ランタスからトレシーバへ:8日経過

 基礎インスリン製剤の話しです。今日で8日目になりました。

 変更前にいろいろ考えていたほどの変化はありませんでした。安定するまでしばらくは食前に打つ超速効の単位を決めるのが大変かと心配してたんですが、元々健常者に近づけるような、一歩間違えると低血糖との闘いになっちゃう厳密な血糖値コントロールはしてませんでしたので、うまいこといってるようです。

 医療は日進月歩だから、新しく提供された医薬品のほうがたぶん良いんだろうと勝手に考えてます。トレシーバは日本では昨年3月から保険適用になったばかりの新しい基礎インスリン製剤です。ただ、効き目というか効果は人によって違うし相性も違うので選択枝が増えただけと思った方がいいのかも知れない。

 私の場合はトレシーバに変えて計算間違い(予測間違い)で食後の血糖値が大きく上下する率は減ったように思います。一日中なだらかに基礎インスリンが効いてる感じがする。けど、トレシーバはそういうものだからという思い込み部分がないとは言えない(笑) 一ヶ月くらい使い続けないとデータ的にはわからないかも。

 ちなみに、健康な方の血糖値は、食前血糖値80~110、食後二時間後の血糖値80~140が「優」だそうです。食前より食後が高いのは当たり前で炭水化物を食べるからなんですが、自前のインスリンがない1型患者には食前食後は関係ありません。常に安定して120くらいが一番良さそう。

 そこらはもうぜーーんぜん無視して、目標値150前後でやってます。自分なりに調べまくった結果、慢性的に200を超えるようにならなければ合併症はそんなに心配することはないと思いましたし、平均150くらいならHbA1cは7を超えない程度に収まりますから。私のHbA1cは前回測定値が6.2でその前が6.4だったかな。NGSP表記で、です。6以下になると逆に怖い。

 医者が140くらいで高血糖と騒ぐのは2型糖尿病ですね。2型の場合、知らずに放っておくとどんどん悪化するわけです。食後二時間後の血糖値が140くらいになったら、そろそろ危ない。意識して改善しないと常時200オーバーも目前ですから、そうなる前に医者の警告がでるわけです。

 1型は「どんどん悪化する」ってことはないです。スイ臓が壊れちゃってインスリンが出なくなっちゃう以上の悪化ということは理屈的にないですから。

 摂取する炭水化物と注射するインスリンとのバランス問題だけ。健常者並みの血糖値を期待すると計算予測が外れたときの低血糖が怖いです。特に高齢者は低血糖を繰り返すと認知症に直結しそうですからね。高血糖による合併症より認知症の方が怖い。どうしても高め安定を狙うようになりますね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ

『ランタスからトレシーバへ:8日経過』へのコメント

  1. 名前:江藤伸子 投稿日:2014/07/09(水) 13:35:08 ID:f0cb2e737 返信

    私もトレシーバに変えて10日くらい。午前中の血糖値が低くなってきましたが(といっても100とか)、低いときは夜中も身体が重く、起きても倦怠感、朝食後も倦怠感で測ると280も!でも昼食前にはまた低血糖気味、昼食後はぐいぐい上がってる感、喉が渇き、しんどいです。いずれ安定とともにこのしんどさ、収まるんですかね。ここままだと生きるのがつらすぎ!

    • 名前:なかの 投稿日:2014/07/09(水) 17:36:16 ID:71052c138 返信

       食後の血糖値が高くて、インスリンの追い打ちもしないのに次回食前の血糖値が低くなりすぎるとしたら、基礎が多すぎる感じがします。あくまでもそんな気がするというだけです。そのデータを主治医に見せて相談したほうがいいですね。

       私は医者ではないので、以下は根拠がありません。私自身の場合ですので、参考程度にどうぞ。

       インスリン・カーボ比(どのくらい炭水化物を摂取したらどのくらいインスリンが必要なのか)は、人によっても違うのはご承知かと思いますが、一日の時間帯や気候などでも違ってきます。

       ランタス朝打ち時代の私は「朝0.2(40gの炭水化物摂取で超速効8単位),昼0.12(60gの炭水化物摂取で超速効7単位),夜0.15(60gの炭水化物摂取で超速効9単位)」程度でした。さらに寒い時期より暑い時期の方が超速効は少なめで済むようだし、体を使うとき、頭を使うとき、ストレスを抱えているとき(シックデーなど)でも微妙に違います。食事のあと何をするのかの予定がわかっていればそれを組み入れてインスリン量を調整します。計算より1単位減らすとか増やすとか。(トレシーバになってそこらがどう変わってくるのか試行錯誤中です。)

       それでも計算は外れます(^_^;) 幸い私は無自覚性低血糖症状はいまのところありません。なにかしらの兆候があるので、おかしいと思ったら測定して低かったら補食。高血糖側に外れるのは「いつもと違うものを食べたとき」なんで予測がつくというか、まあ予測がつくなら多めにインスリンを打てって言われちゃいますが、多く打って低血糖になるのが怖いのでどうしても少なめに打っちゃうのが原因でしょうね。そういうときは食後に測定して高かったら追い打ちです。

