DAWソフトの買い換え

 暑さとセミの邪魔も遠ざかり、宅録熱もぶり返しつつあります。使ってるDAWソフトは Cubase LE5 です。春頃から使い始め、フリーソフトとはひと味違う使い勝手(良しも悪しくもですけど)に戸惑いつつも音質の良さに不満はなかったんですが。
 ちなみにDAWってのは「デジタル・オーディオ・ワークステーション」だそうな。DTPをやるためにワープロソフトがあるみたいな感じかな?

 Cubase LE5 だと付属音源がとっても少ないのです。オーディオインターフェイス買ったらついてきたおまけソフトですから、そんなもんだと思ってましたし、フリーの音源もたくさんあるんで、これで十分と解説しているサイトもあります。が、この「自前で持ってる以外の音源を使う」っての、あんまり簡単じゃないです。私がわかってないだけなのか、ソフトが「おまけ故の機能制限ありだから」なのかよくわかんないんですが、説明どおりにインストールしても鳴ってくれないのがあるし、複数使うと読み込みに時間がかかっていらつく。読み込んじゃえば重く感じるわけでもないんですけど、起動時に毎回時間がかかったりするので使いにくい。曲を自作(作曲ね)する人は音も自分であちこちいじるんでしょうけど、バッキング目的だと「そのまま使えるソフト音源をそのまま使う」くらいしかやる気がしない。

 調べていったら、同じ Cubase の「おまけ版」でも2種類あるんですね。Cubase の販社がヤマハの子会社らしいんですが、ヤマハの製品にくっついてくるおまけは「AI5」で、他社の製品のおまけが「LE5」。かなり仕様が違います。ずるいぞってくらいAI5のほうが良いのです。AI5なら、バッキングを作るくらいの使い方ならあまり不満は出ない気がする。

 いま使ってる Cubase の製品版はとてつもなく高いです。6万円から8万円くらいする。と思っていたら、入門的位置づけの「Cubase Elements 6」ってのが出てました。価格が約2万円。この2万円前後の価格帯に、各社の本格派DAW「入門版」が出そろってるみたいなんで、一応予算上限2万円として情報収集開始。

 入門版っていっても製品版ですからおまけ版とは全然違う物。私の場合DAWで曲を作ろうというわけじゃなく、歌のバッキングが不満なく出来ればいいわけで、DAWとしての「入門版」で十分なのです。でも2万円出す気にならない(出せない)。歌のバッキング用にほいほいと買える金額ではないし、そんなにお金を出すなら他に欲しい物がある。それに、高機能すぎるものだとパソコンのスペックも心配。私のパソコンは AMD Athlon 64*2 Dual Core 5200+ 2.70GHz, メモリ2.00GB ですからね。本格派のDAWは重いのでたぶんまともに動かない。

 ということで、ランクを少し下げ、本格派の入門版ではなく、本格派の下の位置づけになる1万円前後のソフトを調べまくりました。DAW、思った以上に同じ価格帯の競合ソフトあるんですね。試用版があるのもありますので、使ってみましたが、それぞれ独自なUIなんで慣れないと何が何だかわからない。試用しただけじゃ使いやすいのかどうかもわからないという意味のない試用でした(^_^;)

 結局、各社の公式サイトに載ってるスペックと、あちこちのユーザーサイトの紹介を参考に、そこそこに安価かつ私の使用目的に十分そうな「Cakewalk Music Creator 5」を買ってみることにしました。オンラインのお店で税込み送料込みで6980円。これくらいなら私のお小遣いの範囲でもなんとかいけるんで、もっと前に考えても良かったんだろうけど、金額だけじゃないですからね。買うに至るまではかなり研究しないといけないから手を出せなかった。

 2万円の予算で7000円で止めたってことは。あと1万3千円までは使って良いのかしら(笑)ウフ(笑)、という気持ちも少しありです。

以下、楽天ショップへのリンクです。今回はここで買いました。全品送料無しのお店なので、ギター弦などの小物だとアマゾンより安いことがあります。

 昨日注文したので、届くのは月曜日か火曜日。楽しみです。またレポートします。

『DAWソフトの買い換え』へのコメント

  1. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/09/05(月) 09:14:02 ID:a7bb63666 返信

