YahooBB(ソフトバンク)の契約関係、ひどいな

 最近、PCデポの高額なサポート料とその解約が20万円という驚きの話しがネットを賑わせていますが、それに限らずそんなものかと思って支払い続けている人は多いんでしょうね。以下もそうです。きっと泣き寝入りしちゃう人、いそうです。

 いろいろあってプロバイダの変更をすることになりました。理由は省略しますが、インターネット以前からの通信オタクとしては「同じところを長い間使うメリットはない」って思ってるので、乗り換えに踏み切れるちょうど良いチャンスでした。

 携帯だのスマートフォンだので言えばわかるのかな。長年同じところを使っていてもなにも得しません。移行すると割引だのキャンペーンだの山盛り。使い続けてるとだんだん下がってきてる毎月使用料が契約時点のまま、つまり高いまま取られていることすらあります。新コースで実質値下がりしても既契約者は自動的には新コースに移行されないのが普通です。キャリアを乗り換えないでも、コース変更を申し込めは良いのでしょうが、しないと安くなりません。

 話しをプロバイダ(ISP)に戻します。通信回線は長年のNTTファンでありまして、フレッツ光をそのまま使います。何回ものプロバイダ乗り換えもずっとそうやってきました。回線はそのままで接続先プロバイダだけ変更です。

 今回もそのつもりで有利なところをさがしました。経験上、有名どころであればプロバイダとしての質は大差ないだろうし、各種オプションも使わずプロバイダのみの使い方なんでサポートも要らないです。突然接続できなくなるようなところは大手として生き残ってないですからそこらは気にしてない。

 見て回っても料金はどこもほぼ同じ。なんですが、表に出てくる契約形態は「NTT光回線とセット」のものばかり。フレッツと一体化してそのISPにすべてを任せる。ルーター(モデム)もNTTのではなく、自社調達の物を使わせるものばかりです。そしてその分割引率も高いけど当然二年縛りなどもある。

 唯一、WEBのすぐ見える範囲で「プロバイダのみ乗り換え」をうたっていたのがYahooBB(ソフトバンク)でしたので、そこに決めました。詳細に眺めて「縛り」にも触れてないことを確認。その代わり値引きも割引もまったくないです。

以下時系列順に書きます。

8月19日(金):WEBの「プロバイダのみ乗り換え」のリンクをたどって行き、必要事項を記載して申し込み完了。オンラインでこの手の契約をするとどこも契約内容をまずそのまま自分宛メールで送ってきます。よね? それがなにもありませんでした。ほんとにきちんと申し込めているのか確認したくても確認ページがない。

8月21日(日):問い合わせメールもできない(ソフトバンクはメールサポートはないと明記されてる)ので、週明けに問い合わせ電話をしたほうがいいのかなと思っていたら、夜8時過ぎに向こうから電話がありました。住所にマンション名が書かれてないので確認させてくれと。住民登録の住所にマンション名が入らないタイプなもんですから書かなかったんですが、あそうか、NTTの回線確認にマンション名が必要だったっけと思い出して、お返事。

 そこから延々と10分以上にわたって、お得な各種オプションが未設定だが云々と始まったので、プロバイダのみ乗り換えたいのでオプションは一切不要と返答。一件落着かと思いきや、これから重要説明事項を確認したいと。何分かかるの?と聞いたら10~15分くらいですと。電話ですよ。10分も15分も重要事項を耳で聞いても残らないので記録に残る文書の郵送あるいはメールでとお願いしたら、それは当然別途送ると。オプション一切つけないプロバイダのみの契約なんで中身はWEBで確認してる、いまは時間もったいないので説明は要らないと応えたらまあ粘る粘る。もう完全に電話セールス状態。いい加減にしてくれと電話を切る。

