ギターの弦交換

 昨年12月に買ったサイレントギター。もう8ヶ月も弦を換えてません。アコギのときは長くても2ヶ月、早いときは一ヶ月くらいで交換してたのに、サイレントギターって生音は全然意識しないんで、錆びてさえこなければあまり気になりません。

 でも6月にいくらなんでもそろそろ換えたほうがいいなと弦を買いました。アコギ時代はワンセット500円もしない弦だったんですが、半年に一回ならもうちょっと高いやつでもいいかと奮発してワンセット1300円もする弦を買っちゃいました。

 で、6月は梅雨なんで、どうせ錆びるだろうから梅雨開けたら張り替えようと思ったまま、あっという間に8月も終わりそう。

 宅録熱も再開しつつあったんで、思い切って昨日交換しました。ブログネタってことで画像なんかつけて手順も書いておきます。たまにはそういうのもアップしないとね(笑)


 (1)普通はこのように三本残して三本を張り替えてから残り三本を張り替えるんですが、


 (2)エレアコのサドルの下に仕込まれてる「ピエゾマイク」ってのがどんな風なのか見てみたくなって、六本全部外し、サドルも外してみました。見ても別にどうってことなかった(^_^;)
 サイレントギターはブリッジ側をエンドピンで押さえるんではなく、ガット弦のギターみたいな構造になってます。スチール弦は端に輪っかがついてるので、ここをくぐらせるだけです。エンドピンで押さえるやつの場合サウンドホールから手を突っ込んで、端の輪っかがうまくおさまるように手で押さえながらエンドピンをきっちり差し込む手間がありますが、これならその手間はありません。


 (3)まずはこうやってまっすぐ差し込み、弦を引っ張ってから、1フレット分くらい戻します。


 (4)差し込んだ弦を穴の縁でしっかりと内側に折り曲げます。


 (5)そのまま弦の下を通して外側に。なお、巻く分として1フレット分(1フレット分で不安なら1.5フレット分くらいかな)戻してますので写真のように弦が浮きますが、これがけっこうやっかいになるので、三フレットくらいにカポをはめてたるみをブリッジ側に逃がしたほうがやりやすいです。


 (6)続き


 (7)続き。この段階でかなり力を入れてしっかりと引っ張ります。縛り上げる感じです。


 (8)最初の一巻きだけ弦が重なりますが、あとは重ならないように注意してクルクルと巻きます。左側の赤いのはペグ回し。数百円の安物ですが、これで十分です。これがないと弦の張り直しはペグ回しの指先が痛くなってマジ苦痛です(笑)
 巻いたら、余った部分をペチっとニッパで切ります。一本ずつ端処理していかないと怖いです。

 なお、6弦、5弦、4弦と張ったら、なんとなく3弦、2弦、1弦と進みたくなりますけど、654の次は123と張ります。つまりネックに近い方から張らないと、内側に曲げて下を通し、しっかりと引っ張るという作業が難しくなります。

 さて、落ちです。

 というわけで無事に六本張り替え、やれやれこれでしばらくだいじょぶだなとチューニング。手触りでいつものテンションくらいにして弾いてみたらなんか変。音が高いです。
 チューナー当ててきちんとチューニングしたら、テンションゆるゆるだし、ゆるゆるな分だけ音も変。弦高がぎりぎりだったので、張りが緩くなったら逆反りというか、弦の張りでネックが反らなくなったからなのか。2とか3の低フレットに弦が触って音がびびりまくります。まともに弾けません。


 買ったのはこれ(;_;) あらためてよく見たらエレキ用の弦でした。アコギ弦は「ライト」だと1弦0.12~6弦0.53くらいが普通です。1弦0.10だとエクストラライトクラスでしょうか。やっちまったなあぁ!です。いつもと違う高めの弦を買ったんで、間違えてしまいました。「ライト」ってのだけ見て買っちゃったんですね。650mmフルスケールのアコギならエクストラライト替わりに使えるかもしれない。私のサイレントギターは610mmだからテンション低すぎてダメです。エレキギターも普通は610mmだから似たようなもんだと思うけど、「ギター」とはいっても違うものなんですねぇと実感しました。

 アジャストロッドを反時計方向に回して少しマシになったものの、まだびびる。次回の宅録までにはちゃんとした弦に張り替えないとダメそうです。もったいないことをしてしまいました。お金も張り替えの手間も。

『ギターの弦交換』へのコメント

  1. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/08/30(火) 07:56:27 ID:349224f5f 返信

