Youtubeというもの

 内容的には「第三者のコンテンツ一致」の続きです。

 まず一番目。Youtubeは表向き(建前?)は無料コンテンツです。視聴はもちろん、アップロードも一般人は無料。でも、決してYoutubeはボランティアでやってるわけではなく、れっきとしたビジネスコンテンツであるわけです。ユーザーに課金しないでどうやって稼いでるかといえば、Googleですからね、広告です。民放みたいなもの。

 そして二番目。Youtubeを運営してるGoogleは訴訟大国と言われるUSAの会社です。自らが訴訟の対象にならないように、仮にそうなっても負けないように細心の注意を払ってるはずです。

 Youtubeにアップし始めた2011年、「サードパーティのコンテンツの一致」にみまわれました。そのときの相手「Music Publishing Rights Collecting Society」は検索しまくったときに架空の団体という意見ばかりだったし、「サードパーティのコンテンツの一致(2)」に当時(2011年)書いたように私もその意見に同調しました。

 でも、今回の件「第三者のコンテンツ一致(4):解決編(たぶん)」のときに調べまくった結果、それらの団体はおかしな団体ではないんじゃないかと思うようになりました。先に「一番目」「二番目」と書いたのがその根拠です。団体ではなく、Youtube(Google)が使ってる単なる内部的な名称ではないかと。Googleが好きかどうかは別として、あのGoogleがおかしな団体に利用されてる、利益を提供しているとはどうしても思えないのです。そんなことしたら正規の権利団体から訴訟の嵐になっちゃうじゃないですか。権利団体以外にも、正当にアップロードしてる人から訴えられる可能性もある。そんな危険を冒すとは思えないでしょ?

 こんなものを見つけました、Googleのサイトです。「共同著作権管理」。そこには名称として二つしか出てないですが、巷で「架空の団体」と称されてるものが堂々と明記されてます。

 JASRACに問い合わせたときのやりとりの中で「おかしな団体に収益権を損なわれてませんか?JASRACとして動くことはないんですか?」みたいなことも書いたのですが、それ以外の問い合わせには丁寧な説明があったのに、その件については完全に無視でした。

 調べた物をはめ込んでいくと答えは出てきます。YoutubeとJASRACの契約って「包括」ってなってますでしょ。JASRACに権利があるコンテンツ一つごと*再生数に応じた収益を配分するわけではありません。Youtubeのすべての収益の一定割合をJASRAC(あるいは他の包括契約してる著作権管理団体)に支払ってます。

 Youtubeの収益は「まず一番目」に書いたように広告による収益です。つまり、だれが広告を貼り付けようと、それでYoutubeの収益が増えれば結果的にJASRACたちの取り分も増えるんです。「第三者のコンテンツ一致」で貼り付けられた広告はそれが誰が貼り付けたものであろうとJASRACの取り分は増える。文句を言うわけはないです。

 はっきり言えば、広告を貼り付けてないコンテンツはYoutubeから見ればお荷物でしかない。コンテンツ数を増やすための一助にはなっていても、稼ぎの観点だけから見たら要らない物。いわば販促商品みたいなものです。発足当時は必須な「数を稼いで存在を宣伝」も、いまとなっては「減ってくれればいい」くらいなものでしょう。

 そう考えてみるとわかってきませんか? あの「検索しても存在しない団体」ってのはYoutube(Google)の内部表現。広告をつけるための手段ではないかと。コンテンツの一部がYoutubeが把握してる既存の何かと一致していたら、とりあえず「第三者のコンテンツと一致」を宣言して広告をつける。とにかく収益を確保する。あとでほんとうの権利者からクレームが来たときの賠償費用というか訴訟費用というか、そこらの捻出も考えておかないといけない。異議申し立てがあったらそれを受け入れる。法的にはその後は何かあってもYoutubeの責任ではなく、異議申し立てをしたコンテンツ提供者と権利者との問題に置き換えられますからね。訴訟大国USA発祥の企業ならではの考え方じゃないかと思いました。あ、全部推測、想像ですよ。根拠はないです。

 もう一つこの推測に至った経緯としては、第三者のコンテンツ一致が来たあと、「収益化(広告をつける)」「ブロック(再生させない)」「追跡(視聴者の動向を記録する)」の三つから権利者選ぶとなってますが、本当に権利を侵害したばあい、収益化を選ぶなんてことはないと思ったことを挙げておきます。本当の権利者からのクレームならブロックや削除になるはずです。実際に再生しようとして「何々で削除された」旨の表記はよく目にしますよね。収益化を選ぶこと自体がYoutubeがやってることだからとしか思えません。

 訴訟大国であるUSAでは「クレームをつけられて黙っているということは相手の言い分を飲んだということ」になるのだと思います。日本のように「相手の言い分が理不尽なんだから無視してればいい」というのとまったく違います。広告をつけるよと言ってきて、何も言わなければそれを承諾したことになります。Youtubeも商売なんですからつけられる広告はつけたい。それを理解して「そうだね、利用させてもらってるんだからそれくらい良いよ」とするか、なんだかわかんないけどアカウント削除が怖いからと、黙ってるのか。結果は同じでも中身は全然違います。いっそのことはっきりと、「コンテンツには一定の広告が付きます。ご了解ください」てな話しになったほうがすっきりするんですけどね。あるいは有料会員と無料会員をわけるとか。でもたぶんGoogleのポリシーとして有料会員制度はあり得ないんだろうね。基本的に「使うのは無料(だけど広告見てね)」だからこそ、ここまで発展したんだろうしね。

『Youtubeというもの』へのコメント

  1. 名前:なかの 投稿日:2013/12/25(水) 23:33:22 ID:be8c049e3 返信

     Youtubeは無料コンテンツって書いたばっかりなのに「YouTubeに有料配信のオプション追加」って記事を読みました。
     でもまあ、ちょっと違うのかな。コンテンツ配信者側が有料だよと決めたものだけが対象で、それを視聴するために料金がかかるようです。有料コンテンツの配信(有料チャンネルの作成)は、現在10000人以上がチャンネル登録してる人だけみたいなので、それこそ普通のユーザーには関係ない話しですね。現在の無料コンテンツであるYoutubeとは別の世界を作りたいみたいだ。