運転免許の更新に行ってきました

 昔は誕生日の一ヶ月前から誕生日まででしたので、毎回年末のごたごたしてるときに行くことになり非常にめんどかったのですが、前回(5年前)からだったかな、誕生日の一ヶ月後まで有効になってとても楽になりました。

 運転免許と言えば、自慢はゴールド免許創設以来ずっとゴールド維持ってことかしらね。ペーパードライバじゃないし、いまはそんなに走りませんが、私は建物主体の調査士ですからとにかく走り回る。神奈川県の北から南まで一日数現場廻って100キロから150キロくらい走ることもありました。そんな中でのゴールド維持です。運転歴40余年でスピード違反一回、駐車違反一回しかありません。繰り返しますが、ペーパードライバではなく、仕事でほぼ毎日運転してた時代を通じて計2回の違反のみです。

 今回更新に行って、「いまさら」の気になる点が一つ。え?と思ったことが一つ。
 「いまさら」なのは、運転免許って警察管轄ですから更新料は県に払うわけです。証紙を買うわけですね。区役所や市役所でも同じ。でもその証紙の売り場が警察内部にないんですよ。一度外に出てさらに駐車場を抜けて敷地の外、「交通安全協会」の建物内部まで行かないといけません。まあ、そこは目をつぶりましょうか。国の印紙だって登記所内部に売り場がないところもありますからね。

 で、そこまでいって「免許更新用に3250円の証紙をください」と。そしたら、通知の葉書と免許証を見せろと言うんです。なんで?なんで民間人のあんたに免許証提示を求められるの?見る必要あるの?と。そしたら間違った証紙を買っても買い戻せないから確認したいとか。じゃあハガキだけでいいんじゃないの?と突き詰めたらじっと黙ったまま。3250円払って証紙を受け取りましたけど、軽々しく民間人のおばちゃんに「免許証見せろ」と言われて見せる人が普通にいるんだってことですよね。「安全協会不要論」までは言いませんが、彼らは民間人であることを意識してないんでしょうか。してないんでしょうね。警察の出先機関のつもりなんでしょう。民事法務協会と似たような位置づけなんだろうな。

 次。驚いたのは今回もらう予定の免許証。ICカード式なんだそうな。30分の講習時に自慢げに語ってました。いつからって言ってたかな。3年前だったか4年前からだったか。その講習を受けてるのは更新5年組でICカード免許は初めてなわけです。免許の偽造が「できなくなった」とか、チップに情報を入れられる。いまは本籍だけ入れてある。免許証の表面には本籍が出ないのでプライバシーが護られる云々と。住基カードであれだけもめたのに、運転免許はあっさりとICカードですか。知らぬうちに警察が握ってる個人情報をチップに詰め込む可能性はどうなってるの? 質問してみました。チップに何が入れられてるかは免許更新の場に置いてある誰でも使える機械に通せばわかる。本籍以外入ってないと。

 そりゃダメでしょ。それを通して出てくるのは「一般人に見せても良いとされてる部分だけ」かもしれないじゃないですか。中身が全部出てくる保証はない。原発でもなんでもそうだけど、政府や行政側がいう「だから安全」は保証にならないんですよね。「いま」は本籍しか入れてないかもしれないけど、いつのまにかあれこれ管理され、そのうち住基カードと合体とか、住基カード以上に行政に個人管理されるとかの危険はないの?

 ICカードの運転免許証と、従来どおりの紙製運転免許証のどちらかを二択させるべきなんじゃないの? 偽造だって、チップそのものはどこでも手に入るわけだし、書き換えだって免許証みたいな数百万も数が出てるチップを書き換える器械の「シークレット」な部分なんてどこまでシークレットなものなのか。ハッカーの手にかかったら朝飯前で偽造できそう。紙の免許証偽造より楽なんじゃないかな。

 二択はないそうで、免許を更新するならその免許証しかないと言われ、OKするしかないわけです。まあ私は住基カードも賛成派だし、運転免許のICカード化も、もし賛否があったなら賛成側なんではありますけど、世間で何も騒ぎにならずにそうなったってのがなにか腑に落ちない。それともニュースになったけど自分で気がつかなかっただけ?ちょうど冬眠中時代な感じだしなぁ。きっとそうなんだろうな。

