このすばらしき世界(What A Wonderful World)歌ってみました

 元歌はルイ・アームストロング(サッチモ)です。

 この歌、歌詞がすごく好きです。なんかね、「世界ってすばらしいんだ!」って気持ちになる歌詞なんですよ。緑の木々や赤いバラ、あなたと私のために育っていくそれら、なんて素敵な世界なんだ、空は青く、白い雲...

 のほほんとした「平和な世界」賛歌。

 スローバラードなんで私的には難しい歌なんですが、伴奏が豪華で素敵だからそっちに耳を傾けてね(笑)

Band-in-a-Boxでの構成はこんな感じです。
スタイル:ジャズ・ポップバラード
楽器 = アコースティックベース (33), ビブラフォン (12), ナイロンギター (25), ストリングス (49),
MIDI スーパートラック(ソング) = 2058:ストリングス R ケルティックエアー Ev85
リアルドラムを選択 [(スタイル)Pop128^1-a:サイドスティック、ハイハット , b:スネア、ライド

 Band-in-a-Boxでの伴奏第二弾となります。Band-in-a-Box、こいつは奥が深い(笑)
 だんだんとコツがわかってきました。最初はBand-in-a-Boxで作ってはパートごとにCubaseにMIDIで移し、さらにCubaseでそのMIDIに音源を貼り付け...ってやってました。けっこうめんどいです。説明書にはBand-in-a-BoxとDAWは同時起動できるように書いてあるんだけど、Band-in-a-Box側のバグかしら、どうも案配よくない。音を出すためのドライバを取り合っちゃう。どちらも「占有しない。裏にいったときは解放する」って設定にしてあるんだけど、Band-in-a-Boxが解放してくれない。移すのは出来るけど、毎回Band-in-a-Boxを終了させないといけないのがめんどい。

 それに、MIDIなら音源が違うだけ(同じのを使えることもあるけど)で、そんなに違和感も遜色もないんだけど、Band-in-a-Box側でリアルトラックと称する「プロが演奏したサンプリング音」を使うと、その音にはかなわないのです。一応生音ですからね(笑)

 で、考えた。Band-in-a-Boxで作ったパートをMIDIじゃなくwavでDAWに持ってくればいいんだと。最初はパートごとに分けてDAWに移してました。でもよく考えたらwavだと移したあと、音量とpan(左右の音の定位)ぐらいしかいじれないわけですよ。

 だったらBand-in-a-Box側でしっかりと音量やら定位やら考えて、出来た物を全体一つでwavファイルにしちゃえば、いわゆる「カラオケ用音源」ができあがる(笑)

 それをCubaseで読み込んで歌だけ歌えばいいってことに気がつきました。これがどうやら私にはベストらしい。

『このすばらしき世界(What A Wonderful World)歌ってみました』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2014/09/07(日) 16:42:38 ID:0586d7ae7 返信

     贅沢で豪華な「伴奏」ができましたね。
    音だけ聴いたら生バンドだと思っちゃう。凄い時代になったものです。しかし、唄はもとより相当な音楽的センスとコンピュ-タの知識がないとこれは出来ない。驚きました。
     先日、深夜に目が覚めてラジオをつけたら、ドラムマシンの話をしている人がいました。途中から聴いたので、あまりよくは解らない話なのですが、どうやらプロ用の機材の解説らしい。機器の型式名などあげて特徴を解説し、発売したCDのこの部分に使っていますなどと実際に録音した曲を流していました。プレ-ヤ-生の演奏に重ねて録音してるのですが、一部が「インスタントもの」だとは分からない。
     
    「カラオケ」の語源はご案内(この言葉はジジイ臭くて大好き)だと思いますが、その現実を見たことがあります。
     その昔、日劇の5階によく通いましたが、ある公演のときオケバコ(オ-ケストラボックス)がカラ。当時ハモンドオルガンを弾いていた老人がひとり居るだけ。
    「オィオィ?どうなるんだぁ?」と思っていたら、場内が暗くなってジャジャ-ンとオ-ブニングの音楽!ハモンドの爺さん(有名な先生だったら失礼、60年位前のことなのでご容赦)はテ-プに合わせて弾いていた。その爺さんも半年くらいで消えました。

     その「究極」がBB嬢として現れたのでしょうが、この音楽を何て呼ぶのだろう。バ-チャルバンド?デジタルバンド?。それとも既に決まった呼称があるのかな?
     それにしても新しい「楽しみ」が増えたです。(^_^)

    • 名前:なかの 投稿日:2014/09/07(日) 22:17:54 ID:548a3c1e2 返信

      Band-in-a-Boxで作ったサウンド、という分け方でのジャンルはないと思います。ソフトウェアとしてはデジタルですけど、出来上がった中身の音は生音もあるし、電子サウンドだけじゃないですから。

      ドラムはこの手の音源にとても乗せやすいんだと思います。音階とかコード進行とかないので、自動生成までいかなくても部品だけ作って組み合わせる形式でも、それがメインじゃなければそれなりにいけるのかもしれません。Band-in-a-Boxでも最初のリアル音源はドラムだったそうです。歴史は思いの外古く、最初のBand-in-a-Boxはもう20年くらい前らしい。調べてみたけどよくわからなかった。

      ソフトウェアのジャンルとしては「 自動作曲/伴奏作成 ソフト」となるようです。動画(Youtube等にアップする)のバックに流すBGMを著作権に悩まされず作るとか、楽器の練習をするために「マイナスワン」の伴奏用音源を作るとかに使う人が多いみたい。

      でもこの簡単さになれちゃうと、私の場合、下手なギターがより下手になっていって弾けなくなりそう(^_^;) 自分で弾くよりBand-in-a-Boxに任せた方がうまい。ギターの練習用じゃなくて、歌の伴奏用なんだと開き直るしかなさそう(笑)

  2. 名前:iZo Arts 投稿日:2014/09/09(火) 17:27:59 ID:d0d95e55e 返信

    やってますねー。製作ピッチ上がってますね!
    スローは実力が問われるのに、さすがです。

    打ち込みだとどうしてもカチッとしてしまい人間味に欠けますけど、BBはうまくできてますよねぇ。
    なかのさん専属のバンドですね。こき使っても、残業させても、文句も言わずひたすら伴奏してくれますね(笑)。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/09/09(火) 23:17:53 ID:ec9ddc413 返信

      いままでは全行程が10とすると、伴奏作るのに8~9くらいの時間がかかってまして、やっと歌うとこまで来たときには若干その歌に飽きてきてたりしたんですが、BB使うと、伴奏作るのが3~4くらいになりますね。簡単すぎて歌うネタの方が先に尽きそう(^_^;)

      BBのすごいとこはまだあります。
      かっちんかっちんにかっちりと打ち込んだMIDIを人間が演奏したように発音タイミングを微妙にずらす機能がついてました。

      ヒューマナイズ機能というらしい。そのうち使ってみようと思いますが、もう打ち込むとしても間奏部分くらいだし、耳コピして苦労して打ち込まないでBBのソリストに任せて自動でいいような気もします。自己満足で歌うだけだし。

      それに打ち込みのしやすさはCubasic等のDAWにはかないません。BBは「MIDIを打ち込む」という発想がそもそも欠けてるというか、コンセプトにないのかも。BBとCubasicを行ったり来たりがめちゃめちゃめんどうなので、伴奏はもうBBにお任せで行こうかと。

      ただ、いろんなバージョンがあるジャズっぽいのはそれでいいとして、オールディーズ系になると、やっぱり特徴的なところはコピーして打ち込みしたいなとか悩みどころいっぱいです。