     なーるほど、そうだったんですね。ギターの張り替え失敗、ってどうやってなるんだろうと頭をひねりましたよ(笑)。いまだかつて経験がなくて。
     弦交換作業参考になりました。私、弦交換が嫌いでほとんど換えません。弦どうしがからむのも嫌だし、ブリッジに差し込んだあの何とも言えない固定感(固定したようなしないような)が嫌いで…。
     6,5,4と行って、1,2,3と行くんですね。なーるほど、今度やってみます。
     ペグ回しも持ってません。今度買います。
     私はアダリオのライト(以前はミディアムも使ってました)しか買いません。理由は、長持ちするからです(笑)。滅多に買わないので値段も分かりません。(確か1200円ぐらいだったような、調べたらアマゾンで960円でした)弦も張りっぱなし、ケースにも入れたことなしです。
     1,2ヶ月はいい音してますよ。半年あたりから何か音が出にくくなってきますが、他のメーカーのよりしっかりした時間が長いように思います。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/08/30(火) 10:40:26 ID:77e214d3b 返信

       弦の交換はめんどくさいだけで、そんなに大変なもんでもないです。ペグ回しがあれば、弦を外すときも、がーーーっと回していけば一気に外れますから。じゃあなんで頻繁にやらないのかって言われると、うーーん、お金がかかるから、かな(笑)

       ミディアムでも平気なギターだと、エクストラライトにしたらもろにネックが逆反りしそうですね。私のアコギ(いまはしまい込んである)はネックが極細で、トラスロッドも仕込まれてないタイプなので現役時代からエクストラライトかコンパウンドを使ってました。650mmフルスケールだし、音は気になるほど悪くならなかったから。

       普通のエンドピン式のアコギの場合、エンドピンの押し込みに不安がある場合、弦取り替えは六本全部一度におこないます。エンドピンはサウンドホールに手を突っ込んで下から押し上げると抜くのが楽です。ペグ回し、私のは200円くらいの安物だけど、ちゃんとお尻が二股フォークみたいになってて、テコの要領でエンドピンを引っこ抜けるようになってます。下から押し上げ、上からテコで持ち上げる。

       弦をつけるときも、弦六本をブリッジの穴に突っ込んで、ピンを軽く刺したら、ホールから手を突っ込んで、弦の丸ポチがピンで押されてないか確認しつつ、上からピンを強く押し込めば失敗しないです。

       写真7の段階で、3フレットあたりにカポをつけ、弦のたるみを取って、ナット溝に弦がちゃんと乗るようにしておけば、弦を巻き取るときたいして注意要らないです。ぐるぐるまけば自然にきれいに糸巻きに巻き付いていきます。縛り上げる、じゃなくて「絞り上げる」かな。これをちゃんとしているかどうかで仕上げのきれいさが変わります。

  2. 名前:なかの 投稿日:2011/09/04(日) 12:28:00 ID:9b56684e5 返信

     新規エントリーにするほどでもないんで、ここで報告。

     弦は再び張り替えました。その失敗した弦のアコースティックギター用のやつ。ワンセット1500円。高いけど、半年以上はそのまま使うつもりだから、ロングライフなコーティング弦にしました。ヤマハのサイレントギター純正弦(最初に張られてた弦)も1600円と同じくらいです。弦を換えて音のイメージがどれくらい変わるのか確認したかったのでエリクサーのにしました。
     純正の弦の新品の時より、好みな音がしてくれました。順制限だと1,2弦の音がチンチンしてて3弦以降の音と合わない感じだったんだよね。こんどのは1~6弦で統一された音に聞こえます。でも劣化してくると巻き弦の3弦とストレート弦の1,2弦で音色変わっちゃうと思うけど。

  3. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2011/09/04(日) 16:52:12 ID:e878227ee 返信

    ようやく蝉の声も小さくなり、やや涼しくなりました。今年はPCル-ムのエァコンが壊れたままで暑いのなんの、35度近い部屋でメ-ルを読むと直ぐに逃げ出す始末・・。蝉と云えば今年は「鳴き出しが」遅くてハラハラしてました。高2のとき(昭和27年)地学というのをやったのですが、担当の先生が関東大地震のとき7,8月に蝉がまったく鳴かなかったという話があると講義したのです。その後現在まで、その様な話は聞いたことも読んだこともないので、唯の都市伝説のたぐいだったのでしょう
    が一応気になっていました。
     話は弦の交換でした。拙メ、音に鈍いのと面倒なので10年以上弦は交換してませんでした。勿論音は劣化してますが、誰に聴かせるわけでもないし、悪音を自分で承知しているのだから、と云うわけです。(*^_^*)ところが去年の暮れ、楽天で待望のGトップC6の弦を見つけ遂に交換しました。弦はアメリカのピッキングパ-ラ-という変な名前のもので
    なんとAm7ハワイァンスチ-ルギタ-用とあります。昭和27年に自己流のAチュ-ニングからレッスンの先生の進める新調弦を教わったときはAm7だったのですが、その後日本ではC6と見るようになりマイナ-セブンと考えるのは田舎ものみたいでした。その田舎ものの拙はどうしてもAmに7がついているイメ-ジが取れなかったのですが、1弦にGを持ってくることでようやく頭が6になりました。調弦は上からGECAGECAで8弦はセブンスにしています。8弦2本ギタ-でもう1本はA6
    にしたり、Eにしたり、E9にしたりでデタラメ弾きをしとります。歳をとると何事も面倒で8本取り替えるのもフゥフゥしましたが、仕方なくあとの8本も取り替えました。これは大昔のテ-スコのものです。中野さんは何事もオ-ソドックスかつアカデミックで弦取り替えの手法も正道の見本ですね。初心者には有り難い指導だと思います。今後ともよろしく。
     

