加湿器買ってみた

 チョイ風邪気味になって、夜寝て朝起きるとノドがイガイガしてました。

 風邪のせいと思ったのですが、風邪気味じゃなくなっても朝起きるとノドがガラガラで声も枯れてます。

 もしかして湿度? と思い、まずは湿度計を買ってみました。乾湿計といえば思い出すのは若かりしころの、左右に二本並んでて片方の下に濡らしたガーゼがつけてあって...古すぎか。40年くらい前?
 そのあとの湿度計はセルロイドかなんかの貼り合わせで湿度による伸縮差を利用したものとか。これもかなり古い感覚だな。これでわかる方は相当古いです(笑)

 さすがにいまどきは違いますね。どういう仕組みのセンサーかわかりませんが、デジタルで刻々と湿度を計測して表示してくれます。

買ったのはこれ。温度もデジタルで表示してくれます。温度計も昔ながらのガラス管に赤い液体が入ってるのしか使ってなかった(笑)

 安いのから高いのまでたくさん種類があったので、安からず高からずのから選びました。

 とくに無いと困るものじゃ無かったし、いまさら感はありましたが、買って良かったと思ってます。

 温度と湿度をデジタルで目の当たりにしてわかったこと。乾燥期である12月の今ね。もっと細かく言うと12月25~31日あたりの横浜市都筑区の話し。地域には関係ないかも知れないけど。

 湿度が50%を割ると唇が渇きます。そのまま寝て朝方やはり50%を割ってるとノドがイガイガします。朝起きたとき、湿度が55%くらいだとノドが楽です。

 リビングはキッチンと繋がってるせいか、湿度は55%前後を保ってます。が、自室は北向きの小さな部屋で湿度45%くらいになります。

 この10月まで14年住んでいたマンションでは感じませんでした。北側に裏山というか、崖を背負ってましたので、風通しも良くないしたぶん湿度はそれなりに高かったんだと思います。自室は同じく北側の小さな部屋でしたが、寒くなると窓に必ず結露してました。

 いまの住まいはものすごく、誇張ではなくものものすごく風通しがよくて、夏は涼しいだろなと思いますが今は冬(笑) 風通しが良すぎて乾燥するみたい。

 実は引っ越しのときに頼んだ某引っ越し屋さんからキャンペーン中ってことでかわいらしい加湿器をもらったんです。ディズニーのね。超音波のやつです。こいつの出番じゃないかということで、さっそく取り出して使ってみました。

 がっかり。これ、不良品じゃないの? スイッチ入れると勢いよく水の霧が出ます。でも、すぐに霧が出なくなる。一分くらいかな。ペットボトルを逆さまに立てるタイプなんですが、水が入っていかないのかとペットボトルをねじ込む穴に直接水を入れてみても、スイッチを入れたときだけ霧が出て、その穴に入れた水は見た目にも減っていかない。

 おまけでもらったものですからね。即刻あきらめてアマゾンで検索です。

 これもまたピンキリなんですね。下は1000円以下から上は数万円まで。超音波のヤツが静かでいいなと思ったんですが、いろいろ読むと手入れがめんどうそう。

 結局これまた高からず高からず、かといって最安値でもない、しかも最近評判というか定番のアイリスオーヤマ、それにしました。

 で、デジタルな温度計・湿度計と組み合わせてわかったこと。

 湿度が50%割って室温が18度以下になると寒く感じます。
 湿度が60%あると18度になってもそれほど寒さを感じないです。

 なので、しっかり湿度と温度を管理して加湿器を使うと節電にもなるのでは?
 加湿器にも電気使いますけどたいしたことないし暖房よりは安くつきそう。

 ということでステマみたいな書き込みでしたが、体験談なのでお許しを(笑)

 あ、この加湿器、安い商品ですからセンサーとか湿度の自動コントロールとかありません。パソコンモニタの横に置いた湿度計をときどき見ながら手動でスイッチのオンオフをしてます。手が届くとこなのでとくに不便は感じてません。

『加湿器買ってみた』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2016/02/18(木) 14:41:02 ID:cb10a7c7c 返信

