悪化していた骨密度、若干改善の兆し

 骨密度は加齢により悪くなっていく物。と言われているのはたぶんみなさんご存じ。
 加えて1型糖尿病も骨密度悪化の一因なわけです。女性の方は妊娠出産などでも骨密度が悪化するようです。赤ちゃんにカルシウム取られちゃうんでしょうね。

 1型糖尿病も悪化の一因というのは、インスリンが絡んでくるからですね。インスリンの効能(効用?)というのは実はまだ100%の解明がなされてないんだそうです。
 第一義に「血液中の糖分を体に取り込むのに必要」というのはいまどき誰でも知ってますよね。

 その流れで、脳細胞の維持にも関係します。頭使って疲れたときに甘い物を食べると良いなんて話しを聞きますでしょ。インスリンがなかったらその糖分が脳細胞に行かないわけです。

 ほかに、たぶん同じ流れで、筋肉の生成と維持にもインスリンが係わってきます。
 そして、これも同じなんでしょうか。骨密度の維持にも関係してる。とにかく血流に乗って体を巡回してる成分をそれぞれに取り込むのにインスリンが関係してくるらしい。

 健常者だと、すい臓で作られるインスリンが自動調整されるんで、血糖値をコントロールしながら、血糖値だけじゃなくアチコチの役目にインスリンを渡せるらしいんだけど、自動調整できずに外部から補給してる我々は数値でわかる血糖値しか指標にできません。脳細胞分とか筋肉分とか骨密度分とか指定できるわけじゃない。低血糖にならないように気をつけていればそこらもOKなんだと思うので、とにかくどっちに転んでも低血糖は怖い。

 ところで、骨密度って密度っていうくらいだから、悪くなるのは「骨密度が薄い」でいいのかしら。良い悪いでしか医者から聞いてないんだけど。悪い方が「薄い」だとしたら、良い方は? 「濃い」「厚い」どっちかな。どっちでもいいや、良い悪いで表現しときます(笑)

 そういうわけで、1型発症時に60歳になったら骨密度検査しましょうねと主治医に言われてましたが、主治医も私もすっかりそれを忘れ、最初に検査したのが2年前、63歳の秋です。そのときの話しは「1型糖尿病と骨粗鬆症(骨密度)」に書きました。一年後に「骨粗鬆症(骨密度)その後」を書きました。

 ざっと書きます。細かい数値は書きませんが(記録してない)、それぞれ青(セーフ)黄(注意)赤(アウト)、さらにその中で上中下の三段階で表現すると、

2年前
 腰   :青(下)
 股関節 :黄(中)
 足首  :赤(上)

昨年
 腰   :青(下)
 股関節 :黄(中)
 足首  :赤(上)

 つまり昨年は一昨年とほぼ同じ(笑) だけど数値的には誤差の範囲かもしれないくらいだけど、ほんの若干だけどよくなってた。一年間でほぼ横ばい。悪化して当然の環境で横ばいというのは頑張った方らしい。

 さて、そして今年です。
 腰   :青(下)
 股関節 :黄(上)
 足首  :黄(中)

 だいぶ良くなったようです。赤がなくなりました。危険領域の黄色はありますが、「すでに骨粗鬆症」という状態からは脱却できたようです。先生も喜んでました。

前回書いた

 それと、つま先立ち。家の中で立ったり歩いたりのときはとにかくつま先立ち。電子レンジでコーヒーを温め待ちしてるとき、つま先立ちでかかとを上げ下げ。歯磨きしてるときもかかとを上げ下げ。

 それがかなり効果あるようです。主治医もそう言ってました。散歩するのももちろん効果でかいですが、散歩は一定の短い時間だけです。現役の働き盛りの人は日中歩き回ることが多いでしょうけど、リタイヤ組は散歩くらいしか歩かない。
 家にいるとき、つまり「いつも継続的に」ですよね、そのときの爪先立ちのほうが全体として効果が出てるんだろうという意見でした。

 一般的には牛乳が良いらしいです。でも牛乳は200ccで炭水化物10gくらいありますから、インスリン1単位相当くらい。気軽に飲めません。チーズなんかも良いし、私、乳製品大好きなんでチーズならいくらでも食べられるんですけど...乳製品の多用は大腸ガンに関係するらしいなんて情報を見ちゃってから、気になってあんまり食べられません。大腸ポリープ切除(ポリペク)をやってる身としてはそこらは気になる。

 来年の秋にまた検査します。来年はどうなっているでしょうか。骨密度を気にするどころじゃなくなってたりして。なんてことになってませんように。