿病と言ったら、そのほぼ100%近くが2型糖尿病です。1型糖尿病は年間発生率が10万人に1.5人程度。そしてそのほとんどが小児(15歳くらいまで)でのウィルス感染型です。小児を過ぎると感染しても発病しないんだそうで、成人してからなる1型糖尿病は「自己免疫」くらいしかないようです。自己免疫ってのは簡単に言えば、本来外敵から守るべき免疫が自分に向かってしまい、自分で自分を攻撃してしまうものです。

 2型の患者数は至る所に統計が出てきますが、1型糖尿病患者数はどこまで検索しても出てきませんでした。厚生労働省の統計には無いそうです。数字としては年間発症率が10万人に1.5人となってます。単純に計算すると1億人で毎年1500人。50年間で75000人。ほとんどが小児期からのウィルス感染型とすると、自己免疫型の1型糖尿病患者は何人くらいいるんでしょうね。

 1型と2型。その原因も経過もまったく違う物なので、2型糖尿病の話は1型には全然当てはまりません。1型には食事療法も運動療法も服薬療法もありません。インスリンが体内で作られないので外から入れるしかありません。インスリンが発見されてからまだ100年も経っておらず、実用化された(医者以外の患者自身で使えるようになった)のが1950年代らしいので、それ以前は致死な病だったようです。1950年以降、1型糖尿病を発症した人が全員生き残っていたとして全国で90000人ですか。実際の患者数は統計取るほどいないってことかもしれない。

 インスリンは血管に直接入れる以外の方法で体内に入れることが出来ません。飲み薬にはできないのです。胃に入った段階で分解されてインスリンじゃなくなっちゃいますから。インスリンの注射は別に痛くも何ともないです。日本の誇る世界の町工場技術が開発した極細注射針のおかげです。針治療の針程度の細い物なのに注射針として中空になってるというものすごいものです。注射針って中空の太い針を引っ張って伸ばして細くすると思ってました。思ってません?(笑) その方法だと作れないんだそうです。普通はムクの細い線の中をドリルでくり抜いてパイプ状にするんですよ。これもまたすごい話だと思いますけど、ドリルでくり抜くのは限度があるわけで。どうしても体表の痛点をいくつか貫く太さまでしか作れなかったそうです。それをですね。なんと板金の手法で作ってしまったんですと。平たい板を一瞬で丸めてパイプ状にするそうです。


先端0.2ミリのインスリン用注射針


 で、私は4年前に1型を発病したんですが、1型糖尿病患者としては幸せな時代に発病したようです。注射針もそういうわけでほぼ無痛のものになってたし、インスリン製剤そのものが進化していて超速効型。食事の直前に注入すればいいものになってます。インスリンてのは本来体内にある状態のまま体外では存在できないそうで、注入してから30分過ぎないとインスリンとならないものだったそうです。私が副腎摘出で入院してたとき、内分泌系の入院なんで同室には2型の糖尿病の方達が教育入院(インスリンの打ち方を習熟するための入院)してました。内分泌系の病室では、毎食きっちりと定時に届きます。その定時の30分前ぴったりに看護婦さんがやってきて指示を出してました。入院中はいいけど、退院したらどうなるんだろと他人事(当時は他人事だった(笑))ながら心配になった覚えがあります。その数年後、私がインスリン必須な身になったとき、インスリンは大進化をとげ、遺伝子操作によって「体外にありながら体内にある状態」の製剤になっていました。だから、食事が目の前に来てから注入すればいいんです。逆に注射したら最大でも10分以内に食事を始めないと低血糖をおこして危ない状態になるので、注文してからいつ来るかわからない外食はできません。回転寿司はOKね(笑)人前じゃちょっと注射は打ちにくいので(危ない人に見えるとイヤだから)、席に着いてからトイレにいって打ってきます。

 例によってダラダラと長い文章ですね(^_^;)
 ここらでいったん切ります。もう少し書きたいことがあるので、あとでまた続けます

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