『運転免許の更新に行ってきました』へのコメント

  1. 名前:Massatoshi 投稿日:2012/01/26(木) 23:30:46 ID:823ab7938 返信

    例の議事録と同じで、都合の悪いことは公表しないでおこうということなんじゃないですか?
    それにしても最近多いですね。
    「公表していなかった」
    例の検察の「検察にとって不利な証拠は採用しない」と似てますね。

    • 名前:なかの 投稿日:2012/01/27(金) 15:19:49 ID:3e820dba3 返信

       そもそもですね。システムの変更は利用者の利便性が増すことを第一に考えるべきなんですよ。通常のICカードはクレジットカードだとかSUICAだとか、ユーザーが使いたくて使ってるもので、押しつけられたものじゃ無いしICカード故の利点はある。私の職業上持ってるICカードも身分を証明するためのものだし、いずれにしても「自分の都合」なわけです。

       運手免許は私個人の資格です。免許取得試験に合格したんだから免許証という有形のものの有無に関係なく資格はある。ただ、それを現場で証明するために有形の運転免許証を所持しないといけなかったわけで、それが偽造か本物かを見極めるのはこちらの知ったことではない。紙の免許証で十分なんです。ICカードにしたのはひたすらシステム側の都合です。それにこのオンライン時代ですから、有形の免許証を所持していなくても、その場でオンライン照会できるはず。もうそういう時代です。警察のシステムはそれくらいできてると思う。免許証の形を変えることで潤うのは誰?

       あとになって調べて驚いたのは、前回更新料がいくらだったか覚えてないんですけど、ICチップ代として450円も高くなってるらしいです。システム側が勝手に作った上に費用負担をユーザーにさせるって、それなに? どちらにしても税金で賄われるんだから受益者負担だというのは嘘ですよね。なにも益を受けてないですもん。
      http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/ic/ic.htm
      ↑警視庁のサイト。

  2. 名前:nobu 投稿日:2012/02/07(火) 16:19:04 ID:42508f739 返信

    去年12月、更新しました。(ゴールドですよ。)
    ICカードは初めてでした。講習を受け約1時間ほどで終了です。

    ICカードには本籍地しか記録されてない説明がありましたが誰も信用しませんよね。
    メモリには(推理)スキャンすればひと目で分かる個人情報が入っているでしょう。

    交通安全協会から更新時「協賛金」を収めてほしい。との案内文を渡されましたが、
    今回は収めませんでした。(以前、関係者の飲食費の一部に使われたとの事で・)

    更新と運転歴に関して昔のことを少し・・

    免許更新には苦い思い出があります。
    昭和40年代、更新日時は特に厳しかったようですね。

    免許を取って7年程過ぎた頃、何回目かの更新で有効期限を一日過ぎていました。
    慌てて申請しましたが後の祭り・・免許の取り直しでした。

    ゆえに免許の取得日が書き変えられた事になります。(7年間何処かへ・・)
    今では初心者マークをつけて運転することになるのでしょうか?

    私も運転歴50年ですが3回違反しました。

    1回目、スピード違反10キロオーバー。
    2回目、一時停止違反。
    3回目、事故。安全運転義務違反。
    1,2回とも自己弁護による裁判で、判決はいずれも罰金が1/3になりました。

    ただ3回目は人身事故で相手に怪我をおわせてしまいました。
    赤信号で突っ込んできた自転車を避けることが出来なかった。(安全運転義務違反)

    その後、怪我が治るまでの半年間、仕事の合間に病院まで車で送り迎えをしました。
    事故はお互いが身体と心の傷を負う事なので絶対やってはいけないと思います。

    示談後は罰金も行政処分も刑事処分もありませんでした。
    一回呼び出しを受けて示談の事を聴取されただけで、今でも不思議に思っています。

    そして今、まだ枯葉マークではありませんが超安全運転です。
    助手席から「鈍くさい・」と時々お叱りを受けますが全く気になりません。

    昔の事を思い出しますから・・。

    • 名前:なかの 投稿日:2012/02/09(木) 15:09:43 ID:2ae2a8fc5 返信

       ICカード化については、検索するとかなりきな臭い内容がちらほらしますね。「運転免許証にRFIDが埋め込まれている理由」なるタイトルのブログを見つけました(内容が正しいかどうか検証してないのでリンクは張りません。検索してみてください)。

       「公表されて いるものだけでも、氏名、生年月日、免許証交付年月日、有効期間、免許の種類、免許証番号、本籍、顔写真がこのRFIDのICチップに記録されている」といってるんですが、どこで公表されてるのかわからないし、さがしきれませんでした。