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/04(日) 17:41:52 ID:9b56684e5 返信

       C6とAm7は音の構成的には同じじゃないですか? でもC6の響きはどちらかというとAmでしょうか。

       スチールギターやサイレントギター、エレキギターみたいに生音を聞く(響かせる)楽器ではなく、アンプを通すのが前提なものだと、弦の劣化はあんまり気にならないみたいですね。
       音の劣化よりも、サビが邪魔で弾きにくくなる弊害のほうが大きそう。

       それと、昔(40年前の話しです)だと、1~3弦が劣化のためななのか、切れちゃうんですよね。バラで買っておいて切れた弦だけ取り替えたりするんですけど、何回目かには全体を張り替えようかなって気になる。いまの弦は切れないですねぇ。もっとも昔は毎回弦を緩め、弾くときにチューニングしなおしてましたから、張ったり緩めたりで切れやすかったのかもしれません。いまじゃ張りっぱなしですから(^_^;)

  4. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2011/09/06(火) 17:34:14 ID:8a0289d34 返信

     リコメントを読んで説明不足に気がつきました。それと誤変換があったので訂正です。
     誤変換は「進める」は「薦める」の誤りです。
    説明不足のことは(普通の)ギタ-を弾いている人には関係ない話で申し訳ないのですが、SGマンの立場上蛇足を加えさせてください。
     A6とAm7は和音の構成音は同じでもスチ-ル弾きには違うのです。普通のC6はECAGで上の3本(1~3弦)はAmを構成します。メロディはだいたい1~3弦で弾くので感覚的にAmの中を泳いでいて4弦のGはセブンスになります。和音はバ-で縦にとりますのでどうしてもそうなります。
     さて、Gトップは上からG-E-C-Aで1~3弦はCコ-ドになり4弦は6になります。Cコ-ドの中で弾いていると頭に中はメ-ジャ-スケ-ルにになって6は鮮烈に個性を主張します。これは感覚的なものなので理解して貰うのは難しいかも知れません。大手のメ-カ-が撤退してから弦はアメリカ製しかないのですが、日本ではAm7とみるのはドン臭いとされているのに、USAの袋に堂々と書いてあるのには驚きました。寺部頼幸などは昭和20年代から6だと主張していたそうですから。尚、SGの弦は普通のギタ-より太いので昭和26年から現在まで切れたことは一度もありません。またアメものは全く錆ません。因みにペダルを踏んで半音上げるペダルスチ-ルだと頻繁に切れてしまうそうです。金属疲労は半音でも起こるのですね。以上蛇足でした。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/06(火) 22:27:37 ID:55fd3e2ed 返信

       そうですね。C6「ドミソ+ラ」、Am7[ラドミ+ソ」で構成は同じですけど、響きとしてはルートが違うんだし、「ドミソ」に「ラ」を足すのと「ラドミ」に「ソ」を足すのとではかなり違ってくる。ルートの和音に何を足して強調し、そのコードとするか、ですもんね。普通のギターよりスチールギターは弦の数が多いだけ響きの個性が重要(目立つ)なんでしょうね。
       アメリカ人は繊細な音の響きにあまりこだわらないのかもしれません。音に乗れればそれでいいのかも(笑)

       で、ここだけの話し(^_^;)、私はコードにC6が出てくるとAmで代用しちゃってるので、結果的にC6とAm7は違う響きになってます。

       弦はやっぱり、毎回緩めたりしてると切れやすくなるみたいですね。私のアコギはネックが非常に細いものだったので、張りっぱなしでの反りが怖くて毎回緩めてました。3弦があの細さで巻き弦なものですから、とくに良く切れました。いま使ってるサイレントギターは緩めると逆反りしちゃうくらいのバランスになってるので緩めません。エレキのライト弦張って逆反りしたときに実感しました。