医療費を計算してみる

 1型発症から10年になりました。11年目に突入です。

 発症したときはかなりお気楽にかまえてましたが、10年後はどうなってるんだろう、まともに生きて行けてるのか、などとちらっと思ったような気もします。早10年ですね。しみじみ。

 いまのところ三大合併症といわれる神経・網膜・腎ともに合併症の兆しはまったくないようです。目は長期間の強度な近視と加齢の影響で初期(早期?)の緑内障になってるとかで、目薬始めました。

 さて、あまり深く考えずに(というか考えないようにしてるんだけど)負担してる1型糖尿病関連プラスその他の医療費。ちょっと計算してみたくなりました。私は分泌内科は三ヶ月に一度インスリンなどの薬剤を処方されてるんですが、一ヶ月分換算で計算してみます。

 計算に取りかかった段階でのもくろみではきちんと細かく調べて羅列しようと思ったのでありますが、いざやってみると非常にめんどくさい(笑)。毎月毎月、固定した出費ではないですから。ということで分類集計は適当です。このくらい払ってるんだよってことで妥協することにします。

 表形式にしたり一目で見やすい表記にしたほうがいいんでしょうが、もういまさらHTML作成ツールを使う気もしないし、手打ちでそこらを書く気もしないのでテキストでダラダラと記述です。

 まず1型糖尿病に欠かせないインスリン製剤。現在は超速効型としてヒューマログを。基礎インスリンとしてトレシーバを使っています。
 ヒューマログは昨年、より安価なカートリッジ型へ。トレシーバはまだ使い捨てのペン型のままです。おおよそヒューマログを月に三本。トレシーバを月に一本使います。しつこいですが、使用本数はあくまでも私の場合です。もっと多い人がたくさんいるようです。

 ヒューマログ注カート      1630円(一本)*3
=4890円

 トレシーバ注フレックスタッチ  2619円(一本)  
=2619円

 注射針ペンニードル32Gテーパー一本当たり25.71円、月130回として
=3342円

 インスリン製剤と注射針で計10851円。これらは院外処方となり調剤薬局で購入します。当然調剤薬局にも別途支払いが発生します。

 これに血糖値測定用機材関連が加わります。これもかなり高いです。私は一ヶ月当たり11400円。自腹で薬局で購入すると一ついくらって計算になるんですけど、1型糖尿病で病院支給になると計算方法がかわって一ついくらって計算じゃなくなります。

 診療明細書には次のように記載されてます。(一ヶ月分です)

「血糖自己測定器加算(1型糖尿病・80回以上)  1140点」
=11400円

 ここらの計算が実は自分でよくわかってません。上記は「医療機関に支払う分、医師がこうしなさいと指導した分」であって、血糖値測定センサーや針などの個別の値段ではないってどこかで読みました。ちなみに、毎月120回以上測定しろと指導されるとこの加算は15000円になるそうです。

 80回以上との指導で私は120個もらってます。横浜労災では最高で120個までとなっていると医師に説明されました。一日平均で4回しか測定できません。実際には5回以上測定する日もかなりあります。体験(経験)上わかってる内容の食事のときは食後の測定を端折ったりして月に120回でおさまるようにしています。

 さらに在宅自己注射指導管理料として810点取られています。これは毎月診察でも三ヶ月に一回診察でも810点らしいけど、私は三ヶ月に一度なので、月割りにして一ヶ月分で270点ですね。2700*10で
=2700円

 ここまでが1型糖尿病でインスリンを打つために必要な直接的費用。一ヶ月分として足しますと、
=24951円

 さらに診察時に採血採尿検査がありますので、上記に加わります。計算すると一ヶ月あたりで約6000円になります。この検査、私は甲状腺と副腎関係の検査も同時にしてるので1型糖尿病だけの検査より若干高いようです。けど、費用を分離できないのでまとめて月約6000円としときます。

総合計:30951円ですね。
それの3割が私の自己負担。30951*0.3です。

1型糖尿病に関しての自己負担額、一ヶ月当たり
=9285円。

 もし、注射タイプからインスリンポンプに変更すると、普通のインスリンポンプにしても毎月7千円ほど高くなるみたいだし、最近出始めたCGM(SAP?)という血糖値も確認できるタイプだとさらにお高くなるようなので(ポンプの倍くらい?)ちょっと手が出ませんね。

 これに診察料や調剤薬局の諸々の手数料的なものを加えた額が毎月かかる最低限の負担です。合計で一万円台前半ってところかな。これで終わりではありません(笑)

 年に何度かいろんな検査が指示され、その時々で支払いが増えます。血液や尿検査にしても余分な物を頼むと費用が加算されます。前立腺のPSAとかね。ですので、通常の検査以外は「次回はPSAも」と言わないと検査してくれません。

 このほかに、バセドウ・骨粗しょう症予防薬・睡眠障害などの診察費や薬剤負担があります。そこらまで加えるといくらになるでしょ。通年分を計算して12で割ればいいんでしょうけど詳細は端折ります。支払額(負担額)は1型含む慢性疾患分だけなら毎月平均で2万円前後ってとこです。

 数年に一度の大腸内視鏡とか、昨年初夏にあっためまいでの救急車騒ぎとかでドカンと負担が増えます。他にも骨密度検査とか神経症検査とか、思い出すとけっこういろいろあります。

ここから余談
 救急車に縁のない方の方が多いでしょうから参考までに書きますと、救急車は無料です。が、救急外来は当然ながら無料ではありません。かなーり高いです。通常の入院では考えられないほど手厚いですからね。救急外来に到着して数時間は医師が最低でも一名、さらに看護師数名がつきっきりだし、通常は予約しないとできない検査を最優先でおこなってくれます。昨年のめまいで救急車に乗ったときは午後到着して一泊、翌日朝退院して自己負担額で三万円以上かかってます。国保が効いてその額です。
ここまで余談

 さらに昨年秋から歯医者に通ってまして、まあこれも私に限ったことではないですけど、いまのところ通い始めってこともあって、毎月平均で歯医者だけで5千円前後は負担してます。

 さらにさらに(笑) 冒頭に書いたように、強度近視及び加齢による初期の緑内障と言われ、目医者にも通うことになりました。点眼薬含めると月に2000円くらいでしょうか。

 さて合計するとどうなんだろ。

 ほぼ毎月負担する額として3万円くらいかしら。

 支払えないことはないけど、決して余裕で支払える額でもない微妙なところです。加えて予測できな(したくない(笑))単発的(突発的?)に出る医療費支出があります。

 医療費は今後減ることなく、年齢が行けば行くほど増えていく一方なんでしょうね。まだまだ生きるつもりなのでめげず負けずに頑張ります。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