Fire タブレット 8GB、ブラック:感想他(2)

 このタブレット、説明ではOSはアマゾン独自のもの「Fire OS5 “Bellini”」となってます。でも、結局はAndroidのようです。細かいところでは違うんでしょうが、私にはまだよくわかってません。本来のAndroidも知らないんですから。

 買う前に検索しまくったところでは、純正というかお仕着せのアプリストアは欲しい物がないという話しでした。でもいわゆるアプリなんかほとんど使うつもりはなかったので(携帯音楽プレーヤーのつもりだから)気にしてませんでした。せいぜい歩数計かな。オンラインじゃないと使えないものはこのタブレットじゃ出先じゃ使えないんで不要です。

 とはいっても、やはりブラウザは欲しい。と、思った(笑)
 シルクってのが入ってます。とくに悪いわけじゃないんですけど、いまさらURLを打ち込むのはかったるい。パソコンと同じようにGoogleChromeを入れて同期したいと思ったのです。(事後談:結局自宅でしかオンラインにならないんでブラウザもメーラーも使ってないです)

 アマゾンのアプリストアにはChromeはありませんでした。こういうときはとにかく検索。
見つけたのが「Kindle FireタブレットでGoogle Playストアをroot化せずに使う方法」なるサイト。ルート化って意味はその時点では知りませんでしたが、しつこく検索して理解。自己責任云々がつきまとうヤツなんですね。20年、いや10年若かったら手を出してると思いますが、いまはその方面は触らない方がいい。

 ということで、ルート化せずにってのをやりました。サイトに書いてあるとおりのやりかたで難なく終了。いやあ、先人の情報に大感謝です。

 ただ一つだけ途中で「ん?」と悩んだことがあります。初めてのタブレット(スマホ)じゃなきゃたぶん悩まない、説明しなくて当たり前のことなんでしょうけど。わかってる人はわからない人の何がわからないのかわからない、ってやつですよ。わかってる人には当たり前過ぎて説明が無い。

 なにがわからなかったか。「タブレットとパソコンをつなぐ」、こいつがわからなかったのです。端末を物理的につなぐにはいまはUSBですよね。それくらいは知ってます(笑) でもこのタブレットにはUSB端子なんかないじゃないかって。あるのは一応USBだけど充電用の端子だけ。でも待て、もしかしてこいつが充電専用ってわけじゃなくUSB端子なのか?とコンセント側に刺してあったほうをパソコンに。

 なんかメッセージが出ました。低電力がどうのこうのって。ありゃあ、これはまずいことやっちゃったかと思いつつ、パソコン側で確認したらちゃんとFireとして端末を認識してる。

 これでやっとサイトの説明どおり進められ、Googleプレイストアもインストール。

 さっそくChromeとGmailをゲットです。結局使ってないんで削除しようか悩み中。だって、メインストレージに居座ってSDに行ってくれないんですよ、これ。メイン8ギガってなってますけど、システム関連で使ってますから残り4ギガ弱しかない。貧乏性としてはメインに居座るヤツはあんまり使いたくない。ここらの話しはまたあとで質問的な書き込みにまとめようと思います。

続く