     ついに、買いましたか~(^o^)
     Music Creator はSonerの弟分ですよね。いいかも知れないですよ、その選択。Mixtureはわかりやすい、まさに入門者にピッタリのソフトだと思いますが、VSTiが使えないし、MIDI編集がやりにくいなぁ、という印象があります。(超入門者向けにはバッチリだとは思いますが)
     私も、色々なソフトをダウンロードして調べてみたんですが、どれも帯に短したすきに長しで(いいなと思うとPCがついていかない、軽いなと思うと能力的にちょっと…、中には頻繁にハングアップするのもありました)結局堂々巡りして今に至ってます(笑)。
     MC5は要求pcスペックが高くて、最初からはずしてました。でも、気になる存在です。なかのさんのpcなら大丈夫でしょうね。
     時々ネットで見かけるDTM予算、1桁違いますよね。うわぁ~(>_<)、って感じです。
     きっとそういうDAW環境だと色々なことできるんでしょうが、憶えて手足のように使いこなすのは大変だろうなぁ、と思います。プロじゃあるまいし、ね。(実はうらやましかったりして…)
     レポート楽しみにしてます。果たして、MC5の実力はいかに…??

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/05(月) 13:48:23 ID:96463bc60 返信

       SONAR も「X1 Essential」が2万円弱の価格帯にあるんですが、パソコンのスペックが(^_^;)
       動作基準ギリギリのスペックでは快適動作しないってのは、もう当然なので。

       Cubase LE5 から買い換えたかった一番大きな理由が「ソフト音源」で、次点が「ループ素材」の存在。MSPからこの世界に足を踏み入れた私はループ音源なんてしばらくまったく知りませんでした。それを知ってからは、もう「欲しいなぁ」とずっと思ってた。Mixture の試用版をゲットして遊んでみて、さらに欲しくなった。でも Mixture は VST 使えないのでパス(笑)

       DTM予算だけじゃなく、iZoさんは私と音楽のスタイルもなんだか似てて親近感を覚えます(笑)

       MC5、まだ来ません。買ったお店が九州なので、配送が台風の影響受けてるのかもしれない。早く来ないかな。

  2. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/09/06(火) 07:49:37 ID:ff8b6dcf7 返信

     最近PC能力の壁をひしひし感じます。DTMもCGもCPUを目一杯使って来ますよね。ネットでよく「まず速いPCがないとダメ」なんて書かれてますが、本当にそうですね。
     ムービーなんかやりだした日には、HDを湯水のように使い出して、あああ、どんどん減る~。や、やばっ。
     DTMのブログなどをひろい読みしたら、ーー「こういう風に音楽をやるので、ピッタリのソフトとPCを選んでほしい」と店員に相談すればいい。予算は最低15万、できれば20万、25万ぐらいあれば何とかなる。ーーなんて書いてあったりして、ギョエーー、です。
     DTM始めた頃は、そんな大げさな…、なんて思っていたけど、あながち大げさではないような気がします、最近。
     中途半端に買っても、結局壁にぶつかり同じかも知れませんね。
     それより、こうなったら徹底的にマルビパターンでどこまでやれるかに挑戦した方が面白いかも(^o^)、なんて思ってます。
     何とかPCだけ買っても、WIN7になってるから、今のソフトが動かない、なんてなったら、と思うと気が重いです。実際、互換性とかどうなんですか、Win7は?