       補食や追い打ちするにしても、炭水化物10gで血糖値がいくら上がるのか、インスリン1単位で血糖値がいくら下がるのかを自分なりに把握してなければできません。それを会得するには自分で実験するしかないです。こまめにメモですね。

       めんどくさそうなことを書いてますが、私は絵に描いたようなものぐさです。実際に面倒だったら続きません。最初は「命がかかってる想いで」必死にやりましたし、いまはもう日常のルーチンになりました。慣れちゃえばどうってことないです。

  2. 名前:せい 投稿日:2014/10/17(金) 07:19:38 ID:bc252720a 返信

    こんにちは。
    初めまして。
    私はトレシーバにして10日になります。

    私の場合、思ったよりも、低血糖対策になったとは感じません。
    ですから、病院の先生に電話してトレシーバの量を1単位下げるようにします。

    私は、無自覚性低血糖発作を持っていますから、トレシーバには期待しています。
    ただ、今はトレシーバが効きすぎていて、まだ緩やかに持続する力を感じられません。

    ちなみに、私は、ヘモグロビンA1Cは、前回は6.1です。前々回は6.0です。
    6.2未満が憂なので、1型でもこの辺でコントロール出来て発作が出なければ理想です。

    インシュリン生活は21年です。
    BMIは22.85。

    微調整でトレシーバを下げる作業と、ヘモグロビンA1CとBMIと低血糖発作のバランスですね。
    眼科は三年くらい行ってないので行かないとな?と思っています。
    人間ドックも行かないと。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/10/18(土) 09:13:03 ID:f76094c18 返信

       インスリン歴21年ですか。私はまだ8年だからあと13年。13年後は77歳。うん、まだ生きてそう。その歳で生きてるところを想像できるからたぶん生きてます(笑)

       トレシーバは効果時間がランタスより大幅に長いので、「それまでに打ってまだ効いてる分」とのオーバーラップもランタスより大きいことになるようです。それを考えて単位を決める必要があるとのことです。

       最初はランタス時より1~2単位少なめで始め、様子を見て単位を増やすように指導されてると思います。診察スパンが短いならそのときに医者と相談でしょうが、そうじゃないなら自己判断で増減せざるを得ないように思います。ただ、とにかく効き目の持続時間が長いので、変更した結果に落ち着くのに計算上の最低でも5日間はかかると聞いてます。私の場合、三週間目くらいから安定してきたように思います。そこがランタスと大きく違いますね。変更してもすぐには結果に出てこない。

       私はカーボカウントでコントロールしてますので、基礎も超速効も単位決め打ちではなく、すべて自己判断で自分で決めてます。医者には診察時に事後報告です。ランタス時代、基礎は毎回変えるってことはないですが、季節の変わり目とか全体に「高めになってきた」「低めになってきた」を感じたときに単位を変えてました。トレシーバはそこらの判断が難しそう。

       要は1型糖尿病というこの病気、自分自身を被検体にした人体実験(臨床試験)みたいなもので、どこまで行っても自己責任。「適当に」やるのが一番なんではないでしょうか。

  3. 名前:杉本 投稿日:2015/03/25(水) 12:27:27 ID:e0e16d3d5 返信

    1年前にランタスからトレシーバに切り替えました。食前は超速効型を2単位、朝トレシーバを14単位程度打っていますが、最近夜中に血糖値が急激に高くなります。トレシーバを増やせば日中低血糖が起きやすくなるためあまり増やしたくないのですが、毎晩起きて計るのもしんどいです。同様の悩みをお持ちの人がおられたら対症方法を教えていただけませんか。宜しくお願いします。

    • 名前:なかの 投稿日:2015/03/25(水) 18:46:06 ID:e6b69fff4 返信

      そこらの具体的なところはお医者様に相談すべきかと思います。

      1型糖尿病ってかなり個人差がありますので、他人がどうしてるのかの細かな具体例は参考にならないことが多いです。大雑把に何をどうしてるかを参考にするだけ。

      インスリン一単位で血糖値がどれだけ下がるのか。炭水化物10gで血糖値がどれだけ上がるのか。

      発症間もないときはまさに手探りです。医者の指示に従って増減し、安定してきたら自分で調整するのが一般的なんじゃないでしょうか。

      ちなみに私の場合、トレシーバは朝一回打ちで7単位。
      超速効は炭水化物10gに対して1.2単位程度を基準に、その時の体調や食後に何をする予定か(頭を使う、車を運転する、風呂に入る、歩く、等々)を勘案して微調整してます。

      私の年齢だと先がもう長くないですから、じわじわと来る高血糖の影響(合併症)より、間近に迫ってるであろう認知症のほうが怖いので低血糖には極力ならないように気をつけてます。低め安定ではなく、150前後を目標に血糖値コントロールしてます。