Band-in-a-Boxを試しにいじってみた

 よくわからないまま、見よう見まねで「とある曲」の伴奏のつもりを作って見た。まだうまく歌えるかどうかわかんないので曲名は内緒。これ聞いただけじゃ曲名はたぶんわからないと思う(笑)所要時間正味3時間くらい(設定に要した時間除く)。慣れたら1時間くらいで出来そうな感じです。

 やったこと。

1:最初の起動時に聞いてくるドライバとかごく普通の設定。これは選択枝から選ぶだけなので簡単だった。

2:ユーザー登録。これも簡単だった。要オンライン環境。

3:付属音源等の登録。これは理解出来るまで一瞬間があった。「2」で登録が終わってちょっと時間が経たないとできないようです。「2」の製品登録してからユーザーページに入ると付属品のシリアル番号がわかる仕組み。それを見て「Authorization Manager」を起動後にシリアルナンバーを打ち込むんだけど、ユーザーページに入っても出てなかったのではまりました。

ここまでで設定は終わり。一時間以上かかった気がする。

4:「あれ」を歌ってみようと、とにかく譜面見つつコードを入力。
5:スタイルは「ジャズ(ラテン)」→「50sルンバ・ボサノバ」を選択。

スタイル選択時の説明
イージーリスニングで優しいラテンルンバ・ボサノバ. ドラム(ボンゴ)、グランドピアノ(フィル)、アコースティックベースとナイロンギター(!)、スローストリングスで伴奏.

J!LUSH.STY. 50sルンバ・ボサノバMOR Lush
MIDI トラックのみ クインテット(5)
Mスタンダード ドラムキット [代用リアルドラム: *なし* PERCEVEN8: a: PERCEVEN8b: PERCEVEN8 :]
M33: アコースティックベース
M1: グランドピアノ
M25: ナイロンギター
M50: スローストリングス

 そんなふうになってます。この段階で演奏してみると、「おお!(おお?か)」となります。なかなか良いです。音を打ち込んだりはまったくしてません。勝手にできあがりました(笑)

 楽器で、楽器をいくつか変更。結果こんな感じ。ストリングスをオルガンに変えてます。伴奏だけ聞いてもおもしろくないし、練習なんで「ソロ」ってのも入れてみました。楽器を選ぶだけ。旋律は勝手に作ってくれます。歌うときはこれ外します。流しながら鼻歌歌ってみたらすっげぇ歌いにくかったので(^_^;)

 さらに、これまた自動で「イントロを4小節」インサートしました。イントロのコード進行も旋律も私は何もしてません。勝手に作ってくれました。

出来上がったのがこれ。ほとんど手を加えてません。音のバランスを少しいじったくらいです。
(上記が再生できない方、こちらを試して見てください。DLもできますが、WAVファイルなのでデカいです。)

 BBご自慢のリアルトラックは使ってません(と思います。まだよくわかってないw)。SamleTankというのはパソコンに入ってるマイクロソフトのGM音源準拠のソフトシンセ。CubaseのHALion Sonic とか、MC5(SONAR)のTTS-1とかみたいなもの、らしい。

ソロでもすごいですよ。そのトロンボーンソロのピアノロール。ベロシティ(音の強弱)といい、発音タイミングといい、自分で打ち込んだらこんなことできません。


『Band-in-a-Boxを試しにいじってみた』へのコメント

  1. 名前:iZo Arts 投稿日:2014/08/10(日) 21:06:40 ID:fe7959120 返信

    やってますねー(^o^)
    これだけ打ち込んだり、演奏したりするのたいへんですよね。
    キューピー3分クッキング並に(とは行きませんが)、できちゃうのは嬉しいですよね。

    それにしても、何の曲でしょう? ブレークの多い曲ですね。少し寂しい感じのラテンミュージック…。

    スパム返しの数式、ハラハラドキドキです(笑)。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/08/11(月) 10:03:23 ID:821cf865f 返信

      まだわからないこと多数。間奏はどうするのか、とか。録音もワントラックしかだめなのかな、とか。やはり、「伴奏」としてある程度出来たらDAWにデータを移さないとだめなのかも。

      >少し寂しい感じのラテンミュージック

       当たらずとも遠からず、でしょうかw
       ジャンル分けするとしたらジャズなんですけど、リズムはラテンでキーはマイナー。曲名は...まだ言わないw

       使用方法の練習のつもりで記憶にあったイメージだけであそこまで作っちゃって、あとからYoutubeで原曲聞いたらかなり違うんでどうしようかと。BBは原曲のコピーするには不向きだから(コピーするならCubaseで一音ずつですよね)、これはこれ、で良しとしないときりがないですねw

  2. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2014/08/17(日) 16:53:29 ID:48bba020a 返信

    これは確かに「おお!!」か「おお??」ですね。コ-ドをいれただけで、あのメロディが自動でてきる??です。すると有名な曲のコ-ドを並べると、全く違うメロディが生まれる?・・・?
     季語をいれると俳句を勝手に作るというソフトがあるそうですが、これは凄いです。
     なにもかも手作りしなければならない時代を経験していますから、もうボ-ゼン、唖然。
     その昔、進駐軍の兵士が投げ捨てたビ-ルカンを拾って切り開き、木槌で叩いて平板にして電車のボディを作った世代ですから。当時のカンはアルミではありませんよ、鉄製です。あばた(痘痕)だらけのボディができた(*^_^*)
     それを想い出すと夢のような、信じられない時代まで生きたという実感がある。そういえば信じられないでしょうけどSGもアンプも自作しました。
    ピックアップマイクもレシ-バ3台をバラして作りました。今考えるとバカみたいな、でも楽しい時代だったかも。歌を待ってますぞ。多いに期待。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/08/18(月) 17:14:26 ID:aad5dd149 返信

      >すると有名な曲のコ-ドを並べると、全く違うメロディが生まれる?・・・?

       そうなんです。スタイルを変えれば別物に聞こえます。でもたとえばポールアンカの「ダイアナ」とアメリカンフォークの「花はどこに行った」もコード進行は同じですよね。それを彷彿させるような、指定したスタイルにあうように自動的に楽器まで整えて(変更して)作ってくれるソフトです。

       逆に、メロディを解析してコードを並べてくれるなんて機能もありました。うまく使えば、耳コピでメロディーを入れれば、譜面探ししないでよくなるかも。そんなうまい話はないかもしれないけど(笑)

       ただ、「カバー(コピー)」には適さないかもしれません。原曲の特徴的な部分を捨てられない気持ちが強いと、出来に納得するまで時間がかかります。開き直りで「歌詞とメロディ」だけもらってアレンジしたんだとか思わないと終われない(^_^;)

       ここらは使用感想として別に書きたいと思います。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/08/18(月) 23:01:45 ID:aad5dd149 返信

       もう一つ返信。その練習でアップしたやつのコード進行はまったくそのままで、スタイルを「カントリーバラードペダルスチール」ってのに変更してみました。

       テンポも前のが85だったのを、それらしく120にして、ボタンを一つクリックしただけのがこれです。ペダルスチールはリアルトラックってやつで、実際に演奏した音源だそうです。それをこっちのコードにあわせて自動的に音程を作ってくれてる。これを打ち込みで表現しようと思ったら私には無理。

      カントリーバラード、スチールペダル