       交通安全協会はなんで必要なんでしょうね。やってる仕事は本来警察がやるべき仕事ばかり。補助金出してやらせるなら警察でやればいいと思うんだけど、天下りまではいかない位置の「退職した人の再就職の場」確保なんでしょうね。

       交通事故。自損事故なら反省すればすむけど、対人はいやですね。全面的に相手が悪いように見えても、理屈の上では安全運転義務違反と言われるようだし。たしかに自分の側が青信号でも「赤で突っ込んでくる相手がいるかもしれないな」と思いながら運転はしてますけど、それでも間に合わないことだってあるし、運でしょうか。どっちが悪いとかじゃなくても人を傷つけたら後味悪いのは確かです。

       歳とともに反射神経が鈍るのを自覚して、より以上に運転には注意を払わないといけないですね。

  3. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2013/11/23(土) 10:23:16 ID:637523fd5 返信

     免許更新ですか。それぞれに「物語」がありますね。
    1億枚の免許証に1億の物語があるのでしょう。
     歳をとると、この物語に第二幕があります。11月18日にやってきました。3年ぶり、2回目です。コメントのnobuさんも運転歴50年だそうですから、もう経験済みではないですか。
     拙メが免許を取ったのは昭和38年で今年50年目、平成18年までは仕事で毎月2600㌔ぐらい走っていました。さて、更新ですが面倒な第2幕、、この方が第1幕かもしれませんが「老人講習」というのがあります。
     その内容ですが面倒なのは75歳以上のヒトです。                                 
     70歳になると免許更新の前に「高齢者講習」というのを受講して「終了証明書」をもらい、それを添付して申請することになります。まず第一段階は70歳~74歳まで。次に75歳以上、これが第二段階です。
     これは「高齢者講習」の前に「認知機能検査済証」と称するボケ度検査があります。これでダメだと「ここでオシマイ」です。パスすれば「高齢者講習」が受けられます。
     まぁ、更新を求める輩(やから)達ですから、そんなヘンな御仁は来ていません。
     実車運転もあるのですが、ここでハッキリ差が見えます。高齢でも毎日乗っている人、週1ドライバ-、月1のひと。ほどんと乗っていない人・・とそれぞれですから。
     まぁ、問題は無い・・と言いたいところですが、実は問題があります。それは講習料が6000円かかること。
     実費なんでしょうけど年金暮らしの年寄りから取りすぎ。立場が違えば「当たり前の費用」だというでしょうけど。3年後の次の更新時は81歳になるので、おそらく今回が最後の免許更新だろうと思います。その頃「まだ生きているか」それとも「ボケているか」神のみぞ知るというところですが、神様は「そんなこと知っちぁいねえやい」と言うでしょうね(^_^;)
     毎度、お粗末。

    • 名前:なかの 投稿日:2013/11/23(土) 16:48:40 ID:f3221cb53 返信

       老人講習ですか。なんか響きがいやですね(笑)
       でも仕方ないんでしょうね。認知症など「本人は自覚してない」んでしょうから。もっとも自覚してたら免許の更新には来ないと思いますので、客観的にテストしてくれる良い機会なのかもしれません。

       6000円てのは通常の更新+6000円ですよね。けっこう高いな。私は次回平成29年(1月)ですから67歳かぁ。たぶんまだ更新しに行くんだろうな。ぼけていませんように。

    • 名前: 投稿日:2013/11/28(木) 16:55:20 ID:10f19e1a6 返信

      12/14後期高齢者講習を予定してます。3年先は85歳になるのでこれが最後かな?
      最近は車に乗ることがおっ苦になってきたので更新を止めようかなと想ったが止められません。一度車を持つと車のない世界は何となく不安で性懲りも無く車を変えています。現車は18世代です。

      • 名前:なかの 投稿日:2013/11/28(木) 21:56:39 ID:6b6d3ad56 返信

        昭さん、お久しぶりです。お元気そうでなによりです。

        私はいくつまで免許を維持するかわからないです(笑)
        いま乗ってる車がもう18年目。来年5月で19年目の車検になります。それを通したらその次は廃車にして免許も返しちゃおうかなとか考えたり。車の世代としては7代目。若い頃はかなり早めに乗り換えたりしてましたけど、一つ前の車も10年乗りましたからこの二台だけで28年ですね。こうやって考えるとずいぶん長持ちしてるな。