Music Creater 5 雑感

 さて、買い換えた(CubseLE5 を捨てた訳じゃないんで買い増しか?)Music Creater 5(以下MC5)を数日使ってみての感想第一弾です。まだ雑感程度です。

 なんだかね、ただでさえ知らない用語の世界でようやっと少しだけ馴染んできたいままでの用語とはまた違う用語のオンパレードなもんで、「説明書読んでも何を言ってるのかわからない」部分がいっぱいあります。だから、理解してない、勘違いしてるまま思い込みでとりあえず動かしたり打ち込んで再生してみたりしてみた感想です。でも、印刷されたそれなりの厚さのマニュアルがついてるんで、そこらはなんとかなりそう。

 音源が増えたのは素直に嬉しいです。この「音源」って言葉、私間違って使ってるかもしれない。シンセサイザーだと「いろんな音が出るけど音源としては一つ」なのかな?サンプラーみたいに生の音を利用してると楽器一つ分の音色で音源一つと数えるのかもしれない。つまるところ、言いたいのは「たくさんの音色を簡単に使えるようになったこと」が嬉しい。

Cakewalk Music Creator 5の詳細

 そこに「多彩でハイ・クオリティなサウンドを内蔵した4種類のソフトウェア音源」とあるとおりです。

 そこにある三つ目、Studio Instruments Drum Kit がなかなか面白いです。状況は以下 Youtube のとおり。

 これいじってるだけでしばらく楽しめます。この試奏しているパターンをそのままドラッグアンドドロップするだけで自分のプロジェクトに取り込め、何小節でもループできるわけです。楽です。でも、やってみたけど、ドラムだけ豪華になりすぎて浮きます(^_^;) やっぱり全体のバランス考えると手打ちで質素にポチポチかな。

 上記詳細サイトにある「オーディオとMIDIはシームレスに編集作業を行うことができます」にも期待してたんですが、この「行うことができます」は、その前段「コピーや貼り付け、ループなど」のことなんですね。そう書いてあるんだからそうなんですが。
 「オーディオの波形データそのものに対する編集機能」は CubaseLE5より落ちます。いや、まだ言い切れないですね。なにせ、コマンドやその選択する場所が全然違うので見つけてないだけの可能性も大きい。でも、できないみたいな予感がする。でもまあ、エフェクトをかけたりノーマライズするなど、出来て当たり前のことは当然出来るから問題ないっちゃいえば問題ないけど、期待してしまったのでがっかりしてるだけ(笑)

 他に期待してた機能に「ループ音源(ループ素材)」ってのがあるんですけどね。冷静に考えればすぐわかるんですが、オリジナルを作曲しようとするならとても便利なものに違いないです。細かに小節単位ですでに作ってある。それを貼り付けて繰り返し使おうって物です。

 だから、私みたいに「すでにある音楽(歌)の伴奏に使うには」向かないみたい。メロディがある物に対して、別のメロディラインを貼り付けても意味がないから。リズムセクションには使えます。とくにドラムなんて「パターン」ですから。8ビートなら8ビートで基本部分を打ち込んでそれをコピペしてたのを、その打ち込みまでは終わってると思えば良い。必要なだけコピペすればプロ顔負けの華麗なスティックさばきでドラムがなる。先に書いたように、他の部分が自分で打ち込んだ貧弱な流れなんで浮きまくります。恥ずかしくてこのパターンをそのままは使えないかも。

 ここで、使い勝手を確認するために CubaseLE5を起動。おお!? MC5をインストールしたことで、MC5の「四つの音源」のうち、二つ、「Studio Instruments Drum Kit」と「Cakewalk Sound Center」が CubaseLE5 から使えるじゃないですか。もちろんループ音源としての使い方は出来ないけど、音色として使えるなら十分です。しかもエフェクターも増えてる。これらを6980円で買ったと思うと安いのかもしれない。少しやる気が出てきた(笑) TTS-1が使えたらもう文句なしなんだけど、これはMC5の中からしか使えないみたい。

『Music Creater 5 雑感』へのコメント

  1. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/09/10(土) 18:55:12 ID:fa87b400f 返信

