トワイライト・タイム(TwilightTime)歌ってみました

 オリジナルはプラターズです。

 バックコーラス、ウーとかアーがほとんどなので、簡単かなとチャレンジしてみました。でも思いの外難しかったです。途中響きが気持ち悪い箇所がいくつかあります。音を外してるのと、エフェクトのせいだと思うけど、いじってもよくわからなかったので気にしないことに(笑)

 ヴォーカルも音程外しまくりだけど歌い直しても切りがないので、ここらでこの曲は一段落させることにしました。ずいぶん歌ってなかったし。前回から二ヶ月近く過ぎたかな。セミのせいでもあるんだけどね。

 なお、今回はギターの弦交換に失敗しちゃって、弦を買い直さないといけなくなってしまい、ギターは無しです。リズムギター風に聞こえてくるのは Cubase LE5 の付属音源を使ったMIDIのアコースティックギターの音です。「これはギターの音だ」と決めて聞かないと、なんの音だかわからなくなるような音色。リズム強調のためだけならこれでもいいかなと。手抜きです。

 画像は http://www.s-hoshino.com/ 様のフリー画像を使わせていただきました。


『トワイライト・タイム(TwilightTime)歌ってみました』へのコメント

  1. 名前:iZo Arts 投稿日:2011/08/29(月) 10:17:05 ID:227a840fc 返信

     イェィ、活動開始ですね!。涼しくなりましたしね。(また暑くなるのかな?)なかのさんちもセミがうるさいんですね。
     音程アップダウンの激しい難しい曲ですね。私は絶対無理です。(上がりきらない、下がりきらないの連続になり多分曲になりません)
     原曲、1958年、と言えば私2才、ヨチヨチ歩きです(笑)。
     ギターの弦交換失敗、ってどんな感じになったんですか?
     

    • 名前:なかの 投稿日:2011/08/29(月) 15:45:35 ID:3a5709785 返信

       セミ、今日はまた一段とうるさいです。暑くなったからかしら。私の部屋の窓の外、竹藪があってセミがたくさんいるんです。窓を締め切って、廊下までマイクのケーブル引っ張ればいいと思うんですけど、ノートパソコンじゃないんで、操作が大変になっちゃって(^_^;)

       話しはまたぎますが(笑)、私もドク・ワトスンにはまった口です。ドク・ワトスン(Doc Watson) にありますのでよかったらどうぞ。

       ギターの弦交換失敗は信じられないようなポカをやってしまいまして。あとで詳細を書いておきます。いいブログネタになったと思ってあきらめよう(^_^;)

  2. 名前:Mashitoshi 投稿日:2011/08/29(月) 22:34:28 ID:908c7a90f 返信

    エレキバンドのリズムギターや、ギター・デュオのセカンド・パートと同じで、バック・コーラスというのは意外に難しいですね。
    クールファイブの偉大さが分かりますね。
    (^^)

    • 名前:なかの 投稿日:2011/08/29(月) 23:33:32 ID:5c9220099 返信

       原曲を聴いてるときは、当たり前のように聞こえてきて簡単そうなのに、いざ歌ってみると歌い出しのタイミングとかすっごく難しいんで驚きました。ハモるのとは全然違う。
       「あー」とか「うー」だけだったら、なにか楽器(オルガンとか)かシンセでそれらしい雰囲気作ったほうが楽だなと正直思ったくらい。でも、ちゃんとできるなら、やっぱり肉声のほうが良いですよね(笑)

       練習とチャレンジあるのみでしょうか。またいずれ取り組んでみるつもりです。歌詞のあるバックコーラス。もしかしたら歌詞があるほうが歌いやすいかなとか思ってます。

  3. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2011/09/09(金) 15:50:17 ID:66125968a 返信

    中野さんがこういうジャンルの唄を歌うとは知りませんでした。プラタ-ズでよく聴きましたね。
    ところで、この頃インクスポッッというチ-ムの事をしきりに思い出していたのですが、聴くチャンスはありませんでした。その後も聴いたことがない。
    どこへ消えたのでしょうか。その昔日本のジャズ系が得意なワイアンバンドがコピ-していたものですが。ついでに思い出したのですが、その昔関内かザキにあった(超)高級カラオケ店で中野さんは「五月のバラ」という唄を実にのびやかに歌っていましたね。また聴きたいものです。何年前かなァ。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/10(土) 10:04:37 ID:c1e83e71f 返信

       どっちかというと、Mistyよりは私のジャンルだと思います(笑)

       インクスポッツは検索すると出てきますが、「ここ」← が詳しかったです。私の生まれる前の人達みたいですね。名前は聞いたことがある気がするんですが、詳しいことは知りませんでした。「The Java Jive」は彼らのオリジナルだったんですね。マンハッタントランスファーの十八番だと思ってました。

       五月のバラは、さすがに録音して聞いてもらうようなことはできません(^_^;)
       あれは飲んだ席で飲んでる相手とお互いに耳がもうろうとしてるときに勢いで歌う歌です。
       だいいち、あれのバッキングなど私には作れません。カラオケCDでも買わないとダメでしょうし、それでは私の「こだわり」から外れちゃいますので(笑)
       余談ですけど、私はアレを塚田三喜夫で覚えましたけど、調べたらなんと「ブレンダリーの来日にあわせ、彼女のために作った Omoidenobara」がオリジナルなんだそうです。Youtubeで聞いてみましたけど、塚田三喜夫のほうがいいな(笑)

  4. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2011/09/11(日) 11:34:51 ID:664ca8971 返信

    わぁっ・・驚いた。スポツッを聴いたのは40年ぶり以上だと思います(@_@)。しかも動画は初めてみました。音も絵も鮮明だし。しかし、いいねぇ。本当に玄人のコ-ラスですよ。当時は「通」が相手の音楽番組(勿論ラジオ)でタマに聴く程度だったけど今度はたっぷり聴けますね。ご紹介感謝・・感謝。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/11(日) 14:28:53 ID:7de51d94f 返信

      なんと、CDも出てるみたいですよ。

      Best of InkSPOTS (アマゾンへのリンクです)

      23曲入って1153円。

  5. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2011/09/19(月) 15:07:45 ID:e9f7b70f8 返信

    Ink SPOTSのCD毎日聴いています。不思議な感覚ですねぇ。千円札1枚半で50年前の過去を買い戻した感じ(^o^)。驚いたことにアメリカ製ではなくイギリスで出したものです。1941年頃の
    SPのコピ-でリマスタ-していないので音は酷く痩せています。ベ-スなどはほどんと聞こえない。
    しかし、それ故に時代の匂いがします。
    たまにピアノが入りますがギタ-だけのバックでワィアンバンドが真似した理由がよくわかります。
     I LOVE COFFE I LOVE TEA ガブ・ガブ・ガブ・ガブ ALL DAY(全部大文字で手抜き失礼)懐かしのJAVA JIVAなどを聴きながらウィスキ-をストレ-トでやっていたら三日目は胃薬を飲むハメになりました。(*^_^*)
     あの雰囲気はビ-ルではダメですね。胃が治ったら懲りずにまたやりますぅ。

    • 名前:なかの 投稿日:2011/09/20(火) 07:34:45 ID:ca8784860 返信

       前のコメントにも書きましたが、私は「JavaJive」ずっとマンハッタントランスファーの曲だと思ってました。
      彼らの JavaJive もバックは途中までずっとギター一本ですね。

       あらためて聞き回ったら、この曲、プロからアマまでたくさん Youtube にあります。どれもみな楽しそう。曲が粋でハモリも粋なのにコードが簡単でハモりやすいのが好かれる理由らしいです。