     温湿度計が壊れているらしいので、買わなきゃなぁと思っていたところ、ちょうど良さそうなモノの紹介があったので同じモノを早速仕入れました。昔のものと違って作動が敏感でグ-です。
     加湿器ですか。家電は永い家庭生活ですから、色々買いましたが「加湿器」は「一番出来の悪い製品ジャンル」でした。「でした」というのは20年ほど前に愛想をつかして、使用を止めてしまったからです。勿論、今の製品は立派なものだと思います。
     今はどうしているか?原始的です。「濡れタオル」方式です(苦笑)なぜアイソを尽かしたのか、これは、グチです。
     昭和36年か7年ごろ、当時まだ珍しかった輸入品を買いました。半世紀前ですから幼稚なものです。これは蒸気の発生量が電気を食う割に小さくて5年ぐらいでボツ。
     次にやや大型のモノを買いました。だけどこれも効果が薄い。そのうち「超音波方式」というのがでました。早速購入、これは大量の水を空中に叩き出しましたが、とんでもない副作用在り。暫く使っていたら部屋中が真っ白になりました。特にブラウンのアクリル塗装をした洋箪笥は白い粉がついて大変。
     そのあと白い粉が付かないようにフイルタ-を通す形式のものを買いました。水にフイルタ-をかけて白い粉の基ををとるとか。純水方式なんて書いてありましたがフイルタ-を通すだけで純水になるわけない。これは直ぐにフイルタ-の目詰まりを起こしました。フイルタ-の交換用を買いにいったらこれがない。メ-カ-は外国の怪しげなものでした。これでアキラメました。そのトラウマがあって未だに原始的方法で暮らしています。
     1週間の酒代くらいで加湿器が買えるとは知りませんでした。性能だって40年前の高級機と同じだと思いますよ。こュ-ことだけは、いい時代になったものです。この冬はそろそろ終わるので次のシ-ズンが来たら買いましょ。

    • 名前:なかの 投稿日:2016/02/19(金) 15:40:30 ID:635d7af01 返信

       湿度計、若いころからも含めて初めて使ったんですが、この値段で湿度がわかるならあった方が全然良いですね。

       温度計は刻々と表示が変わるって感じしないんですけど、湿度の方はかなり短い間隔で表示が変わっていきます。湯上がりに湿度計の前に立ってるとどんどん変化しておもしろい。

       加湿器、超音波式のはどうしても空中に微粒子が飛ぶようです。水そのものを震動でミストにするからでしょうね。水道水しか使うなと言われてるようです。ミネラルウォーターは厳禁だそうで。

       そして、超音波式は冷たい霧が出ます。加湿器ってよく考えると湿気が多くて乾燥させたい季節の夏場は使いません。冬しか使わないのに冷たい霧が出るわ、微粒子が撒き散らされるわ、震動部分の掃除が大変だわ、などなど考えて選択枝から外しました。

       粉が気になるなら蒸留水なんか買って使うといいのかもしれません。調べたら20リットルで1000円くらい。加湿器でだけ使うなら20リットルで一ヶ月くらい持つんじゃないでしょうか。でも、ジャマなうえに電気代以外のランニングコストがかかるのも釈然としないですね(笑)

       加熱する方式は構造的に蒸留水を飛ばすようなもんですから微粒子は巻散らかされないようです。当然出てくる霧は暖かい。これもまた水道水のみ。ミネラルウォーター厳禁なようです。加熱する部分に粉がついて性能が落ちるかららしい。たまに掃除するようにと説明書に書かれていますが、外してみてもどこを掃除するのかわからない。二ヶ月弱使っていまのところ汚れてるところがないです。

       加湿器も価格はピンキリですね。空気清浄機能やらセンサーやら機能満載のは高いです。私が買ったのはとにかく空気を加湿するだけ。それも狭い自室(面積的に四畳半くらい)で使うだけ。湿度計見つつ自分でスイッチのオンオフするしかないです。完全に単機能。それだけの機能でこの価格(買ったとき2346円でした。いまみたら3000円近いですね)は安くはないかもです。濡れタオル方式でもよかったかも。