8月24日(水):その契約内容を記した文書も届かないのに、光BBユニット(モデム)が突然宅配便で届く。これはもうおかしいのでサポートに電話。相手は、申し込み内容にBBユニットレンタルも入ってると言う。いやそんなはずはない、「プロバイダのみ乗り換え」のページから入ってしっかり確認しつつ記載していったときにそんな選択枝はなかった。さらに日曜日の夜に電話が来たときにも同じ話をした。オプションは一切申し込んでない。相手は、電話での申し込みじゃなくてWEBからなんですか?と怪訝な声。インターネット契約をするのにインターネットからってのが想定外だった感じ。こっちは一般から見れば年寄りだからなのかもしれない。相手は本人確認で生年月日などわかってるからね(笑)
 まあそれは冗談としても、WEBから申し込んだときにどんな選択枝が出てくるのか知らない様子。最終的に相手は「契約変更とするのでBBユニットを返送してくれ」と。即、着払いで返送。このとき、契約変更扱いで余分な違約金が発生しないことも口頭で確認。申し込んでいないんだからね。

8月25日(木):「登録情報の確認(アクセス用認証IDとパスワード記載)」、「支払い方法の登録の案内」なる二枚が郵送で届く。オプションサービスのところに「光BBユニットレンタル」と記載されてるのが気になったが、契約内容については別途送る契約書を参照となっていて確認できない。まあ、昨日の今日だから印刷物に反映されてないのは仕方ないか。

 オンラインで確認しようとしてもユーザーページには「まだ未契約なのでそのページは参照できない」旨のアラートがでて入れず。

 支払い方法を確定してやっとYahooBBへの接続でインターネットアクセスも出来るようになり、それと同時にユーザーページに入れるようになったので中を確認。チェックした覚えがない(選択枝そのものがなかった)BBユニットレンタルを申し込んだことになってる。

 さらに驚いたのはユーザーページ内でPDFで提供されていた規約。キャンペーンからの申し込みでもなければ割引なども一切ない初回から普通に料金を取られるプロバイダのみの契約なのに自動更新の2年縛りがある!解約可能月(二年後の一ヶ月だけ)以外は解約料5千円だと!
 んなばかな。途中解約で違約金が必要なのは割引と称して毎月の支払い分を安く設定したり、当初数ヶ月は無料だったりするからでしょ? 第一、ここに来るまでどこをどう読んでもこの契約に二年縛りがあるなんて書いてない。契約しなければ入れない場所に、それを知ってたら契約しないかもという情報を書くって有りなの? Yahooでは2年縛りが常識で誰でもみんな知ってるという前提なの?

 すべて設定が終わって中に入れるようになって初めてそれが出てくる。おかしくない? 先にそれを提示してなかったのは気に入らない。けどまあ一度契約したら2年くらいは使うから我慢しちゃおうかなと思っていた矢先。

8月29(月):本日、やっとその「契約書」とやらが届きました。なんと料金の内容に「光BBユニットレンタル費用」が504円しっかり加算されてる。なんなんだ一体。今日届いたってことは発送は前回の話しのあとでしょ。

 この契約書に「初期契約解除について」と長文が載っており、この文書を受け取った日から8日間は無条件で解約に応じると。もうすっかり嫌になったので解約(契約解除)です。オンラインから「解約」を選択して進んで行くとしつこく「見直し」とか「もう一度考えて」とか何回も出てきて、最後の最後に解除料金が5000円かかるがほんとにいいのかと脅かしの文言が。無視して先に進むと「このページは利用できません」だと。解約ではなくて「初期契約解除」だからここではできないのか。サポートに電話して、人間を出してもらうために自動応答の番号選択をしていくうちに解約が出てきたので手続きをする。さいごに解約を承ったとなったので電話を切ったが、メールもなにも来ない。

 ほんとうに解約できたのか不安になりながら、契約書の「初期契約解除について」を再度熟読したら「初期契約解除は郵送のみ受け付ける」と書いてあった。じゃあさっきの自動応答電話での件はなんだったんだよ。本人確認してるんだから初期契約解除だってわかるはず。その時点で「電話ではできません」と応答させるべきでしょ。気がつかずにいたら8日間を過ぎて泣く泣く使い続けるか5千円を支払うかになるわけだ。

 いや、これをクレーマーと言うなら言ってみろって気分です。こんなにひどい契約手段を執ってるとは思わなかった。66歳でもオタクはいるんだ。なめるんじゃねーーーー!!