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/06(火) 12:38:29 ID:da60b5688 返信

       私はずっとビジュアル関係を避けて通ってきましたのでHDD容量が足りなくなった経験はないんです。160ギガしかないHDD、この一年、音楽系のデータをため込み始めましたけど、それでもCドライブは40/100しか使って無く、Dドライブは15/60とまだスカスカ。画像(動画)は食いそうですね。

       私のパソコンは三年前に買い換えたんですけど、20インチ液晶モニタ込みで65000円の安物ショップブランドです。本体だけだと5万円を切ります。当時は自分がまた趣味モードに復活できると思ってなかったので、仕事が出来ればいいだけのスペックで考えました。幸い、MC5はなんとか普通に動いてくれそうです。これ以上のソフトの進化(バーアップ)は指をくわえてみてないといけないかもしれません。

       Win7の旧ソフト互換性はかなり高いですけど、ハードに密着したソフト、DAWとかは64ビット対応となってない限り基本的に32ビットでしか動作しません。ただ、64ビットパソコンで動かないという意味でもなさそう。64ビットパソコンにインストールしても32ビットアプリとして動作します、みたいな注釈があるソフトもあります。

       各ソフトやハードのWin7 64bit対応はそれぞれのサポート状況を確認するしかないです。Win7[Pro]以上にはXPモードってのもありますが、これはホビー目的で使う物ではなさそう。つまりソフトを起動したり終了したりを気軽にできるものじゃなく、どうしてもXPじゃないと動かないビジネスソフトを一度起動したら一日、あるいは数日そのまま起動し続けるみたいな事業所で使う物という感じがしました。私は一台のパソコンで趣味と仕事兼用ですから、ソフトだけじゃなく周辺機器(プリンタとか)も動かなくなると困るので、Win7[32]にしました。

       64bit 機にするなら、「やってみて動かなかったソフトや周辺ハードは全部買い換える」覚悟を決めないとダメかもしれません。まったく新規にパソコンを始めるなら悩むことはないんでしょうが。

  3. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/09/09(金) 19:20:33 ID:ed4583a4c 返信

     毎度です。
     記事の中に、

    <が、この「自前で持ってる以外の音源を使う」っての、あんまり簡単じゃないです。私がわかってないだけなのか、ソフトが「おまけ故の機能制限ありだから」なのかよくわかんないんですが、説明どおりにインストールしても鳴ってくれない…>

    とありますが、フリーのVSTiのことですよね。うんともすんとも言わないんですか? それ、って(VSTiの)本家本元なのにひどいですよねぇ。わけわかんないー、ですねぇ。Cubaseなら問題なく動くもんとばかり思っていました。
     MSPはハングアップ(強制終了)しますねぇ、…、(VSTiを)やる気が失せました。一体、どうすれば…???
     サウンドフォントはMSPでもOKなんですが、ひどい遅延で、これまたやる気が…(-_-;) 音は確かにいいですが…。wav化して他のソフトでミキシングするという手はありますが、何だか邪魔くさくなっちゃって…。その後、放置です。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/10(土) 10:17:03 ID:c1e83e71f 返信

       九分九厘「私の使い方が間違ってるor使い方がわかってない」のが原因だと思うんですが、インストール(場合によっては指定フォルダにDLLを入れるだけ)し、Cubase内から指定できるようにしても、指定すると「すでになんとかがかんとかなので音は出せません」と出たり(素人な書き方ですいません(^_^;)、もう削除しちゃったので、そのメッセージ確認のためにだけインストールする気はないので)、ドラムのVSTiをいれても各パーツを別チャンネルに指定しないといけない→その方法がわからない→一つだけ、たとえばバスドラムとかだけ音が出るとか、たくさんのプリセットが使えるのはいいけど、一つでも使うとCubaseの起動時に読み込みに異常に時間がかかるとか。結局内蔵音源しか使わなくなりました。
       Cubase【LE】5だからなのか、私のパソコンがスペックギリギリだからなのか。後者の疑いも濃いです(笑)とにかくHaliononeなら問題ないので、音源さえたくさんあれば私の欲求は満たされるんですけどね。

       MSPは WinXPまでなら VST やらサウンドフォントはまともに行くみたいですよ。VISTA以降に対応しない(してない、させられない)というのは、まさにそのためらしいです。

       MUSIC CREATOR 5 の概略使用感についてはあとで軽くまとめてみます。