ドック・オブ・ザ・ベイ(The Dock Of The Bay)歌ってみました

 簡単バッキング(手抜きとも言う)シリーズです(笑)

 自演のギターとMIDIのベースとドラムだけ。ただ歌いたかっただけってやつです。この「手抜き方式」だと「歌いたい=即バッキング作って歌う」ができて楽しいです。考えてみたら、一番最初はそれだったんですよね。ミスターロンリーとか。

 だんだん慣れて凝ってきてそれなりにバッキングらしくなってくると、そうしないといけないみたいな感じがしてきて重荷になってきて、それじゃ本末転倒だなと。

 録って聴いてみたら、まあ耳ふさぐほどでもないなと思ったんで公開しときます。オーティスレディングファンには石投げられるかも。

 DAWは CubaseLE5 です。MC5 はボーカルのエフェクトがやりにくい(出来ない訳じゃないです)のと、ピッチベンド(今回はベースのハンマリング)を視覚的につける方法がわからず、ヘルプ見てもイベントリストでのテキストで挿入するみたいだったのであきらめました。いくら手抜きバッキングとはいえ、この曲の特色部分は外せないですよね。

 必要なときだけ音源は MC5 付属のに頼って、DAW本体は CubaseLE5 でいくのが私には一番楽そう。


『ドック・オブ・ザ・ベイ(The Dock Of The Bay)歌ってみました』へのコメント

  1. 名前:7th-lab 投稿日:2011/09/26(月) 23:00:57 ID:71e2995d5 返信

    ご無沙汰しております。
    お伺いするのはよくお伺いしているのですが、いい音源がUPされていたので(笑)。

    相変わらずやわらかいヴォーカルで。すばらしい。
    加えてギターの録音がいいですね。
    きらびやか過ぎることも、主張し過ぎることもなく。
    ヴォーカルに馴染む、ちょうどいいところにいますよね。

    当方ももっと唄の練習しなくっちゃ。
    そう感じながら拝聴しました。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/27(火) 08:09:53 ID:175abe8a8 返信

       いつも読んで(聴いて?)いただいてるようでありがとうございます。

       ギターはコードを刻む(アルペジオ含む)程度しか出来ないので、とにかくひたすら弾いてます(^_^;) 音の大きさや位置はDAWのありがたさ、自由に変更できるので助かってます。

  2. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/09/27(火) 11:11:20 ID:8a18c95b0 返信

    イェーィ(^_^)/ 歌もいいけど、ギターのストロークもグーですね。こういうストロークって難しいです、スローだと余計に。
     シンプルに攻めるのもいいですよね、ひとつひとつの楽器、歌が生きてきて…。楽器が多いと一見豪華にはなりますがうるさいだけ、ってことが多いですものね。

    量産体制に入りました?
    自分が楽しいのが一番ですね。欲張ると必ずしっぺ返しが来て、挙げ句の果てに邪魔くさくなってくる…、私の場合、何度これを繰り返したらいいんだろう、って感じです。学習能力なし、性格ですかね(汗)。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/27(火) 17:07:53 ID:175abe8a8 返信

       量産体制には入ってません(^_^;)
       適当に歌うだけは歌ってるんですが、最初から最後まできちんと歌ってアップするって、けっこうめんどくさいです。
       とはいうものの、豪華に作らなきゃ、の自縛からは開き直れたようです(笑)