     ドラムキットいいですねぇ~。ドラマーになった気分でやれそうな感じですね。
     オーディオ録音とのマッチングとか使いやすさとか、どんな感じなんでしょうね。CubaseLE5なみに使えたらいいですけどねぇ。
     手足のように使えるまでが大変でしょうが、バリバリ曲を作って行ける日を楽しみにしてますよぉ~。
     確かにMC5の使用レポートとか曲作りのレポートが、検索してもないですねぇ。そういうのがあると色々なヒントがもらえるから便利なんでしょうが…。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/11(日) 14:52:22 ID:7de51d94f 返信

       ドラムは「自動ピアノの鍵盤を見てるのと同じ」で、見て聴いて驚くだけです(笑)
       マウスでクリックするだけなのでスティックを二本持って叩くような遊びはできません。音の作りを確認したりチューニングしたりするだけ(だと思う)。

       MC5のレポートがない理由、だんだんわかってきました。買う前にわかれよって話も出てきそうなんだけど、しっかり調べたつもりでも机上のデータは一面しか見てないという実証かもしれない。実物を手に入れて「あれ?」と思ってから初めて全体的な検証に目が行くというありがちな話。
       Cubase はその名称が本格版も入門版もおまけ版も同じ「Cubase~」ですよね。MC5はそうじゃないみたい。本格版・入門版・おまけ版の名称は「SONAR~」ですが、同系にもかかわらず「おまけ版よりちょっと上で入門版より下」のを MusicCreator として売ってるみたいです。だから、SONAR で調べるといろいろ出てきます。
       で、この価格帯(1万円前後から一万円以下)で販売されてる独自名称のソフトはどれも似たような物で「本格版のある製品の機能を削ったおまけ版」のほうが機能的には上のものが多い雰囲気です。CubaseLE5はその「おまけからさらに機能を削ったもの」としか思えないけどね。
       MC5は付属音源+αを6980円で買ったんだと思うしかないかな。そのドラムキットも含め VST のは CubaseLE5から使えるし、ギター用エフェクトのAmpliTube X-GEARもそのまんまCubaseLE5から使えるようです。無駄にはなりません。
       しばらくは、増えた音源を使っていままでどおりCubaseLE5で録音し、MC5は練習目的でいじって慣れていくという使い方をしようかと思います。

  2. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/09/11(日) 19:10:42 ID:056ee8466 返信

     なるほど。MC5がSonerの弟分ではなく、どこかに妹分て書いていたのはそういう意味だったのですかねぇ。
     色んなこと調べたり、自分でやってみて、結局CubaseとSonerが定番であることがひしひし分かってきました。
     ソフト、ソフトが気持ちよく動いてくれるPC、きれいな音源、それらをそろえると15万は必要、できれば予算20万、25万ってのはあながち大げさじゃないんですね、きっと。
     私の場合、宝くじでも当てないと無理ですので(笑)、当分悶々とやってます。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/11(日) 23:07:15 ID:7f2d9c618 返信

       「きれいな音源」は、この一万円以下の価格帯ソフトでも十分についてきます。私はMSPやDominoで使う「マイクロソフトのGS音源」でその楽器の数やドラムキットの内容自体には不満なかったです。この内容で音がきれいなら良いですよね。
       MC5に「構成的にはMSGSと同じで音そのものが違う」音源がついてきます。VSTじゃないんで、Cubaseでは使えないんですが。
       たぶん、他のソフトにも廉価版で十分な音源が入ってるだろうと思います。

       問題は「PC」ですね。仕事で使うには十分なパソコンを趣味のために買い換えるなんてのは絶対に無理なんで、そっち側の制限からして、やはり入門的なDAWまでしか使えそうにないです。

       話しはかわって。MC5,買ってまだ一週間足らずなのに、ローランドのサイトに行ったらMC6のお知らせが出てるのを見てしまいました。調べまくってたときにそんな情報どこにもなかったのに。なんだかとてもがっくりしました。

  3. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/09/12(月) 09:06:02 ID:e87891e2f 返信

     ひょっとしたら、なかのさんの感覚(音源を買ったと思えばいい)で合っているのかも知れませんよ。
     音源ソフトって結構な値段してますよね。数万円とか。結局、DAWの値段はそれに比例するのかも。「こんな音源つけましたんで、これこれの値段ですよ~」、って感じで。
     だから、CubaseLE5は最低なんですよ、きっと。ボロボロにかけた音源しかついてない(笑)。「どうです、全部そろった音源が欲しいでしょう。では、上位バージョンを買いましょうね」、って??