Windws10へのポップアップ通知

PopUp ←こいつね(笑)

 Windows10に興味はあるんですけど、使用中のソフトやハードの問題で移行できない。そんな人、かなりいるんではないかと思います。

 つまり、Windows10のことを知らなくてアップグレードしてないんじゃなく、そうしたいんだけどいまは出来ない(しない)って自分で判断してるだけ。
 なのに、しつこく「アップグレードがどうとかこうとか」ってポップアップが現れて毎回消すのが面倒だという相談を受けました。

 これ、実はとても簡単に出さないように出来ます。

 タスクトレイの「カスタマイズ」からアイコンと通知を非表示にするだけです。
 具体的には「カスタマイズ」→「GWX(白い田の字のアイコン)」→アイコンと通知を非表示、にするだけです。タスクトレイにカスタマイズが見えないときは、小さな白い三角アイコンがあると思うので、それをクリックすれば現れます。

 ちなみにGWXというのはGradeUp Windows 10(ローマ数字でX)ということのようです。

 でもこのアップグレードが始まった初期のころはこの方法じゃダメだったんですよ。非表示にしてもすぐに復活しちゃった。

 もし上記の方法ですぐに復活しちゃうようなら以下をお試しください。私は最初のころに以下をやった上で、さらに田の字のアイコンもうざいので上記の方法を重ねてます。

 非表示ではダメだったのでどうしたもんか。と思いつつ、天下のマイクロソフトが、こんな押しつけがましい方法をなくす設定をマニアしかできないような方法しか用意してないなんてことないだろうと、ゆっくりじっくり眺めたらなんのことはない(笑)

 メニューからちゃんとそういう設定ができるようになってました。

 問題は「そのメニューの表示方法がよくわからない」ことです。マイクロソフトはよほどWindows10にさせたいんでしょう。ポップアップを止める方法をパッと見てわかるようにはしたくない、と(笑)

 では方法です。

 まずタスクトレイの右端にある、白い田の字アイコン「Windows10を入手する」をクリックします。

 窓が開きますがこの画面が問題。メニューなんかどこにも見当たりません。画面にある右矢印で進んで行っても、ひたすら「いますぐアップグレード」の画面が続くだけ。

 でもメニューあるんですよ。画面左上に太めの「三」になってるアイコンがあります。それがメニューなんです。この「三」、実はGoogleChromeの設定なんかもそうですね。

 この三をクリック。

 メニューの下の方に「確認の表示」ってのがありますからそれをクリック。

 次の画面の左下のほう、「予約の取り消し」をクリック。これだけです。

 この操作をしてもWindows10へのアップグレード権を捨てるわけではありません。が、アップグレードには期限があります(一年だっけ、来年9月頃まで?)。

 でも一年なんてあっという間なんで、忘れちゃうかもって人はポップアップを毎日眺めて忘れないようにする、あるいはせめて田の字アイコンだけでもタスクトレイに出したままのほうがいいかもしれません(笑)